jGrab

BLOG

B2B越境ECのインフルエンサーのなり方・やり方

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

日本人と外国人の「ロボットに対する感覚の違い」というのをどこかで見聞きしたことはあるのではないかと思います。
日本人は鉄腕アトムやドラえもんなど、人と共存できる友達のようなものと捉え、海外では人を凌駕する敵のようなものに捉えられるというものです。

こうした話は昔から定期的に話題に上がりますが、もう一つのロボット観の違いについてはあまり話題になりません。それは労働とロボットです。ロボットと言うと大げさですが、機械、システムと置き換えてもいいです。
日本人は鉄腕アトムやドラえもんのように困ったときに助けてくれる、自分に代わって全部やってくれるという万能性を期待してしまい、自分自身がのび太くんになっていることに気づいていないということです。機械やシステムに何でも任せてしまいたいと考えながらAIが将来仕事を奪うかもしれないと聞くとチビリまくるという大いなる矛盾を平気で抱えています(奪われたくなければ、何もかも頼らずに自分自身で考え、手を動かすようにしないとダメです。)。

一方で海外の人はロボットに対して、どう考えているかというと、「今の仕事の6~8割くらいを手伝ってくれればいい」程度に捉えています。何でもかんでも母親に甘える赤ん坊のようにロボット(機械、システム)に全部任せたいと考える日本人とは決定的に違う部分です。

こうした部分がECなどでも現れています。自分が理想することがECシステムでできないと分かると、諦める人が多いです。私なら創意工夫で乗り切れるんじゃないかと思うことが多いのですが。なので、そういう提案もするのですが、大抵面倒臭がってやらないとか、やりたくない理由を天才的な速さで羅列してやらない人が多いですね。こういうところで売上などにも差が出てるんですけど・・・。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は昨日に続いてインフルエンサーのなり方についてです。今回はB2BのSNSとして有力なLinkedInでのインフルエンサーのなり方について、実体験を披露してくれているジョーダン・ネルソン氏の記事を紹介します。何事も一朝一夕には行かないことがわかります。


LinkedInでインフルエンサーになるには

LinkedInに投稿することで、収入や仕事のオファー、ブランド認知度を高めることができると言ったら、あなたは信じますか?

8ヶ月前、私はこれを信じなかったでしょう。しかし、今日まで早送りして、これは私が成し遂げたことです。私は自分のパーソナルブランドを構築し始め、LinkedInに定期的に投稿することを約束しました。

それから8ヶ月が経ち、DMにはリクルーターが来るようになり、収入も3年で3倍になりました。また、Podcastやインタビュー、ブログへの出演、イベントでの講演依頼などもありました。また、投稿することでお金をもらえるだけでなく、副業のための受動的な収入を得ることができるようになりました

この旅を始める前、私はLinkedInにアカウントを持っていましたが、それだけでした。私はSalesforceの世界に入ったばかりでしたが、すぐに自分が大海の一滴に過ぎないことに気づきました。Salesforceのエコシステムの中には、私が尊敬する多くの才能ある人々がいて、私は彼らのレベルに到達して、コミュニティの中でより簡単に見つけられるようになりたいと思っていました。そうすれば、自分のキャリアを向上させ、新しい仕事に移行し、適切な報酬パッケージを交渉するのに役立つと考えたのです。

LinkedInが重要な理由

もしあなたがパーソナルブランドを作り、インフルエンサーになりたいのであれば、LinkedInがネットワークを作り、その分野の専門家として見られるための最良の方法です。

あなたが誰かを雇用したいマネージャーだとか、またはネットワークを求める個人であるかに拘らず、LinkedInは、常に業界の最新ニュースを把握し、自分のパーソナルブランドを構築するのに最適な方法です。

このパーソナルブランドは、あなたのキャリアを前進させるのに役立ちます。その業界では、あなたは頼りになる人物だと人々に思われ、どんな仕事に対しても非常に魅力的な候補者となるでしょう。

リンクトインインフルエンサーになるためのステップ

LinkedInのインフルエンサーになることは、膨大な作業のように思えるかもしれませんが、プロセスを簡単なステップに分けることで、素晴らしいコンテンツを作り始めるための基礎を築き始めることができます。

自分の分野でオピニオンリーダーになるのは、これまでになく簡単なことです。そこで、必要なシンプルなステップをご紹介しましょう。

1. 目標を設定する
まず、目標が明確であることを確認します。これらの目標は、キャリア開発の目標に沿ったものでなければなりません。私の個人的な目標は、”Salesforce MVPに選ばれて、Salesforceコミュニティのオピニオンリーダーになる “でした。

目標は、現在の仕事の給料を上げることや、1万人以上のフォロワーを獲得することなど、何でも構いません。これは、あなたがパーソナルブランドで何を達成したいかによって異なります。

2. リサーチをする
初めてコンテンツ制作をする人は、自信が持てないかもしれません。そんなときは、他の人がどんなコンテンツを作っているのかをリサーチすることをおすすめします。私がやったことを紹介します。

・LinkedInの “Top Voices “を閲覧しました。他の人が何をしているのか、そして自分が何を達成できるのかを知りたかったのです。
・SalesforceのMVPが何を投稿しているかを閲覧しました。
・他のSalesforceのプロフェッショナルにダイレクトメッセージを送り、ネットワークを広げたり、質問をしたりしました。
・他のインフルエンサーがどのように投稿しているか、コンテンツをリサーチしました。
・LinkedInに投稿するのに最適な時間帯を調べた(私の場合は午前8時30分が最適でした)
・軌道に乗るためには、分析が必要だと思いました。個人ブランドを構築するための素晴らしい指標を提供するShield Appを見つけました。

3. 計画を立てる
目標が定まり、調査段階でたくさんのアイデアを得たら、いよいよ計画を立てましょう。

計画を立てる際には、自分にとって現実的なものであることを確認してください。手の届かない目標を立てたり、簡単すぎて上達しないような目標を立てたりしないでください。私の場合、LinkedInに投稿したことがなく、かなり緊張していたので、週に1回、Salesforceについて新しく学んだことを投稿することを目標にしました。

調査によると、週の半ばの朝が投稿に最適だということだったので、水曜日の午前8時30分から投稿を始めました。これは私にとって心地よい目標であり、プラットフォームに慣れるまでベイビーステップを踏むことができました。

4. コンテンツの作成
コンテンツを作成する際には、長期的な目標を念頭に置くことが重要です。数ヶ月後には忘れ去られてしまうようなコンテンツは作りたくありません。コンテンツを投稿・作成する際のポイントは、記憶に残るものでなければならないということです。投稿すればするほど、人々があなたのことを思い出し、あなたのページに戻ってくる可能性が高くなります。

魅力的なコンテンツを作るために、私は投稿する前に次の3つの質問を自分に投げかけます。

・教育的であるか?
・楽しめるものか?
・感情的であるか?
これらの質問は、LinkedInに限らず、普遍的なものです。最後に見た良いコマーシャルや映画を思い出してみると、おそらくこれら3つのカテゴリーのブレンドに当てはまるのではないでしょうか。

5. 一貫性を保つ
この時点で、あなたは立ち上がっているはずです。計画を実行し、コンテンツクリエイターの世界に足を踏み入れたのですから。

しかし、ある時期になると、1日、1週間、1カ月のうちに、コンテンツを作る気がしなくなることがあるでしょう。これは当たり前のことで、常にコンテンツを作り続けるのは大変な努力が必要です。しかし、成功したいのであれば、時間を割く必要があります。

これこそが、成功する人と失敗する人を分けるステップであり、だからこそ、一貫性を保つことが最も難しいステップなのです。

この精神的な障壁を乗り越えてコンテンツを作り続けることができれば、Shield Appによって自分のコンテンツの良い点と悪い点を見つけることができます。この情報のおかげで、オーディエンスの反応を知り、それをさらに良くするためにどのように調整すればいいのかを、より簡単に知ることができます。

コンテンツを作り始めたばかりの頃は、それほど大きな反響があるとは思えません。投稿を調整していくうちに、成長を実感できるようになり、コンテンツを作る気になれない日が少なくなっていきます。このシンプルな公式を覚えておいてください…。

時間 + 一貫性 = 成長

参考:How to Become an Influencer on LinkedIn


プロフェッショナルとアマチュアの差は何かと言えば、知識や技術の差ではありません。「なにで金もらって飯を食っているか」です。
ですので、みなさん何かの仕事に就き、それで給料をもらっていれば、その道のプロなんです。皆さんにしかわからないネタというのがあるはずなんです。それを積極的に活かしていただきたいと思います。

大事なことなので、締めは昨日と同じ文章にしました。

越境ECのことなら何でもご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)を活用したECサイト構築、海外ECモール eBay(イーベイ)、Amazon(アマゾン)、Shopee(ショッピー)、Lazada(ラザダ)、淘宝網(タオバオ)、T-Mall、B2Bオンライン展示会のAlibaba.comなどの開店と運営、物流、倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

越境ECの集客・販促・マーケティングのご相談

お問い合わせ・ご相談

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECオンラインセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時