CONTACT

ABOUT Shopify

Shopifyとは

Shopifyについて

Shopify(ショッピファイ)は、カナダ発のECサイト作成プラットフォーム(ASP型ショッピングカートシステム)です。システムのインストールやサーバーの設置が不要で、ネット販売に必要な機能を全てオンライン上で操作できるので、サイト開設後すぐにネット販売が可能です。

日本でも導入企業が増加

2004年にカナダでサービスがリリースされてから、現在に至るまで175ヵ国、80万以上のストアをサポートしており、eコマース向けのCMSではWooCommerceyに次いで2番目のシェアです。
2017年7月からは本格的に日本に進出し、現在では管理画面も日本語で操作することができるため、日本国内においてもShopifyを導入する企業が増えています。

出所:eCommerce Thesis

Shopifyの強み

2004年にカナダでサービスがリリースされてから、現在に至るまで175ヵ国、80万以上のストアをサポートしており、eコマース向けのCMSではWooCommerceyに次いで2番目のシェアです。
2017年7月からは本格的に日本に進出し、現在では管理画面も日本語で操作することができるため、日本国内においてもShopifyを導入する企業が増えています。

  • 簡単にサイトを構築して販売できる

    サイト構築にあたり、複雑なプログラミングやデザインの知識は不要です。EC経験のある方であれば比較的時間をかけずにECサイトを構築できますが、大半の方は、Shopifyの構築支援会社に依頼するなどして開店・販売することができます。海外だけでなく、日本国内向けにも販売ができます。

  • 無料/有料のテーマを設定
    (100種類以上)

    100種類以上のテーマのなかから好みのデザインを選びます。無料のデザイン・テーマは10種類ありますが、他の事業者と同じになってしまうことが多いため、より充実したデザインや機能が用意されている有料テーマを購入・導入できます。ECサイトのデザインやプログラミング経験や知識がある場合には、直接コードを編集することも可能です。

  • Shopifyペイメント
    (Shopify独自の決済方法)

    Shopifyペイメントと銀行口座をリンクさせることにより、売上金がダイレクトに銀行口座へ振り込まれます。決済金額をリアルタイムで確認したり、不正注文防止機能も利用できます。

    決済手数料は、国内のクレジットカードでのオンライン取引では、Basicプランが3.40%、Shopifyプランが3.30%、Advancedプランが3.25%、Plusプランが3.15%となります。海外またはアメリカン・エキスプレスのクレジットカードでの決済は、Basicプランが3.90%、Shopifyプランが3.85%、Advancedプランが3.80%、Plusプランが3.75%の決済手数料となります。

  • Shopify POS(実店舗連携)

    実店舗やポップアップストアなどで商品を販売している場合には、商品価格や在庫情報、売り上げ情報などをShopifyと連動させることができます。この機能は、iPhoneやAndroidのスマートフォンのアプリからも使用することができます。

  • Facebook連携販売

    Shopifyで販売している商品をFacebook上でも販売することができます。Facebook上にショップやブランドのページを作成してカタログを表示、Shopifyの商品を掲載することができます。Shopifyの管理画面から、Facebookユーザーへ自社サイトや商品の広告を出稿する機能も付帯しています。

  • Instagram連携

    Instagramで投稿した商品画像に商品のURLをタグ付けすることで、そのタグをクリックするとShopifyの商品ページへ遷移させることが可能です。より少ないクリック数での商品購入が可能になります。

  • シンプルなSEO対策

    商品ページごとにH1タグ、タイトルタグ、descriptionタグ、商品画像のalt、メタタグを設定できます。SEOやマーケティングの分野におけるプロフェッショナルでなくても、ある程度のSEO対策が可能です。有料のSEOアプリを追加することも可能です。

Shopifyのメリットとデメリット

メリット

  • 低コストで始められる
  • ECサイトを比較的早く立ち上げることが可能
  • デザイン・テンプレートからテーマを設定できる
  • サーバーの契約が不要
  • 複数言語での販売が可能
  • SNSとのリンク(Pinterest、Instagram、Facebookはキャンペーンの作成も可能)
  • かご落ちメール機能が付帯
  • 売り上げや在庫情報をスマホの専用アプリから確認可能

デメリット

  • 無料プランが短いため導入選定の判断が難しい(最初の14日間のみ無料)。
  • 自社や他社とのポイント連携やシステムがない。
  • オープンソースではないのでソースコードが非公開のため修正や変更が一切できません。
    本体へのカスタマイズや調整ができません。基幹システムなどの連携も苦手。
  • プラグインアプリは買い切りではなくサブスクリプション型で月額費用が永遠と掛かる。
  • Shopifyサポート窓口はあるがレスポンスが遅い。
    (2020年現在一次解答に約3営業日程度待たされる)
  • Shopifyへの電話サポート窓口がない。
  • プラグインアプリの多くが英語対応で導入が難しい(一部は日本語でも利用可能)
  • 販売好調なECのトップサイトでShopifyが6%(15%がMagento)
  • 成功企業がまだ少ない。(NBAのLAレイカーズ、テスラモーターズなど数社に限られる)
  • ShopifyはLiquidのためエンジニアの対応が難しい。
  • 国際決済PayPalを導入した場合、他社決済機能となり売上に対して2%以上手数料が徴収される。
  • 自社サイトではないため、運営を停止するとECサイトの情報や顧客情報が削除される。

Shopifyの機能

Shopifyでは、ECサイト運営に必要な以下の機能(代表的なもの)がそろっています。あらかじめデフォルトで設定されているものもあれば、アプリを追加することにより、さらにサイトの情報やサービスを拡充することができます。全てオンライン上で設定するものとなるため、システムをダウンロードする必要がありません。複数のスタッフがいつどこで操作しても問題ありません。

独自ドメイン SNS連携 複数言語・複数通貨での販売
かご落ちやSEO対策 スマホ対応 無料SSL証明書発行
ダウンロード販売(写真やイラストなど) ブログ機能 マーケティング分析機能
メルマガ機能 海外発送対応など

Shopifyの料金

Shopifyでは3つのプランが用意されています。いずれのプランも初期費用不要です。プランによって、決済時の手数料や使用可能なスタッフアカウント数などが異ります。(2020/3/22 現在)

ベーシック スタンダード プレミアム
29ドル 79ドル 299ドル

Shopify Plusについて

大量販売を行う企業向けに”Shopify Plus”というサービスがあります。Shopify Plusの月額金額は2,000ドル〜となっており、Shopifyに問い合わせを行なって相談しながら進めていく必要があります。

  • スタッフアカウント

    通常のプランはサイトにアクセスできるスタッフアカウントに上限がありますが、Shopify Plusは無制限にスタッフアカウントを追加できます。

  • BtoB向け卸売サイト機能
    (Wholesale Channel)

    BtoB向けの卸販売専用ストアを構築できます。取引先ごとに割引コードの作成、ログイン制限、最低注文個数、ボリューム割引、注文最低金額などを設定できます。

  • チェックアウトページのカスタマイズ

    チェックアウトページの画面のカスタマイズや、配送先に応じて特定の商品を表示させないなどを設定できます。

  • 1アカウントで10ストア開設可能

    追加料金なしで10サイトまで開設できます。(通常は1サイト作成するごとに費用が発生します)
    国内向け、海外向け、BtoB向けサイトなどで使い分けられます。

  • Shopify Scripts

    ディスカウント設定やプロモーションなどの細かい設定ができます。バイワンゲットワンフリーや一定金額以上購入で10%OFFなどの設定ができます。

Shopifyのアプリ(機能追加)

Shopifyにはデフォルトで必要最低限の機能はありますが、それだけでは機能が不足することが多く、有料・無料のアプリの中から必要なアプリを追加して機能追加していく必要があります。アプリを追加していくことで、商品レビュー、SEO対策、送り状発行、各種SNS連携販売、在庫管理、多言語・多通貨など追加設定することが可能となります。

自社サイトへの集客を増やしたい場合でもアプリを活用することがでメールマガジン配信をしたり、FacebookやInstagramに広告出稿する、また顧客からのレビューを集めることが可能です。

アプリの多くが英語版となりますが、最近では日本語のアプリも登場してきました。ポイントは自社サイトにとって本当に必要なものだけを追加していくことです。ただ闇雲に多くのアプリを追加していくとサイト自体の動きが重くなり動作不具合を発生しますので注意が必要です。

以下のアプリがShopifyの代表的なアプリとなります。

  • Facebook Shop Channel(無料)

    Shopifyの商品をFacebookページでも販売することができます。Facebookのページ上に商品カタログを設定し、そこにShopifyの商品をリンクさせることができます。Facebookの月間のアクティブユーザー数は全世界で23億人であり有効な集客ツールです。

  • Instagram Channel(無料)

    ユーザーがInstagramで投稿を見た際に、画像に表示されているタグをクリックすると、直接商品ページへ飛びます。これにより、購入までのステップが各段に短くなります。広告を出稿する場合は有料となりますが、この機能自体は無料で活用できます。

  • Ship & Co(インストールは無料)
    ※使用量に応じて料金が発生。

    Shopifyでの注文情報がShip&Coへ自動的に取り込まれ、送り状やインボイスを発行することができます。国内外の運送会社に対応しており、Fedex、UPS、DHL、日本郵便の利用が可能です。送り状発行と同時に、追跡番号はShopifyへ自動的に送信され、ステイタスの自動変更と発送完了メールが顧客へ自動送信されます。

  • Kit(インストールは無料)
    ※広告出稿時に料金が発生。

    Kitは、AIを利用したマーケティングサポートを行うツールです。SMSやFacebookのメッセンジャーでkitにメッセージを送ると、AIがディスカウントコードの作成と宣伝、リターゲティングキャンペーンの展開、FacebookやInstagramへの広告出稿の提案を行ってくれます。数回メッセージを送るだけで、多くの顧客を獲得し、販売増へとつなげることができます。マーケティングを勉強する時間がない方やマーケティング施策を行う時間があまり取れない方にオススメのアプリです。

  • Langshop(月額17.99ドル)

    多言語対応ストアを作成するときに利用します。自動翻訳機能が付いているため比較的簡単に利用が可能です。各言語ごとにドメインをリンクさせたりSEO対策も行うことが可能です。

Shopify構築のステップ

ShopifyでECサイト構築をする際にはシステムのダウンロードやプログラミングなどは不要です。実際にジェイグラブでも1日でECサイトを構築しましたが、マニュアルも用意されているので販売に必要な機能を理解して設定することができます。

  • 管理画面

    アカウント登録後、管理画面上からShopifyの機能を操作することができるようになります。全てのページは日本語にローカライズされていますが一部理解に苦しむ日本語の翻訳があります。

  • 各種設定

    設定画面からオンライン販売に必要な各種設定が可能です。決済方法、送料、配送、ドメイン、ポリシー、税金などの設定はこの画面で登録します。

  • ストア分析

    Shopifyでは、リアルタイムで訪問客の情報や売り上げをチェックすることができます。セッション数、流入元の媒体など細かく確認することができるため、この情報をマーケティングに活かすことが可能です。

サイト内に有料・無料のテーマを設定することができます。サイト作成の知識がある方であれば、コードを編集しお好みのデザインにカスタマイズすることが可能です。

J-Grabでできること

ShopifyはECのみならず越境ECサイトの構築にも活用できるプラットフォームであり、低いコストでスピード感のある立ち上げが可能ですが、必ずしもやりたいことをすべて実現できるわけではありません。誰もが簡単に利用できるサービスであるがゆえに、機能的な制限があるのも事実です。

ジェイグラブでは、Shopifyでの越境EC越境サイト構築に長けた技術スタッフが、テクニカルな対応を代行することで、お客さまの目的やりたい要件をとりまとめ、スムーズなショップ開店をサポートしています。

また、越境ECサイトの運用開始後、販売や集客などマーケティング支援を強力にサポートする、越境ECコンサルタントによる、伴走サービスもワンストップで提供しています。

越境ECを検討されている方。すでに越境ECを行っているがうまくいっていない方。ジェイグラブの越境ECコンサルタントがサイト構築から売上アップまで伴走支援します。お気軽にご相談・お問い合わせください。

編集:ジェイグラブ 越境ECラボ

お気軽にご相談ください。

03-5728-2095

平日10:00〜22:00