CONTACT

BLOG

Shopify(ショッピファイ)プラス、アジア太平洋地区マーケティングリーダーの声

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

日本でも少しずつ知名度を上げてきたShopify(ショッピファイ)。中でも一番高いクラスのShopi Plusのアジア太平洋地域のマーケティングのトップを務める、ロビン・マーチャント氏が、シンガポールに本拠を置くマーケティングメディアのインタビューを受けていましたので、紹介します。

 

これによってShopifyがどういう思想を持っているのか、その一端がわかると思います。

Shopify Plusは、月額20万円の最高ランクのプログラムですが、世界で最も急速に成長している革新的なブランドからフォーチュン500にランクインするブランドまで、Eコマースをサポートしています。

 

リンツ、ハインツ、Rustans、FrancFranc、JB Hifi、キッチンエイド、Allbirdsなど7,000以上のブランドがShopify Plusを利用しています。

インタビューはSpotify(スポティファイ)の無料アカウントでで聞けます。インタビュー自体は30分に及ぶため、一部を抜粋してご紹介します。



マーケティング社:

COVID-19は、多くの企業にとって困難な時期であることは承知しています。しかし、COVID-19の前に、Shopify Plusをアジアで立ち上げようと考えていたときの課題は何だったのでしょうか?

ロビン氏:
アジアの視点から見ると、世界的な視点とは異なる部分があります。

しかし、最終的には、2030年(頃に出るはずだった)小売業の数値がコロナによって2020年に前倒しされたという点では、私たちは皆似たような状況にあると思います。COVID-19はオンラインコマースの成長を恒久的に加速させ、小売の風景を根本的に永遠に変えたことは否定できません。

企業は、従来の小売、店頭、自社ブランドのウェブサイト、eマーケットプレイス、ソーシャル販売、その他のチャネルを含むオムニチャネルモデルをより多く採用するようになっています。

しかし、企業は、例えばeマーケットプレイスのみで販売する場合に比べて、企業と顧客をよりコントロールしたいと考えるでしょう。つまり、このモデルを採用する企業が増えていくことが予想されます。

なぜならば、多くのブランドがすでに進んでいた道を加速させたからです。それは市場から要請でした。ですから、私たちにはもう選択の余地も時間の余裕もありません。

個人消費者が好み、頻繁に利用するプラットフォームを通じて、世界中の誰にでも、どこにいても販売できるモデルを採用する企業が増えています。

マーケティング社:
リソースが逼迫しているときには、独自のプラットフォームを所有するか、マーケットプレイスを利用するかという議論が常に行われています。これについてどうお考えですか?

ロビン氏:
重要なのは、どのようにしてブランドを所有し、消費者と直接会話ができるようにするか、そして最終的にはその体験を所有するかということです。

アジアでは、ファッション・アパレルブランド、ヘルス&ビューティー、家電製品ブランドの数が増えてきていますが、当社は販売方法を増やし、より良い体験を可能にするために障壁を低くすることで、このモデルの実現を支援しています。そうすることで、より多くの販売方法を提供することができます。

 消費者自身は、何が自分にとってより良い体験だったのか、何を楽しんだのか、次に何をしようとしているのかという点で、購買を決めることになりますが、消費者へのDtoCモデルへの切り替えが進み、リピート訪問増えれば、ブランドとしてのコントロールができるようになります。

これが私たちの経験であり、Shopifyの観点から見ても、私たちが成長していることがわかります。消費者との体験をいかに上手にコントロールできるか、あるいは他の多くのブランドと同じような環境で体験を共有できるか、ということに尽きます。

 

マーケティング社:
新しい技術やそれを管理し、理解することへの恐怖心が、企業が独自の新しいチャネルを作ることに踏み出せなくなっていると思いますか?

ロビン氏:
いいえ、チャンスを提供していると思います。企業はデジタル戦略の実行を加速させる必要がありますが、その一環として、ニーズを掘り下げる原因となるデータ(インサイト)を提供しそれを活用する必要があります。

 

消費者をよりよく理解して関係性を高め、より多くのインサイトを提供し、全体的なビジネス効果とコンバージョン率を向上させるにはどうすればいいのか。それは小売の価値を再構築し、消費者体験を向上させることになります。

最終的には、それが小売体験であれ、ビジネス全体の体験であれ、ポジティブな体験は買い物客を刺激し、企業と消費者との関係性の向上につながります。そのためには、社内のインフラ、独自のプロセス、効率的な運用ルールなどが必要となります。

ですから、私たちの例で言えば、オンラインとオフラインのショッピング体験をシームレスに統合したものを買い物客に提供することで、競合他社と比較して、より迅速に行動する機会を提供することができるのです。

直接的な競合他社は、必ずしもあなたの地域にいるとは限りません。彼らは様々な方法で現れており、私は常にデジタル・エクスペリエンス(消費者が多くの異なる購入機会に慣れ親しんでいる)から見ています。

つまり、自社の直接の競合他社と競争するだけでなく、あらゆるデジタル体験を競うことになるのです。つまり、可能な限り摩擦を取り除くことで、顧客体験の向上を可能にし、最終的には消費者との関係性を促進することができるのです。

参考:In conversation with: Shopify Plus

Shopify(ショッピファイ)の構築なら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。Shopify(ショッピファイ)の構築、越境ECのことなら、私たちにご相談ください。

Shopify(ショッピファイ)のご相談

お問い合わせ

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

お気軽にご相談ください。

03-5728-2095

平日10時~22時 土•日•祝日10時~20時