jGrab

越境ECブログ

イーベイは学生ローンの借金返済に貢献している(結果的に)

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

学生が学業を修めるためには授業料を払う必要があります。これを自力(実家)で賄うことが難しいとき、奨学金か学生ローンを利用します。日本では給付型奨学金、貸与型奨学金と、どちらも奨学金と言っていますが、後者は学生ローンと一緒です(利率は違いますが)。ローンというと、闇金的なイメージが先行するためか、あえて避けた表現を使っているような気がします。

最近、この奨学金が大きな負担となっているというニュースが日本でも話題になりますが、これは海外でも同じで、アメリカでも学生ローンの返済で、若者の社会貢献のスピードが鈍ることがよくあります。

今回紹介する記事は、イーベイのプレスルームのアナウンスにある記事からです(要はプレスリリースです)。ここでは学生ローンの返済をイーベイを使って完済した3人を取材し、記事にしています。

この記事は是非読んでいただきたいのですが、私は少し異なる角度からの感想を持っています。それはこのページの最後に書きます。


イーベイはいかにして学生の借金を軽減するために卒業生に役立っているか

決意と一貫性をもって、以下のセラー達はイーベイを使って学生ローンを完済した。


グレン・ズビアは、テキサス州エルパソの風光明媚な国境の街で育った。10代の頃、両親が経営する表彰記念品の会社で働き、そこでeコマースに興味を持つようになった。やがてグレンは独立。趣味としてイーベイでカスタムメイドのスポーツフィギュアを販売し、やがてスポーツウェアの販売に情熱を傾けるようになった。

テキサス大学エルパソ校でグラフィックデザインを学んだグレンは、3万ドルの学生ローンを組んだ。当時、借金は問題ではなかったと彼は言う。彼はまだ若く、経験も浅かったので、高金利で多額の借金をすることの意味を理解していなかったのだ。

2年生の時、グレンは授業を受けるよりもイーベイで売る方が楽しいことに気づいた。彼は大学を中退してフルタイムの売り手になりたかったが、両親の説得で留年して卒業した。

「卒業後はグラフィックデザイナーとしてフルタイムで働き、その後マーケティング・コーディネーターに転職しました」とグレン。しかし、借金のために両親との同居を余儀なくされた。そして、自分の家を購入するために住宅ローンを組もうとしたところ、学生ローンを理由に銀行から断られた。そこでグレンはイーベイでの副業を再開した。

今年9月、学生ローンの返済に関する3年間のモラトリアムが終了する。多くのアメリカ人が多額の学生時代の借金を抱え、それが住宅購入などの人生の目標を遅らせているケースもある。最近のデータによれば、4530万人のアメリカ人が一人当たり平均37,338ドルの学生負債を抱えており、インフレ調整後の平均支払額は月503ドルである。秋に支払いが再開されれば、何百万人もの可処分所得が減少すると考える専門家もいる。

グレンは、イーベイストア「One Elite Sportswear」でアクティブウェア、スポーツジャージ、スニーカーを販売し、わずか4年で学生ローンを完済した。また、YouTubeチャンネル『Hustler Hacks』も立ち上げた。

イーベイでの販売はグレンにとってフルタイムの仕事になった。マーケットプレイスのツール、勤勉さ、そして忍耐力によって、彼はついに家を購入し、最近、妻と長女が誕生した。

「学生ローンや借金を返済しようとしている人は、家の中でもう使っていないものをイーベイで売ってみてはどうだろう」とグレンは提案する。「それらの品物を売って、正しい売り方のコツをつかんだら、古着屋、スワップミート、ガレージセールに移ってください。イーベイでしっかりとした副業を築くんだ」。

グレンは、いつかお気に入りのマーケットプレイス機能、eBay Liveでの販売に選ばれることを期待している!それが、より多くの人の目に触れる一番確実な方法だと彼は言う。


エルパソから北東に1500マイル離れたところに住む別のイーベイ出品者は、イーベイの副業を家族のための効果的な債務整理に発展させた。

トラヴィス・マルサラは、セサミストリートの「トゥー・へデット・モンスター」に魅了された幼少期から人形劇が大好きで、常にパフォーマンス・アートに魅了されてきた。高校から大学にかけて、トラヴィスは短編映画や舞台劇の芸術性を楽しんだ。

地元アリゾナ州の大学で演劇の学位を取得し、その後、シカゴの劇場で後に妻となる俳優仲間と出会った。

ウィンディ・シティでは、5,000ドルの学生ローンを背負いながら、雑用をこなし、演技への情熱を追い求めた。2020年にパンデミックによって公演が打ち切られると、夫婦は生活費を支払うために創意工夫を凝らさなければならなかった。夢を持ち続け、最終的に借金を返済するために、トラヴィスはイーベイストア「Stuff Mom Threw Out」を成長させることに集中した。

2年後、借金が帳消しになったトラヴィスと妻のベツィーは、2022年末に第一子を授かった。現在、トラヴィスはほぼフルタイムで販売業を営みながら、週に数日、妻が会社勤めをしている間、生まれたばかりのエマーソンの面倒を見ている。彼らは息子の大学資金と最初の家の頭金を貯めている。もうすぐ、彼とベツィーが俳優業に復帰することを願っているとトラヴィスは言った。

「イーベイに力を入れて、借金を返し始めたんだ。最初のクレジットカード(の借金)を完済したときは、本当に有頂天になったのを覚えている。そして学生ローンも完済したんだ。」

結局のところ、トラヴィスはイーベイの拡張性と柔軟性に頼ることで、ベツィーがキャリアを変えたり、フルタイムの仕事から一歩退いたりすることになったとしても、経済的に支えることができることを知っている。


最初に登場したグレンと同じく、25歳のローレン・ヴィラレアルは高校生の頃からイーベイで販売をしている。彼女はまた、イリノイ州ディケーターにあるミリキン大学で演劇経営を学び、その学費を捻出するために売上を利用した。授業の合間、彼女はオークションやヤードセールで探し出したものを転売する技術を身につけた。やがて、彼女の学生アパートはミニ倉庫と化した。

ローレンのイーベイストア「Round To Avenue」は、2,500ドルの大学ローンの返済に役立った。彼女は残りの教育費を助成金、奨学金、アルバイトで賄った。

卒業からわずか数カ月後の2019年、ローレンが舞台芸術の新たなキャリアをスタートさせたとき、パンデミックによってライブ・パフォーマンス業界が壊滅的な打撃を受けた。生活費を稼ぐため、ローレンはフルタイムでイーベイに目を向けた。

「この10年間、イーベイのセラーとして多くのことを学びました。イーベイで販売することで培ったスキルのおかげで、私は今、別のビジネスを始めています。イーベイは素晴らしいプラットフォームで、誰でもできるし、誰でも成功できるの」。

借金を整理した後、ローレンはイーベイビジネスの繁栄のために専用の倉庫を建てた。現在、彼女の未来は明るく、キャリアも軌道に乗っている。パンデミックが終わり、ローレンは劇場に戻ってきた。

参照:How eBay Is Helping Graduates Ease Their Student Debt

おわりに

あれこれ御託を並べてなかなかスタートを切らない日本人と違って、思い立ったらすぐスタートというマインドの違い、そして成功する秘訣は、結局のところ本人の熱量による、といういつものパターンの感想もこの記事から持てるのですが、今回はこのワンパターンとは違う角度からの感想も持っています。

この記事のオリジナルタイトルは「How eBay Is Helping Graduates Ease Their Student Debt」。訳すと「イーベイはいかにして学生の借金を軽減するために卒業生を助けになっているか」です。
見出しにするにはちょっと長いので、このブログのタイトルは「イーベイは学生ローンの借金返済に貢献している」としました。ただ、「(結果的に)」と書き足しました。

記事を読めばおわかりの通り、読みようによってはイーベイが積極的に借金返済の手助けをしているというふうにも読み取れるタイトルですが、実際は、ユーザーがイーベイを利用して借金の完済ができたという事例の列挙であり、結果論に過ぎないんです。「Help」より「Contribute」のほうが意味的には正確かもしれません。でも、イーベイは「借金完済の役に立っている」と自らの積極性をアピールしており、ちょっと日本の感覚とは違うことがわかります。

このブログで繰り返し言っている「知識より意識」と言い続ける意味がおわかりいただけると思います。「日本感覚」では相手に響いていない可能性が高いのです。日本人相手で考えたら「大げさかな?ちょっとキツイかな?」くらいでちょうど良いというケースはよくあります(それに慣れてしまっているせいか、私は言葉がきつくなっていますw)。日本にいても、PCの前に座ったら「外国モードに切り替えられる」。これが秘訣です。

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

MOST READ

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~20時
※営業時間外はお問い合わせからご連絡ください。