jGrab

越境ECブログ

EC事業者の約3分の1が業務の一部~全部を外注 ECサイトや商品ページの改修が高い需要/マクロジ調査

ECビジネスをおこなう上で肝心要のECサイト運営。
今日ご紹介する記事は国内ECの話題ですが、越境ECも作業としてはほぼ同じですので、我々にとってとても参考になるところがあります。

EC事業者の約3分の1が業務の一部~全部を外注 ECサイトや商品ページの改修が高い需要/マクロジ調査

マクロジは、クロス・マーケティングに調査を依頼し、EC事業担当者または決裁者対象に、EC事業者が抱える課題について調査を実施しました。
調査内容の結果の一部は次のとおりです。

EC事業者の動向

ECサイト運営体制
同調査結果では、ECモールへの出店割合は楽天市場が全体の27%、次点でAmazon、Yahooがいずれも高い水準で続き、運営体制としては約3分の1(うち、全部委託が10.4%、一部委託が23.5%)が業務の一部または全部を外注しているという結果でした。

出典:ECzine
出典:ECzine

EC運営における課題
モールについては「売上が上がらない」、「利益が残らない」課題が多く、D2Cについては、「利益課題は比較的少ないが、売上が上がらない」課題がもっとも大きく現れました。

外注の選定基準についても調査した結果、「アドバイスだけでなく作業まで行ってくれる」というニーズが高かったことから、売上を上げるためのECにおけるノウハウだけでなく、実行するEC人材の不足にも課題を感じている企業様が多いと考えられます。

出典:ECzine

今後行いたい施策
今後行いたい施策としてはECサイトや商品ページの改修がもっとも需要が高まりました。次点で新商品開発や仕入れ、また複数チャネルへの販路拡大、そして広告運用強化が続く結果に。
EC市場においては競合が全国のエリアとなるので、他社との差別化を訴求し、売れるための制作が求められると推察されます。

また、EC未出店の事業者の未出店の理由は「ノウハウがない」「資金不足」「実店舗運営に工数がとられEC店舗への出店ができない」が高い数字となりました。

出典:ECzine

アンケート調査概要
調査期間 :2023年8月28日~2023年8月29日
調査地域 :全国
調査対象 :20~69歳の男女 EC事業者対象
有効回答数 :スクリーニング: 1万5,784サンプル、本調査:500サンプル
調査手法 :インターネットリサーチ
調査実施 :クロス・マーケティング

出典:ECzine

おわりに

EC運営は自分たちだけでやろうとすると人を採用したり育てたり、また育てても辞めてしまったりと、見えない経費が大きく掛かり継続が難しくなるケースがあります。
一部の業務を委託する形をとることで、結果的に経費削減、売り上げUPに役立つのではないかと思います。

※この文章は弊社EU担当の渡部による寄稿です。

Writer 山田彰彦

山田 彰彦 代表取締役 越境ECコンサルタント eBay JAPAN創業メンバー、ヤフー株式会社コマース事業などを経て越境EC専門 ジェイグラブ株式会社を創業。越境EC歴24年。イーベイ・ジャパン公認コンサルタント、ジェトロ新輸出大国コンソーシアムEC専門家、中小企業庁「新しい担い手」越境EC委員も務める。

SEARCH

CATEGORIES

MOST READ

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~20時
※営業時間外はお問い合わせからご連絡ください。