jGrab

越境ECブログ

15年間職なし状態からeBayを使ってFIRE(早期リタイア)を実現した男の話(1/2)

こんにちは、ジェイグラブの横川です。

FIRE(Financial Independence, Retire Early)、早期リタイアを夢見る人は多いと思います。それがeBayで実現できてしまう人がいます。
ただ、日本人ではあまり聞いたことありません。というより、ECにしっかり向き合う時間を作らない人や企業が多いので、日本からeBayでFIREする人が出てくる確率は低いと思います。しかし、海外では実例がありますから、こうした例から何かを学び取れれば(何から何までそっくり真似るという意味ではありません)同じことができるかもしれません。
※記事が非常に長いのと、アメリカ特有の事情についての話の部分は割愛、または端折りました。


2008年、サーキット・シティに就職して数週間後、リチャード・Sは家電量販店の破産申請により解雇された。フォートローダーデールに住むこのシングルファーザーは、プライバシーの観点から姓を明かしたがらなかったが、選択肢はあまりなかった。

「2008年当時は、解雇されてもすぐに雇ってもらえるような時代ではなかった」と彼はBusiness Insiderに語った。「住宅危機の真っ只中で、株式市場は57%下落し、雇用はされなかった。

彼の経済状況をさらに悪化させたのは、携帯電話(T-モバイルのサイドキック)が壊れたことだった。eBayで新品を買うと75ドルもする。

「75ドルも持っていなかった」と当時20代前半だったリチャードは言う。しかし、彼は同じ携帯電話がCraigslistで35ドルで売られていることに気づいた。彼はCraigslistで携帯電話を買い、eBayに出品し、数時間で利益を得た。「頭の中では、お金を2倍にした: 35ドルを使い、70ドルで売った。この取引で、私は35ドルを維持し、実質的に無料で携帯電話を手に入れることができる。その後、私はレースに出かけた。」彼はCraigslistでSidekicks、iPhone、BlackBerryを購入し、eBayで転売し始めた。

「息子のために食卓に食べ物を並べ、雨風をしのげる状態を維持しなければならなかった。自転車操業的な感じでした」と彼は言ったが、eBayの仕事は様々な請求を支払うのに十分な収入をもたらした「2008年に職を失って以来、「一度も求職申込書に記入したことはない」。

電化製品の転売から衣料品への転換

リチャードは電子機器の転売で十分な収入を得ていたが、「キャッシュフローは非常に厳しかった」。転売業者にとっては厄介なカテゴリーだと彼は説明する。 「テストしなければならない。充電器やブラックベリーのスクロールホイールなど、部品を買わなければならないこともある」。

しかし、アパレルの場合は、「テストもトラブルシューティングも部品もパーツもありません。輸送中に壊れることもない。シャツを着るのに説明書は必要ない。最悪、サイズが合わなければ、全額返金を目的に返品するだけです」。

彼が初めてeBayで売った服は、クローゼットから取り出したバッファロー・ビルズのヴィンテージ・ジャージだった。出品したその日に約80ドルで売れたという。

自分のクローゼットから直接、さらに多くの衣類を出品した後、リチャードは何かをつかんだと感じた。「銀行口座にお金をいっぱいにするための最も抵抗の少ない道は、電子機器から離れ、衣類の専門知識を身につけることだった」。

それでも彼はeBayストアを(ガジェット系を連想させる)Technsportsと名付けた。

グッドウィル、サルベーションアーミー、地元のリサイクルショップやフリーマーケットを回っている間、彼は電子機器を無視し、誰も気にしていないような服の山を整理し始めた。

「山のように服が落ちている。1ドルで買いたい人もいれば、50セントで買いたい人もいる。「だから、時間をかけてブランドについて勉強したんだ」。彼の一般的な戦略は、ナイキ、ルルレモン、ラルフ・ローレンなど、人々が日常的に着用する「定番」ブランドを購入することだ。

「グッチは買わない。ルイ・ヴィトンも買わない。誰もが買える日常的な価値のあるものを買うんだ。日用雑貨の転売で生計を立てることは十分可能だ」とリチャードは言う。

彼の平均商品原価は常に5ドル前後で、平均販売価格は30ドル前後だ。送料とeBayの手数料を差し引くと、一品あたり20ドル程度になるという: 「1日に14回出品すれば、1日の利益は280ドルになります。eBayで1日14点売れば、1年で10万ドル稼げるんだ」。

COVIDで規模を拡大、1日250アイテムを出品し、数百万ドルの売上を達成

COVID-19のパンデミックにより、リチャードの行きつけの在庫を含む多くの小売店が一時的に閉鎖された。しかし、ボロ屋はまだ営業していた。彼はこれらの卸売りヴィンテージ・リサイクル工場で買い物を始め、最終的には調達のために業者を雇った。

1日120点の商品をリストアップするために24時間体制で働き続けた数年後、彼は初めてフルタイムの従業員も雇った。2人体制になったことで、彼は生産量を2倍にできると考え、1日の出品目標を120点から250点に引き上げた。

ピーク時には5万点以上の商品を倉庫に保管し、5人の従業員を雇っていた: 3人が出品ページと写真の作成を手伝い、2人が発送を担当していた。

「週7日、毎日250点の商品を出品しました」とリチャードは言う。「eBayでの最高の年の売上は250万ドルでした」。

当誌(Business Insider)は、彼のeBayダッシュボードのスクリーンショットを見たが、2022年の3ヶ月間の売上は472,493ドルだった。1カ月にすると約15万7000ドルだ。重要なのは、規模を拡大しながら、高品質の出品ページと商品を維持することだった。

「言葉は悪いですが、ただゴミを出品して素晴らしい結果を期待することはできません。そんなことをしていたらeBayと顧客はあなたに”報い”を与えるでしょう。」

eBayの2021年リスティング・クオリティ・レポートでは、セラーに最大10カテゴリのパフォーマンス概要を提供し、Technsportsは、137,128人の総セラーを持つ中古Tシャツカテゴリと193,012人のセラーを持つ中古ポロシャツカテゴリを含む、総市場価値で各カテゴリで1位となった。Business Insiderはリチャードの報告書のコピーを見て、これらの詳細を確認した。

「50歳で休暇」に備えて規模を縮小

15年にわたってTechnsportsを成長させてきたリチャードは、数年前にパートナーと交わした約束を果たすため、一歩後退しようとしている:。それは 「50歳で休暇 」を取ることだ。貯蓄と投資で生活できるだけの蓄えがあり、世界を旅して 「1日18時間、20時間働いていたときに見逃したものを見る 」つもりだという。

倉庫の賃貸契約は2024年8月までで、更新するつもりはない。この16ヶ月の間に、彼は約53,000点あった商品を5,000点まで縮小した。

「私は今後もeBayストアを持つつもりです。eBayが大好きだから」とリチャードは付け加え、楽しみのために1日20点を出品する予定で、2019年にオープンしたコーラル・スプリングスの実店舗も維持する予定だで、また、他の人々がeBayで売ってお金を稼ぐのを助けるために、2023年に始めたYouTubeチャンネルを成長させる予定だ。

リチャードは「eBayは僕の人生を変える手助けをしてくれた。だから、それが可能だということ、あなたにもできるということを人々に示すことができれば、それが僕のトロフィーだ」。

参照:After losing his job 15 years ago, a single dad started flipping cellphones on eBay. He turned the hustle into a six-figure monthly reselling business and plans to retire at 40.


今回はリチャードさんの成功までの経緯でした。次回に続きます。次回は成功者である、彼が成功の秘訣・テクニックを語っています。

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

MOST READ

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~20時
※営業時間外はお問い合わせからご連絡ください。