jGrab

BLOG

Amazonで売る中国人セラー、Amazonから逃げ出す

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

Amazonは、運営する上でのルールが非常に厳しく、ルールに触れていた場合もその理由を告げずにアカウント停止、売上金凍結などを行うことは周知の事実で、どこがまずかったのかという交渉の余地が限りなく0%です。つまり、一度でもAmazonにルール違反と判断されたら、翌日から一文無し決定です。ではルールを徹底的に読み込めば大丈夫なのかといえば、そこまで簡単な話ではありません。表に公表されているルールと非公開のルールがあるからです。ここまで強気で書けるのは、すでにアメリカのブルームバーグが記事にしており(ブルームバーグには「理由もなく勝手にアカウントや資金を凍結したり、その他の虐待的なことができる契約書に・・・」とまで書かれています)、Amazonで活動すると決めた以上は、知っていなければいけない常識だからです。

さて、そんなルールの見えない化があるAmazonでアカウントの大粛清を受けた中国人セラーが、Amazonから逃げ出して、他のプラットフォームに移動を開始しているというニュースです。実はこれ、他人事じゃないんです。

「中国製品をAmazonで売ろう」コミュニティが、米国のEC大手への依存度を減らすと発表

深圳の業界団体によると、「Made in China, sold on Amazon」コミュニティは、世界最大の電子商取引市場であるAmazon(アマゾン)への依存度を下げることを計画しているという。中国人セラーらは、5万以上の店舗を閉鎖したAmazonの取り締まりの中で、米国のオンライン・マーケットプレイスでのビジネス状況が厳しくなると予想しているからだ。

シアトルに本社を置くアマゾン・ドット・コムは、顧客に良いレビューを書くよう促すなどの特定の行為に対する規定を緩和しそうにないため、中国の業者は代替手段を探さなければならないと、海外の消費者に商品を販売する2,600社以上の越境貿易企業を代表する業界団体である深圳越境電子商務協会の王新執行委員長は述べています。

「Amazonは(プラットフォーム上の)販売者を規制しようとしています。特に、ここ数年で中国の販売者が流入してきたことを受けてのことです。Amazonのルールはさらに厳しくなるだろう」と王は語った。

同協会は、中国のシリコンバレーと呼ばれ、国内最大級のテクノロジー企業が集積する深圳の越境EC事業者52社によって2014年に設立されました。同協会によると、深圳には越境EC事業に携わる企業が4万社以上あり、中国全土の越境EC部門の約35%を占めているという。

しかし、買い物客が詐欺を警戒していることや、オンラインショップでは通常、返品ができないことなど、まだ課題が残っています。ハノイ在住のエコノミスト、グエン・トライ・ヒウは、ブルームバーグの取材に対し、「ベトナム人は目に見えないものは信用しない」と述べています。そのため、一部のサイトでは、キャンペーンや値下げなどを行っています。

パンデミックはコロナウイルスを避けるために人々が家の中で過ごしていたため、eコマースは2020年に食品から電子機器までのすべての商品が30%も急上昇したとブルームバーグは報じています。

AmazonやeBay(イーベイ)などの国際的なマーケットプレイスに多くの中国企業が参入し、消費者を獲得しようとしていますが、その一方で、中国でよく見られるグレーゾーンの行為を持ち込む企業もあります。業界関係者によると、偽のレビューを作成したり、販売数を誇張したりするなどです。

深圳の業界団体の王氏によると、中国の業者は、良いレビューを書いてもらう代わりに、消費者にカードやギフトを提供することがよくあるそうです。アマゾンの取り締まりは「理不尽」であり、完全に正当化されるものではないと述べています。
「このような行為は5、6年前から行われていましたが、中国のブランドが海外のプラットフォームで急速に成長したときに、アマゾンはこのような行為を取り締まることにしたのです」と王氏は述べています。

彼女は、新型コロナの大流行により、消費者が実店舗での買い物を好んでいたアメリカやヨーロッパで、オンラインショッピングのトレンドが急速に進んだことを指摘した。「長年、世界の工場であった中国のメーカーやサプライヤーは、ショッピング行動が海外にシフトすることを視野に入れている」と述べた。

Amazonの対応が悪くなったため、一部の中国企業はeBayやAliExpressなどの他のオンライン・プラットフォームへの投資を増やしていると王は言います。AliExpressは、海外の消費者が中国のメーカーや流通業者から直接購入できるグローバルなマーケットプレイスで、South China Morning Postを所有するアリババ・グループ・ホールディングスの主要事業です。

王は、「Amazonに追いやられた中国人セラーを(獲得するために)、他のプラットフォームが競い合う姿を目の当たりにすることになるでしょう」と述べています。

コンサルティング会社Marketplace Pulse社の報告書によると、1月にAmazonに新規参入した業者のうち、中国の越境EC業者は75%を占めています。Amazonの米国サイトにおけるこれらの販売者のシェアは、2019年の28%から、今年は63%に急増しました。

しかし、Amazonが有料レビューなどの違反行為を取り締まったことで、5月以降、Amazon上の少なくとも5万の中国人アカウントが取り締まりの影響を受けており、「Made in China, sold on Amazon」のコミュニティに1,000億元以上の損失を与えているという。
この動きにより、Amazonで最大の中国ブランドが運営するオンラインストアの多くが閉鎖されました。Youkeshuの場合、340のオンラインストアが閉鎖され、1億3,000万元(2,000万米ドル)以上の資金がアマゾンによって凍結されました。

取締にあった中国の業者は現在、禁止措置を解除してもらい、アマゾンの倉庫から在庫を戻してもらおうと奔走しているが、今のところ成功したところはない、と王は言う。

6月、Amazonは声明の中で、出品者を一斉に排除することは、消費者を守るために必要であると述べています。同社は、「お客様の信頼を得るために、当社は、偽のレビューや動機付けされたレビューがストアに表示されるのを防ぐために多大なリソースを費やしています」と述べています。
しかし、多くの中国の業者は、Amazonの規則にもかかわらず、Amazonでの活動を続けていると思われます。
「ある会員は、コンプライアンスや認定の面でコストが大幅に増加するにもかかわらず、(古いアカウントを取り戻せない場合に備えて)アマゾンに何百もの新しいアカウントを開設していると話していました」と王氏は述べています。

参考:‘Made in China, sold on Amazon’ community seeks to cut reliance on US e-commerce giant, trade group says

おわりに

冒頭で、実は他人事じゃないと書いた理由は、アメリカの企業にとって、中国と日本をしっかりと区別しているというようなことはないということです(外資あるあるです)。

つまり、日本企業なのに、中国と同じアジアというくくりでとばっちりを受けちゃう企業も出かねないんでは?と思ってしまうんですよね。たとえば、中国から輸入したものを売っているなどといった場合。

それと、Amazonから逃げ出した中国人セラーの逃亡先にeBayの名が挙がっていますが、果たしてそうなのかはよく分かりません。実は、かつてeBayでは大量に販売するセラーをPower sellerと呼んでもてはやしていたんですが、中国人セラーの質の悪い売り方にクレームが殺到して、Top-rated sellerという、売り方の質を求める方向にかじを切ったという過去があるからです。

越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)を活用したECサイト構築、海外ECモール eBay(イーベイ)、Amazon(アマゾン)、Shopee(ショッピー)、Lazada(ラザダ)、淘宝網(タオバオ)、T-Mall、B2Bオンライン展示会のAlibaba.comなどの開店と運営、物流、倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

越境ECや補助金に関する資料をご案内しています。

お問い合わせ

越境ECお役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時