jGrab

BLOG

で、結局Shopify Payment(ショッピファイ・ペイメント)ってなんなの?

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

Shopify(ショッピファイ)による越境ECサイト構築を試みる企業が増えてきました。ShopifyにはShopify Payment(ショッピファイ・ペイメント)という決済方法がついていますが、これについてはっきり理解できている担当者の方が意外と多くない印象があります。そこで、今回はShopify Paymentの完全ガイドを紹介します。


商品を購入する際、消費者は支払い手続きが簡単でスムーズなお店を好みます。そのため、チェックアウトを簡単に行えるペイメントゲートウェイの重要性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。

ペイメントゲートウェイとは、PayPal、Square、Stripeなどのプラットフォームのことで、ECサイトのクレジットカード決済を処理するものです。御社のサイトで利用できるペイメントゲートウェイは数多くありますが、承認を得るまでには時間がかかります。また、ゲートウェイを自分のストアに統合することや、処理手数料を心配しなければなりませんが、これは特に小規模ビジネスにとっては高額になる可能性があります。

そこで、Shopify Paymentsの出番です。この記事では、Shopify Paymentsとは何か、その特徴、長所と短所、そして設定方法についてご紹介します。

Shopify Paymentってなに?

Shopify Paymentsは、Shopifyストアでのオンライン決済の受領と処理に使用される決済ゲートウェイです。

2013年8月12日にStripe社との提携により開始されたこのペイメントゲートウェイは、eコマース事業者がサードパーティのプロバイダを介さずにオンラインで支払いを処理できるようにするためのものです。Shopifyのエコシステムと完全に統合されており、Shopifyストアで直接支払いを受け取ることができます。

Shopify Paymentsは、中小規模のeコマースストアのオーナーが複雑な作業をせずにお金を処理できるように設計されています。従来の支払い方法とは異なり、Shopify Paymentsの承認を得るのは簡単です。また、設定も簡単で、高度な知識やスキルを必要としません。複数のサードパーティの決済ソリューションに登録したり、複数のダッシュボードを管理したりする必要はありません。

Paymentsプラットフォームは、Apple Pay、Amazon Payなど、100種類以上の決済手段と統合されています。これらの統合により、お客様にさまざまな支払い方法を提供することができます。同時に、複数の決済事業者からの売上を管理し、在庫や利益率をダッシュボードで把握することができます。

Shopify Paymentは、異なるクレカ・プラットフォームとどのように連携しているのか

Shopify社によると、顧客のクレジットカード決済を処理するために使用できる主な決済プロバイダーは2つあります。

ひとつは、ダイレクトペイメントプロバイダーで、クレジットカードでの支払いの際に、別のチェックアウトプラットフォームにリダイレクトしません。その代わり、Shopifyのチェックアウトで注文を完了することができます。

もうひとつが、外部決済業者の場合で、Shopifyのチェックアウトからサードパーティのチェックアウトにリダイレクトされ、注文を完了します。支払いが処理されると、Shopifyに戻されます。外部決済業者の例としては、PayPal、Stripe、Apple Pay、Amazon Payなどがあります。

Shopify Paymentを使うメリット

設定と管理が簡単

Shopify Paymentsの設定はとても簡単です。承認を得るために長い時間を待つ必要はありません。

従来の支払い方法ではそうはいきません。他社のマーチャントアカウントを申請し、その厳しい承認プロセスを経る必要があります。そして、各社独自のダッシュボードがあり、管理が大変です。

一方、Shopify PaymentsはShopifyストアに統合されており、関連情報を提供すれば、支払い処理を開始することができます。注文、売上、出荷在庫、返金を1つのダッシュボードでリアルタイムに管理することができます。

チェックアウトの高速化

Baymard社の調査によると、買い物客の28%がチェックアウト時に買い物を諦める理由は、プロセスが複雑すぎるからだそうです。

しかし、Shopify PaymentsでShop Payを使用すると、チェックアウトの手間が省けます。Shop Payは、チェックアウト時にお客様の詳細情報を保存することで、次回からより早くチェックアウトを完了させることができる高速チェックアウトシステムです。

お客様のクレジットカード情報が保存されているので、再来店のお客様はワンクリックで注文を処理することができます。また、お客様を保護するために、Shopify Paymentsは、個人情報や財務情報をPCI(Payment Card Industry)に準拠したサーバーに保存します。

カード処理手数料の割引

Shopify Paymentsのもう一つの大きな利点は、他のペイメントプロセッサーに比べて比較的低い処理手数料です。Shopify Paymentsのユーザーは、Shopifyが通常ゲートウェイ料金に加えて取る手数料を支払う必要がありません。

Shopifyのプランにもよりますが、サービス料はPayPalの料金に比べてかなりお得です。Paypalで米国外企業の場合は、米国内での支払いを受け取るための手数料に加えて、国際的な取引のための追加のパーセンテージベースの手数料を支払うことになります。

一言で言えば、Shopify Paymentsはコスト削減に役立ち、利益率を高めることも可能です。

多通貨対応

Shopify Paymentsを使えば、海外のお客様にも簡単に販売することができます。お客様は、お客様の国の通貨で商品を見て、お支払いすることができます。また、販売する国や地域ごとに、手動または現在の市場為替レートと比較して、為替レートを設定することができます。

また、異なる国の通貨で価格を表示したり、支払いを受け付けたりすることもできます。Shopify Paymentsは130以上の異なる通貨をサポートしており、それによって他の国や地域のお客様にサービスを提供することができます。

Shopify Paymentsを使用する際の課題

他の支払い方法と同じように、Shopify Paymentにも欠点があります。

チャージバック手数料

チャージバックとは、カード所有者の銀行や発行会社によって強制的に資金を取り戻されることです。チャージバックは、お客様が購入した商品の払い戻しを希望する場合や、不正にカードが使用されていた場合に発生します。

チャージバックが購入者に有利な結果となった場合、売り手は返金を行うだけでなく、チャージバック調査のための処理費用を請求されることになります。

売り手が米国内の場合、Shopifyは売り手にに15ドルの処理手数料を請求します。チャージバックが売り手に有利な結果となった場合、Shopifyはチャージバック処理費用を売り手に返金します。

チャージバックを調査している間、Shopifyは売り手のお金を保留することができます。また、Shopifyによると、チャージバック請求の解決には最大で120日かかる場合があると答えています。

誰でも利用できるわけではない

Shopifyは世界中の事業者に開放されていますが、Shopify Paymentsはそうではありません。この支払い方法は、カナダ、イギリス、日本、オーストラリア、アメリカを含む17の国でビジネスを展開している場合にのみ利用できます。これらの対象地域以外でビジネスを展開している場合は、他の支払い方法を検討する必要があります。

また、すべての事業者がShopify Paymentsを利用できるわけではありません。決済ソリューションの利用を検討する前に、Shopifyのウェブサイトに掲載されている禁止商品のリストを確認してください。Shopifyの規約に従わない場合は、事前の通知なしにアカウントが解約されることがあります。

Shopify Paymentの手数料

Shopify Paymentの手数料についてはこちらを参照してください。

Shopify Paymentの設定方法

Shopify Paymentsの設定はとても簡単です。Shopifyを初めてご利用になる方は、まずShopifyストアをセットアップすることから始めましょう。お店の準備ができたら、Shopifyペイメントをお店に設定します。

ステップ1:銀行口座が要件を満たしているか確認する

銀行口座をShopify Paymentsに接続する前に、その銀行口座がShopifyの要件を満たしていることを確認する必要があります。さらに、その口座は日本の支払い通貨を使用し、電子銀行送金を受け入れることができなければなりません。

Shopify Paymentsトでは、貯蓄口座、バーチャル口座、フレックスカレンシー口座、送金サービスは受け付けておりませんのでご注意ください。また、電信送金のみ可能な当座預金もご利用いただけません。

ステップ2: 通貨の決定

銀行口座がShopify Paymentsの要件を満たしていることを確認したら、次のステップではストアの通貨を決定します。これは、商品の価格を決定するための通貨です。

ステップ3:Shopify Paymentsの有効化

Shopifyの管理画面から、「設定」をクリックし、「支払い」をクリックします。
次に、「Shopify Paymentsを有効にする」をクリックします。既存のクレジットカード決済サービスをShopify Paymentsに置き換えたい場合は、このオプションが提供されます。
アカウントに初めてクレジットカード決済のプロバイダを設定する場合は、「アカウント設定を完了する」というオプションが表示され、そこから進みます。

ステップ4:ビジネス詳細の入力

アカウントでShopify Paymentsを有効にした後、ビジネスの詳細を入力する必要があります。

ステップ5:個人情報の入力

Shopify Paymentsでは、個人情報の入力も必要です。これは、ユーザーを識別し、マネーロンダリングを防止するために、支払いを処理する企業が必要とする規制プロセスです。

ステップ6:テストトランザクションの作成

次のステップでは、顧客がどのように注文を処理するかを確認するために、テストを行います。これを行うには、テストモードを有効にする必要があります。
テストモードを有効にするには、Shopifyの管理画面に入り、Settings Paymentsに行きます。次に、Shopify Paymentsセクションに行き、Manageをクリックします。
ページの下部にあるテストモードのセクションに行き、テストモードを有効にするを選択します。保存をクリックします。
テストが終わったら、テストモードを無効にします。このままでは買い手が実際のクレジットカードで支払うことができません。

Shopify Paymentsのあるある疑問点

Shopify Paymentsは安全なのか?

Shopify Paymentsは売り手、買い手双方にとって安全です(というか、ここを疑い始めちゃったら越境ECなんてできませんけどね)。
セルフホスティングなので、すべてのストアに定期的なセキュリティアップデートを簡単に展開することができます。ストアにリスクをもたらす可能性のあるオープンソースのプラグインをインストールする必要はありません。

また、Shopifyは、すべてのストアがPCI基準に準拠していることを保証しています。この基準は、お客様の詳細情報が犯罪者の手に渡らないように保護するものです。さらに、ShopifyはHTTPSプロトコルと無料のSSL暗号化を利用して、注文を処理する際にお客様のクレジットカード情報を保護しています。また、このプラットフォームには、潜在的な不正取引にフラグを立てる不正検知システムが搭載されています。

Shopify Paymentsはお金を保留しますか?

Shopify Paymentsは、チャージバックを調査する際にお客様のお金を預かることがあります。これは、ビジネスを継続するための現金を持っていない中小企業のオーナーにとっては、不利益になるかもしれません。調査が完了した時点でお客様に返金されます。

Shopifyはチャージバックから守ってくれますか?

いいえ、チャージバックは利用者の責任です。Shopifyはチャージバックに異議を唱えるための証拠書類を提供することで利用者をサポートしますが、チャージバックの結果を決定するのはカード所有者の銀行となります。Shopifyは銀行の決定を変更したり、訴えたりすることはできません。

Shopify Paymentsではどのような種類のカードが使えますか?

Shopify Paymentsを使用することで、以下のデビットカードやクレジットカードを利用することができます。

マスターカード
ビザ
アメリカン・エキスプレス
JCB
ディスカバー
ダイナースクラブ

Shopify Paymentsから紐付けた銀行口座への引き出しはどのくらい時間がかかりますか?

地域によっては、銀行口座に入金されるまでに2~4営業日かかる場合があります。

Shopify Paymentsには処理の制限がありますか?

ショピファイペイメントで受け取れる金額に制限はありません。月々の金額や取引内容に関わらず、支払いが発生するたびにお客様の銀行口座に送金されます。

Shopify Paymentsでは、どのようにして支払いを確認できますか?

次のステップで、支払いの詳細を見ることができます。

ステップ1: ダッシュボードの管理セクションに移動します。
ステップ2: 設定タブをクリック。
ステップ3: ペイメントプロバイダーのオプションをクリック
ステップ4: Shopify Paymentsをクリックして、View payoutsをクリック。

Shopify Paymentsは我が社に合っていますか?

Shopify Paymentsは、Eコマース事業者のためのシンプルで分かりやすいソリューションです。セットアップも簡単で、エンジニアなどがいなくても、このプラットフォームを使い始めることができます。また、Shopify Paymentsは、他の多くのサードパーティの決済プロバイダーをサポートしているので、顧客がチェックアウトする際に様々なオプションを提供することができます。

Shopify Paymentsは、比較的低い取引手数料の決済ソリューションを探している事業者に最適です。また、初めてeコマースを利用する事業者にとっても簡単で、従来のペイメントプロバイダーに比べて複雑ではありません。

参考:The Complete Guide to Shopify Payments


Shopify Paymentの安全性について書かれているところでカッコ書きで「というか、ここを疑い始めちゃったら越境ECなんてできませんけどね」と脚注をつけたのは私です。
お打ち合わせをしていて、こういうことを聞いてくる方がたまにいますが、そこまで不安なら越境ECやらなきゃいいと思います。
・経営者の指示だからとか
・コロナで対面ビジネスができないから仕方なくECをしなくてはいけないとか
・今後の日本を考えたら越境もしないとならないから
など、しぶしぶ感があるモチベーションでは成功しないので、無理する必要はないと思います。海外に目を向けなくても国内で生き残ろうという戦略を真剣に考えればいいだけです。

セミナーでは知識と行動、実例などを話していますが、最後に強調しているのは「意識」です。ここのマインドセットが伴っていない事業者さんは大抵失敗しています。最後にものいうのは熱量です。結局自分たち自身でビジネスは行っていくものですから。

Shopify(ショッピファイ)のことなら何でもご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)の構築から運営サポート、物流や倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。1社30分の越境EC無料コンサルテーションを実施中です。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

Shopify(ショッピファイ)に関するご相談

お問い合わせ・ご相談

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECオンラインセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時