jGrab

BLOG

Shopify のライバルがアジアに注目するワケ

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

海外では次から次へと新しいサービスが誕生してきます。今回のブログはShopify のライバルがアジアに注目しているという記事で、今すぐなにか影響するわけではありませんが、環境変化のサイクルが早い世界ですので、気になる場合には頭の片隅に入れておいてもいいかもしれません。

Shopifyのライバル、Lightspeedがヨーロッパとアジアを狙う

カナダの決済ソフトウェア企業で、Shopify Inc.への挑戦を目指しているLightspeed POS Inc.は、国際市場でのビジネスチャンスについては「まだ始まったばかり」だと、最高経営責任者のダックス・ダシルバは述べています。

モントリオールを拠点とする同社は、ヨーロッパ、インド、オーストラリア、ニュージーランドなど、すでに北米以外からの収益が半分以上を占めています。ダシルバはインタビューの中で、「私たちにはまだ未開拓の場所がたくさんあります。」彼は、アジア、アフリカ、中東のほとんどの地域を「グリーンフィールド」と捉えている。

Lightspeed社は、今週、フランスやドイツを含むヨーロッパの5つの新しい市場で、ホスピタリティ企業向けの決済ツールの提供を開始したのに続き、今後数ヶ月のうちにアジア太平洋地域にもサービスを拡大する予定です。

買収は、同社の成長の鍵となっています。Lightspeed社は、6月30日に2022年度第1四半期の売上高を1億1,600万ドルと発表し、アナリストの予想を上回る前年比220%の伸びを記録しました。サブスクリプションおよびトランザクションからの収益は、買収を除くと78%増加しましたが、全体での損失は拡大しました。

ライトスピード社の米国上場株式は、今年に入ってから36%上昇し、同社の市場価値を128億ドル以上に押し上げています。

社名を変える

ダシルバは、同社が情報管理ソフトウェアの販売では最もよく知られているが、「それ以上のもの」であることから、社名をLightspeed Commerceに変更することにしたと発表。この変更は株主によって承認されました。

会社が成長するにつれ、多くの従業員がどこでも仕事ができるようになった今、人材をめぐる競争は「グローバルなデジタル・クランチ」になるだろうとダシルバは言う。

カナダのハイテク企業は長年、米国への頭脳流出に悩まされてきました。熟練労働者は、カナダの南の隣国でより高い給与を好むからです。人材の需要が高まり、世界的なハイテク企業が新たにカナダに進出してきたため、ここ数カ月、地元企業は採用難に直面しています。

ダシルバは、カナダの技術系企業が技術者を獲得するためには、カテゴリーリーダー、つまり「人々が作りたいと思うような」組織になる必要があると考えています。

Lightspeed社にとっては、モントリオールの本社がお城のような旧鉄道ホテルであることも悪くない。これは、「私たちが燃えている理由の魅力」につながる目的地だとダシルバは言う。

参考:Shopify rival Lightspeed eyes growth in Europe, Asia-Pacific

Shopify(ショッピファイ)のことなら何でもご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)の構築から運営サポート、物流や倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。1社30分の越境EC無料コンサルテーションを実施中です。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

Shopify(ショッピファイ)に関するご相談

お問い合わせ・ご相談

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECオンラインセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時