jGrab

BLOG

越境EC用の新デザインパッケージトレンドとは

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

日本のモノならいいモノだから、それだけで売れるという思い込みを心のどこかでされている人もいます。

スティーブ・ジョブズが禅の影響を受け、無駄を省いたデザインがアップル製品には活かされているとか、外交の場でも海外の王室外交はド派手な部屋で行われるが、皇室は質素な部屋で行い、それがかえって優雅で高貴で素晴らしいと海外で評判だ、など、ニッポンすごい系のメディアではよく取り上げられます。

もちろん、これらの話は事実です。しかし、一部の知日派の人が言っているに過ぎません。一部の意見を全体の意見と思い込んではいけません。

また、実際サポートしていても「そのデザインでは海外受けしないのでは?」という物も良く見かけます。海外進出の前にデザインなどの見直しが必要なパターンもよくあります。そこで、今回はEC向けのパッケージデザインの新トレンドについてまとめた記事を紹介します。


Eコマースパッケージデザインの新しいトレンド5選

2020年のEコマースの台頭により、ブランドはパッケージデザインの見直しを迫られています。ここでは、結果として生じた5つのデザイントレンドと、ブランドに最適なスタイルを選択するためのアドバイスをご紹介します。

Eコマースはパンデミック以前から確立されていましたが、2020年にはオンラインショッピングの行動に大規模な変化が起こり、それは永続的なものとなりました。

多くの中小企業にとっては、物理的に距離のある海外の顧客とのつながりを持つにはどうすればよいかを考えなければならないという、新しい領域が問題として浮上しました。突然、郵便物の箱が、ブランドにとって購入者と物理的な対話をする唯一の機会となり、これがパッケージデザインに影響を与えました。

今年のEコマースパッケージのデザイントレンドを見ると、明確なテーマがあります。オンラインショッピングの驚異的な普及により、無地のパッケージから脱却するブランドが増えています。その代わりに、ブランドの個性の一部を顧客に直接届けることを目的として、ボックスはそれ自体が芸術作品のようになっています。

今回は、そんなアートなパッケージのトレンドを5つご紹介します。

1. ソリッドカラーで全体を覆う

このスタイルは、単一色のソリッドカラーで商品を包装するもので、現在のEコマースパッケージデザインの中で最もシンプルかつ効果的なトレンドの一つです。

複雑なイラストや大胆な書体を使用する他のトレンドとは異なり、大胆で明るく、しばしば型破りな色の選択がバイヤーを惹きつけるのです。適切な色の選択は、商品の美的感覚を醸し出すだけでなく、お客様に成分に関する微妙なヒントを与えることにもなります。

例えば、ロサンゼルスを拠点とするスーパーフードのスムージーメーカー「TUSOL Wellness」では、スムージーの小袋の中に入っている主要成分を直接表すさまざまな色を使用し、それぞれのフレーバーを簡単に認識できるようにしています。また、これらの色は、光沢のあるメタリックな素材と組み合わせることで高級感を与えています。

このトレンドは、より控えめではありますが、製品を競合他社から際立たせるための非常に強力な方法です。
参考画像はこちら

2. 超単純化されたジオメトリ

もうひとつのデザイントレンドは、シンプルで印象的な幾何学的コンセプトの採用です。ここでは、直線的で整然としたラインとタイトなアングル、そして特徴的なカラーを組み合わせて、お客様に忘れがたい印象を与えるデザインを採用しています。

幾何学模様は一見地味に見えますが、このデザインスタイルの優れた点は、抽象的なシンプルさにあります。イラストやイメージで見せるのではなく、幾何学的な要素を巧みに使うことで、お客さまがモノを開くときのヒントを与えているのです。例えば、カリフォルニアの「Sincere Cider」の格子状のデザインは、リンゴからインスピレーションを得たさまざまな要素と色を用いて、さわやかでクリーンな味を連想させます。
参考画像はこちら

3. 商品名を前面に押し出す

商品名を主役にして、タイポグラフィを駆使して、一語一語をアート作品のように表現してみるのもあり。ロゴやブランド名、イラストなどを主役にするのではなく、商品名そのものを主役にするのです。その他のデザイン要素は、名前を際立たせるためのものです。

このスタイルは、商品名や機能に疑いの余地がないため、ブランドの認知度を高めたい商品中心のビジネスに最適なトレンドです。このデザインスタイルは、独創的で人目を引くレタリングを使用することで、製品に独自の個性を与えることができます。

ミネソタ州のCrystal Star社は、他の伝統的なサプリメント会社とは異なり、このトレンドを利用して、シンプルでスタイリッシュなパッケージを作り、オルタナティブなウェルネス製品を求める顧客にアピールしています。力強い書体と清潔感のある明るい色で製品名を表現したボトルラベルは、年配の方にも若い方にも魅力的な商品となっています。
参考画像はこちら

4. 有機的な形のカラーブロック

このスタイルは、消費者の環境意識の高まりと、Eコマースに見られるアート風デザインのトレンドが見事に融合したもので、間違いなく今最も人気のあるデザイントレンドのひとつです。

カラーブロッキングという概念は、決して新しいものではありません。しかし、それをよりソフトで自然な色、形、質感で行うというのは、いかにも2021年らしいことです。カラーブロックは、直線的な色の箱ではなく、重さの異なるアンバランスな形に、点やくねった線、スパイラルなどを重ねたコラージュです。

抽象的なものであれ、自然の風景を描いたものであれ、これらのデザインは、この12カ月の大半を家の中で過ごした多くの人々にとって、新鮮な空気を吹き込んでくれるものです。その好例が、クリーンなスキンケアブランドORPHEUSです。ORPHEUSのパッケージには、柔らかい有機的な形と色が使われており、製品に含まれるResurrection Flower(復活の花)にちなんで、素晴らしい幽玄な風景をイメージしています。
参考画像はこちら

5. 絵に描いたような完璧なシンメトリー

毎年、デザインのトップトレンドが矛盾して見えることは珍しくありません。むしろ、それが当たり前になっています。誰もが同じピザのトッピングが好きなわけではないのですから。一部のデザイナーやブランドは、不完全な形や珍しいパターンを試していますが、私たちは、秩序やバランスで遊ぶことで、まったく逆の方向に振ったパッケージを見ています。

驚くほど複雑でタイトなイラストであれ、ネガティブスペースを活用したゆったりとしたバラバラのパターンであれ、シンメトリーという視覚的に満足のいく性質は、昨年の混沌とした状況とは対照的に、穏やかで秩序があり、地に足がついた感覚をもたらします。その好例が、コスタリカのNumu Brewing社のビール缶に描かれている、大胆で催眠術のようなシンメトリーパターンです。
参考画像はこちら

さあ、今から始めましょう。

今年はパッケージのレベルアップを図りたいと考えているEコマース事業者の方にも、新規事業を始めたばかりのフレッシュなブランドの方にも、デザイントレンドを活用することは、ブランドを際立たせ、顧客に永続的な印象を与えるための簡単かつ効果的な方法です。しかし、トレンドのデザインはどれも素晴らしいものばかりで、どのスタイルが自社ブランドに適しているかを判断するのは、少し難しいかもしれません。そんなときは、商品パッケージのデザインを始める前に、いくつかの質問を自分に投げかけてみるとよいでしょう。

– どんな製品か?もちろん、製品の大きさや形状、用途などは、物流面で必要な情報となります。しかし、それをさらに細分化することで、どのようなデザインにするかのヒントを得ることができます。どんな素材でできているのか?香りやテクスチャーに特徴はあるか?上記のトレンドのように、パターンやイラスト、色使いなどのデザインは、単なる装飾ではないことが多いのです。

– 誰がその商品を買うのか?パッケージは理想的な顧客にアピールするものですから、デザインする前にその顧客が誰であるかを知ることが重要です。そこで次に必要なのは、ターゲットとなる顧客は誰かということです。彼らは何に価値を置き、何を必要としているのか?お年寄りなのか、若者なのか?環境に配慮しているのか?予算が限られているのか、それとも可処分所得が高いのか。理想の顧客像と彼らにとって何が重要なのかを明確にすることで、彼らの目に留まるようなデザインを選ぶことができます。

– あなたの売り手としての立ち位置は?最後に、自分たちがブランドとしてどういう立ち位置なのかを確認しましょう。魅力的なパッケージをつくっても、それがブランドの価値観や目的、個性を反映していなければ、シームレスなブランド体験を生み出すことはできません。奇抜なデザインを試みてはいけないというわけではありませんが、それはブランド全体のストーリーに沿ったものでなければなりません。遊び心があるのか、真面目なのか。贅沢なのか、コスト効率がいいのか。エネルギッシュなのか、ストイックなのか。そして最も重要なことは、あなたが何を支持しているかということです。

上記の質問に対する答えは、パッケージデザインのあらゆる側面(表札、ロゴ、コピー、カラー、素材、レイヤーなど)を導く青写真になります。

多くの消費者がオンラインショッピングが日常生活に役立つことを認識しており、Eコマースが私たちの多くにとって当たり前のものになることは間違いありません。また、Eコマースのパッケージデザインにも影響を与えており、今後も多くの美しいデザインのパッケージが家庭に届くことになるでしょう。

参考:5 Emerging Trends in E-commerce Package Design


この記事にあるように、いちばん大事なのは、ご自身で自問自答して答えを導いていくことです。必要であればデザイナーを入れるのもいいでしょう。重要なのは柔軟な判断のできる人がうまくいきやすいということです。何もかも誰かに頼るという姿勢が一番海外相手のときにはうまくいきません。

Shopify(ショッピファイ)の構築なら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブはイーベイ公認コンサルタントに認定されています。eBay出店やShopify(ショッピファイ)Magento(マジェント)ECストア構築・運営・集客サポートなど、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。開店、売上アップ、越境ECでお困りの方は何でもご相談ください。

Shopify(ショッピファイ)越境ECに関するご相談

お問い合わせ・ご相談

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時