jGrab

BLOG

Google(グーグル)、ECサイト向けテクニカルSEOのベストプラクティスを公開

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

越境ECを開始したら考えないといけないのは、多くの人に訪れてもらうこと。
それを早く実現するには、広告に多くの予算を投じるか、SEOを頑張るか、SNSで情報発信するか、などをしないとなりません。
この3つを見ると、広告はお金がかかるから難しい、SNSは手間がかかりそうで嫌、SEOが一番簡単そうというような安易な発想で、しかも自分でやるでもなく専門家に丸投げしてしまう人がいます。

しかし、SEOは一番地道な努力を要するもので、広告やSNSより時間がかかりますし、目を配る箇所が多い分野です。
そんなSEOですが、Google(グーグル)がECサイトのためのベストな方法を動画付きで公開していますので、ご紹介いたします。


Google(グーグル)、ECサイト向けテクニカルSEOのベストプラクティスを公開

Googleは、検索エンジンに正確な商品情報を提供するためのベストプラクティスについて、SEO担当者やeコマースサイトのオーナーにガイダンスを提供しています。Googleは、タイムリーで正確な商品データがあれば、買い物客が購入の意思決定をする際に役立つよう、検索結果に特別なフォーマットを適用することができます。Googleが商品ページに表示できるその他のデータには、評価、価格、在庫数などがあります。商品ページにこれらの情報が検索結果に表示されれば、GoogleからECサイトへのトラフィックが増加する可能性があります。Googleは、商品情報がある場合、Google画像、Googleマップ、Googleショッピングにも表示することができます。

Googleは、SEOやサイトオーナーがこの情報をGoogleに提供するための様々な方法について説明しています。まず、製品情報をGoogleに提供するために、なぜ追加の手順が必要なのかを見てみましょう。

製品データが他のデータタイプと異なる理由

Googleに製品情報を提供する際に、「なぜGoogleはこの情報を自分で取得できないのか」という疑問が出てきます。Googleは他の種類のコンテンツを自律的にクロールしてインデックスすることができますが、製品データは何が違うのでしょうか?

Googleが独自に製品ページから取得できない情報がいくつかあります。これらの情報は、構造化データマークアップ、製品フィード、または Google Merchant Center を通じてサイトから提供される必要があります。

Googleは、最も正確な情報を得たと確信した場合にのみ、検索結果に商品情報を表示します。
Eコマースサイトのオーナーは、Googleの検索クローラーが特定できないデータを検証するために、Googleを支援する必要があります。
そのようなデータの例としては、以下のようなものがあります。

  • 購入時の価格と割引後の価格
  • 関連商品と実際に販売されている商品の比較
  • 商品の価格と税金・送料の比較

これらの情報をGoogleに提供する方法は以下の通りです。

構造化データによる製品情報の提供

構造化データを使用することは、Googleがすべての製品の詳細を正しく理解するための1つの方法です。構造化データの使用方法はさまざまですが、最も一般的な方法は、JSON-LDでエンコードしたコンテンツとしてページに埋め込むことです。

構造化データの使用に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
構造化データ・マークアップ入門(英文)

Google Merchant Centerを通じた生産情報の提供

正確でタイムリーな商品データをGoogleに提供するもう一つの方法は、マーチャントセンターを利用することです。Google Merchant Centerに参加しているサイトがこの情報をGoogleに提供するには、さまざまな方法があります。

  • 構造化データを提供し、Googleがウェブサイトをクロールして発見します。
  • すべての商品データのフィードを手動で送信することができます。
  • 開発者は、API を使用して製品を個別に更新することができます。

Google Merchant Centerでの製品データの提供に関する詳細はこちら(英文)をご覧ください。

最後に

最後に、製品情報をGoogleに提供するためのさまざまな方法について、知っておくべきことをまとめます。

構造化データ。Googleが通常のクロールでデータを処理しますが、更新された情報が検索結果に表示されるまでに数日かかる場合があります。
製品フィード。製品データの更新が Google 検索に表示されるタイミングをサイトオーナーがより細かく制御できるようになります。
Content API。必要に応じて特定の製品を更新し、数分で更新が完了します。

最後になりましたが、Google は E コマースのオーガニック検索結果に表示されるためには SEO が重要であると強調しています。
「オーガニック検索ではSEOが依然として重要であることを忘れないでください。画像や説明文などの商品詳細を、お客様にとって魅力的なものにしましょう。」と。

以下の動画で確認できます(字幕を日本語にすることができます)

参考:Google Shares Technical SEO Best Practices For Ecommerce Sites


越境ECを行うことと、SEOを行うことは、ITの分野としてはまったく別です。
ジェイグラブは、越境ECのサポート、コンサルタントを行いますが、SEOのコンサルタントではありませんので、こちらに力を入れたいというときは相応の専門家をお探しください。
こうした作業を少し楽にできる方法があります。

それは、自社通販サイトと、海外のECモールを併用するやり方です。この記事の下の関連記事を御覧ください。

eBay(イーベイ)越境ECのことはご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。eBay(イーベイ)への開店、売上アップ、越境ECでお困りの方は、ぜひジェイグラブまでご相談ください。

eBay(イーベイ)・越境ECの相談

お問い合わせ

eBay(イーベイ)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

eBay(イーベイ)セミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時