jGrab

BLOG

SEO観点で見た越境ECパッケージ比較

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

海外に向けてモノやサービスをネットを用いて提供するのが越境ECですが、海外に売るためにはまず外国語で表記する事は必須です。あとは日本のやり方を押し通して、海外の消費者に強制することもできなくはないですが、それができるのは、相当なブランド力があり、海外消費者の方から「欲しくて欲しくてたまらない」と思われているような商材に限られるでしょう。

「買ってください」という姿勢でていくなら、やはり、海外の商習慣に合わせて作っていくのが定石です。
そうなると、海外の商習慣に最初から合っているECパッケージを使うべきです。でも安心してください。海外産でも日本語化はできているので、日々の運用で使う管理画面は日本語でできます。

その海外産ECパッケージにはいくつか種類がありますし、まず気になるのはSEOですよね。そこで、SEOの観点から見た場合のECパッケージ比較がまとまっていましたので、紹介いたします。


Eコマースのプラットフォームは非常に多くの種類があり、どれを選んだらよいか迷うことがあります。最も必要な機能だけでなく、プラットフォームが検索エンジンランキングに与える影響や、新しいプラットフォームへの移行の難しさなど、考慮すべきことはたくさんあります。

Shopifyは検討すべき明白なオプションのように見えますが、早まった決定をするのは間違いです。みんなが使っているからといって、Eコマースプラットフォームを選ぶことはないでしょう。

今日は、2種類のEコマースプラットフォームについて説明し、とりわけShopify、Magentoの最も重要な長所と短所を見つけ、それぞれのSEOと機能性を比較します。

セルフホスティングとマネージドホスティング

Shopify、Magentoの重要な機能について説明する前に、セルフホスティングとマネージドホスティングサービスについて説明します。

マネージドホスティングサービス

マネージドホスティングサービスは、ウェブホスティング、ショッピングカート、テクニカルサポートを含むeコマースプラットフォームです。このサービスは、技術的なスキルを持たないユーザーや、様々な技術的な障壁を乗り越えたくないユーザーに適しています。ご存知の通り、Shopifyは最も有名なマネージドホスティングプラットフォームです。

長所

・使いやすさ – 基本的なコンピュータスキルをお持ちであれば、マネージドホスティングプラットフォームの操作はそれほど難しくありません。
・テクニカルサポート – カスタマーサポートに優れたプラットフォームを選択すれば、ストアの技術的な側面について心配する必要はありません。
・バックエンドコストの削減 – マネージドホスティングプラットフォームでは、最先端のITチームを持つ必要はありません。その代わり、技術に精通した従業員がいれば十分です。
・手動アップグレードの必要がない – プラットフォームがすべてを管理しているので、ソフトウェアを手動でアップグレードする必要がありません。

短所

・カスタマイズオプションの制限 – eコマースプラットフォームを管理していないため、カテゴリのパーマリンクや特定のテーマ機能などのカスタマイズオプションに関しては制限があります。
・取引手数料 – 多くのマネージドホスティングサービスでは、販売ごとに取引手数料が発生します。
・グローバル企業には不向き – 世界中の消費者にサービスを提供することを計画している場合、マネージドホスティングプラットフォームでは対応できない可能性があります。
・ドメインの問題 – 一部のマネージドホスティングサービスでは、SSLの問題を避けるために、チェックアウトに自社のドメインではなく、プラットフォームのドメインを使用するようになっています(※Shopifyは独自ドメインを設定できます)

セルフホスティングサービス

セルフホスティングサービスは、ウェブホスティングを必要とするプラットフォームです。Magento上のストアは、ほとんどすべてのプロバイダで設定することができます。

長所

・好きなホスティングプロバイダーを選択できる – 規模の増大などでサーバーの許容量を超えた場合、大半のマネージドホスティングサービスにつきもののロックを心配することなく、簡単に新しいホストに移行することができます。
・カスタマイズの自由度が高い – プラットフォームを完全にコントロールできるため、好きなだけ広範なカスタマイズや調整を行うことができます。

短所

・初期費用が高い – セルフホスティング型のプラットフォームは、一般的に高価です。これは、技術的な知識を持った人が必要なためです。
・長期的なコストの増加 – ストアが成長すると、ホストのトラフィック増加に伴い、サーバーの引っ越しなどを検討することになるかもしれず、その場合多くのホスティング費用を支払う必要が出る場合があります。
・セキュリティ – 自身で運営するので、セキュリティが最高レベルであることを確認し、違反を避ける必要があります。または専門知識を持つパートナーが必要になる場合があります。

これらの知識を踏まえて、Shopify、Magentoを徹底的に見て、それぞれの機能を比較し、オンラインビジネスに最適なものを選択できるようにしましょう。

Shopify(ショッピファイ)―マネージドホスティング

Shopifyが起業家に推奨されている理由は、そのシンプルなインターフェイスと価格の安さにあります。ユーザーフレンドリーなテーマが豊富で、基本パッケージは月々わずか29ドルです。しかし、価格の安さに惑わされてはいけません。大規模な店舗であれば、月額300ドル近くはかかるでしょう。さらに、他のEコマースプラットフォームと同様に、Shopifyにも長所と短所があります。以下では、その中でもトップレベルのものをご紹介します。

長所

・パーマリンクのカスタマイズが可能(制限あり) – パーマリンクのカスタマイズが可能なことは、ShopifyのEコマースストアにとってSEO上のメリットとなります。これは、検索エンジンが関連するキーワードでより良いインデックスを作成するのに役立つからです。
・コンテンツを簡単に修正できる – ショップオーナーはコンテンツを簡単に修正することができ、ウェブサイトのマーケティングを簡単に行うことができます。Shopifyはカスタムタイトルタグ、カテゴリーページのメタディスクリプション、カスタマイズ可能なランディングページを提供します。
・SEOフレンドリー – ShopifyのSEOについては、マネージドホスティングのカテゴリーでは最高位にランクされています。
・決済代行会社との完全な統合 – Shopifyは決済代行会社と完全に統合されており、スピードチェックアウト機能を備えているため、お客様は長い読み込み時間をかけずに支払いを行うことができます。

短所

・商品やカテゴリーのパーマリンクのカスタマイズができない – パーマリンクのカスタマイズは可能ですが、商品やカテゴリーのパーマリンクのカスタマイズはできません。
・アプリを使用すると月額費用が増加する – Shopifyは1,000以上のアプリとの統合を誇っていますが、店舗オーナーは月額費用の増大なしにこれらの追加機能を使用できません。
・テーマをカスタマイズするにはLiquidの知識が必要 – コードを知っている人でも、Shopifyが採用しているLiquidに精通していなければ、Shopifyのテーマを広範囲にカスタマイズすることはできません。そのため、Liquidの専門家にカスタマイズを依頼した方が、より多くの費用をかけられるでしょう。

Magento(マジェント)―セルフホスティング

MagentoはEコマースビルダーでもあり、ウェブサイトビルダーでもあります。価格的には、何を望むかによって全く異なります。

長所

・究極の柔軟性 – Magentoはセルフホスティングのeコマースプラットフォームなので、カスタマイズに関しては完全な柔軟性があります。
・パーマリンクのカスタマイズが可能 – パーマリンクをカスタマイズすることで、EコマースストアのSEOを高めることができます。
・SEOフレンドリー – MagentoのSEOは、セルフホスティング型のカテゴリーでは最高位にランクしています。Magentoは非常に強力なURLカスタマイズ機能を提供しています。
・豊富な機能 – Magentoは、複数の通貨オプション、複数の言語、VIP価格など、他のプラットフォームでは見られない機能をEコマースストアに提供します。
・ビジネスの成長に対応 – eコマースサイトの成長には、プラットフォームの成長も欠かせません。Magentoは、最大で50万点の商品と1時間あたり数千件のトランザクションを扱うことができます。

短所

・高額 – コミュニティ版は安価ですが、エンタープライズ版は年間15,000ドル以上かかります。
・開発を要する場合 – Magento の使用中に問題が発生した場合や開発を求める場合、開発者に助けを求めるのは決して安くはありません。
・カスタマーサポート – Magentoのユーザーからは、Magento社のカスタマーサポートのレスポンスが遅いという報告がありますが、これはすぐに対応しなければならないことがある場合には問題となる可能性があります。(※結果として、信頼できるエージェントと組むのが良いと思います。)

参考:E-Commerce Platform Comparison: The SEO Perspective


今回紹介した記事は、実はShopifyとMagentoだけでなく、マネージドホスティングサービスではShopifyとBigCommerce、セルフホスティングではMagentoとPrestaShopの4つのサービスを挙げて比較しています。今回、BigCommerceとPrestaShopを取り上げなかったのは、日本に本格進出しておらず、利用している日本企業も少ないからです。

そして、この記事の最後にはSEOの観点から見た場合の比較結果として、
マネージドホスティングサービスではBigCommerceとなっており、いまのところ日本に本格進出していないBigCommerceのほうがSEOの観点ではShopifyより評価が高いようです。
セルフホスティングではMagento
に軍配を上げています。MagentoのSEOに対する強さは昔から定評があります。

Shopify(ショッピファイ)の構築なら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。Shopify(ショッピファイ)の構築、越境ECのことなら、私たちにご相談ください。

Shopify(ショッピファイ)のご相談

お問い合わせ

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時