jGrab

BLOG

越境EC ShopifyのためのGoogleアナリティクス

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

Shopify(ショッピファイ)は非常にとっつきやすいEC構築ツールであり、Amazonも脅かすほどの成長をしました。そして何よりユーザーにとって嬉しいのはEC経営者が自然と考えることを先回りして実装してくれている点です。例えばSNSやプロモーションに関して充実しているのは、そうした企業と友好的な提携関係を次々と結んでいるからです。

そんな友好的提携関係先のひとつにGoogleがあります。GoogleのサービスでEC経営者が導入しておきたいと考えるものの代表格と言えば、Google Analytics(グーグル・アナリティクス)という分析ツールでしょう。ShopifyはECについて考え抜かれたツールなので、正直言うと、Google Analyticsは実装していなくても十分な分析ツールがあります。しかし、Google Analyticsを入れると少し豊かになります。そこで、ShopifyにGoogle Analyticsを入れた時に知っておくべきことを紹介致します。

ShopifyのためのGoogle Analyticsで知っておきたいこと

“お客様の中で最も重要な人は誰だろう?”

クーポンなどを利用したものの、そのオンラインショップでは二度と買い物をしなかったという経験をお持ちの方なら、この質問の重要性をご理解いただけると思います。

最も価値のあるお客様を特定することで、マーケティング活動を微調整し、取引を求める人のコストを削減しながら収益性を高めることができます。

Shopifyのダッシュボードには、売上や商品データの概要が表示されていますが、これらの洞察だけでマーケティングに関する重大な決定を下すことには注意が必要です。

これらのパッケージ化されたレポートは、何十万人ものオンラインショップのオーナーが利用しています。また、競合他社も同じような分析結果に基づいて戦略を立てているはずです。

基本的なレポートでは、競争力を高めることはできません。

もしあなたがShopifyストアのSEO、コンテンツマーケティング、有料広告に投資しているのであれば、より強固なビジネスインテリジェンスが必要です。

それにはGoogle Analyticsが必要です。

このガイドでは、アナリティクスの専門家でなくても、Google Analytics 4を使って数分で専門家レベルのインサイトを収集する方法を学びます。

どのようなShopifyのマーケティング活動が、最も多くの売上をもたらしているのか?

Google Analyticsのレポートでは、どのようなマーケティング活動が最も多くの売上をもたらしているかを、高いレベルで把握することができます。

このレポートでは、ユーザーがどのようにして貴社のサイトにたどり着いたかを示しています。売上高、平均注文額、コンバージョン率などの指標に基づいて、各獲得チャネルがどのように評価されているかを見ることができます。

このレポートでは、マーケティング活動を強化(または削減)すべき特定のチャネルを迅速に特定することができます。

最もトラフィックをもたらしているオーガニックランディングページは?

Organic Traffic Landing Pageレポートでは、どのオーガニックランディングページが最もトラフィックをもたらしているかを確認することができます。このデータをもとに、コンテンツマーケティングのファネル(※文末で解説)を改善することができるでしょう。

売上アップの可能性が高いオーガニックランディングページとは?

SEOの成功は、最も基本的なレベルでは、価値の高いページへのオーガニックトラフィックが一定の割合で増加することで評価されます。

多くのマーケターは、「すべてのページ」レポートを開き、売上でソートします。しかし、どのオーガニックランディングページが売上を増加させるかを判断するには、もっと優れた指標があります。

購入対詳細率(または購入対閲覧率)レポートは、製品の詳細閲覧からユニークな購入への転換率を示します。簡単に言えば、購入率の高い商品ページに関連するトラフィックを増やせば、売上が増加する可能性が最も高いということです。

潜在顧客がどこにいるか

コンバージョンファネルの可視化レポートで、潜在的な顧客がどこで脱落しているかを把握することができます。

ここでは、ユーザーがチェックアウトフローのどこで脱落し、代わりにどのような行動をとっているかがわかります。これらのインサイトは、CVRの取り組みを改善するために利用できます。

これまでのユニバーサルアナリティクスでは、クライアントのアナリティクスアカウントでコンバージョンファネルを設定する必要がありました。

今は違います。GA4では、Explore(以前のAnalysis Hub)に新しいタイプのレポートがあり、過去にさかのぼって表示されます。

Shopifyでライフタイムバリュー(LTV)を正確に計算する方法

ユーザーの平均ライフタイムバリューを計算することで、ユーザーごとのCPA目標やROI目標の設定が容易になります。

例えば、あなたのShopifyストアの平均的な顧客が、サブスクリプションに年間1200ドルを費やし、平均3年間顧客であり続けた場合、ライフタイムバリューの合計は3600ドルとなります。

新しい顧客を獲得するために360~720ドルを費やすのは合理的です。なぜなら、その価値は長期的に見て利益をもたらすからです。

GA4で利用できるライフタイムバリューレポートは、どのキャンペーンがユーザーごとに目標とするCPAとROIの範囲内でパフォーマンスを発揮しているかを判断するのに役立ちます。

どのような人が一番興味を持っているのか?

カスタム・ユーザー・ジャーニー・レポートは、製品の購入に最も関心のあるユーザーと、最初のタッチポイントからゴールまでユーザーを導くためにマーケティング・チャネルがどのように連携しているかを示します。

このシンプルなレポートは、どのチャネルがトップオブファネルのイベントを促進しているのか、そしてそれらがローワーファネルの活動にどのように影響しているのかを素早く視覚化します。

カスタムユーザージャーニーレポートを作成するには、昔ながらのユニバーサルアナリティクス(GAスタンダード)を使用します。

GAのプロパティ設定でカスタムメトリクスを作成し、Google Tag Managerを使用してそれらのヒットをGAに送信する必要があります。

参考:Google Analytics for Shopify Stores: Everything You Need to Know

おわりに

この記事で何度か出てくる”ファネル”とは、マーケティングでよく使われる顧客に行動を起こさせるためのしかけを作り、お得意様を見つけ絞り込んで聞くもので、そのさまが漏斗(ファネル)に似ているのでそのように言われています。有名なものに以下のAIDMAモデルがあります。

  1. Attention – 注意
  2. Interest – 関心
  3. Desire – 欲求
  4. Memory – 記憶
  5. Action – 行動

Shopify(ショッピファイ)のことなら何でもご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)の構築から運営サポート、物流や倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。1社30分の越境EC無料コンサルテーションを実施中です。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

Shopify(ショッピファイ)に関するご相談

お問い合わせ・ご相談

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECオンラインセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時