jGrab

BLOG

ECに必要な7種類の画像とは

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

セミナーなどで繰り返し言っていることは、ECサイトはもはやレイアウトなどのデザインではなく、いかに目を引く写真を用意するかだと話しています。

もはや、準備されたデザインテンプレートの指示に従ってきれいな画像を当てはめていくだけで立派なサイトになります。現在のサイトの構成を見ると、HTMLやCSS、FONTなどは5%も影響を与えてはおらず、画像が50%、動画が30%となっています。

売上の良し悪しにデザインの良し悪しが強く影響するなど、そういった相関性を主張する話はほとんど聞きません。写真さえキレイであれば、それで良いデザインのサイトになると言っても、もはや暴論ではありません。

そこで、ECサイトに必要な7種の画像についてまとまった記事を紹介します。

Eコマースブランドが必要とする7種類の画像を紹介

ほとんどの企業がeコマースに移行し、消費者がウェブ上で見たものをもとに選択しなければならない現在、関連性のある高品質のビジュアルを選択することが成功の鍵となっています。

なぜかって?ある統計によると、63%の人が商品説明よりも写真の方が重要だと考えており、53%の人が評価やレビューよりも画像に注意を払うと答えているからです。

つまり、ビジュアルコンテンツの精選に時間を割いている企業は、オンラインでの消費者への訴求力が高まり、結果的にコンバージョン率が向上する可能性があるということです。そこで今回は、Eコマース企業が必要とする7種類のビジュアルのチェックリストを作成しました。

ウェブサイトの作成、商品パッケージのデザイン、季節のキャンペーンを行う際には、どのようなビジュアルを選ぶべきでしょうか?

ブランド・アイデンティティ・システムのイメージ

必要なビジュアル:ロゴ、ブランド・アイデンティティ・システムのその他の要素:アイコノグラフィ、タイポグラフィ、カラー・パレットなど。

新規に会社を設立する場合も、既存の会社を新たなレベルに引き上げる場合も、一貫した要素のシステムを備えたブランドブック(またはキット)の作成は必須です。まず最初に決めなければならないのは、ロゴとカラーパレットです。これらによって、競合他社に差をつけ、市場であなたのブランドを認知させることができます。

また、デザイナーやコピーライターなどのチームメンバーがオンラインでクライアントとコミュニケーションをとる際に使用する、1つか2つの補完的なフォントを選ぶこともお忘れなく。

視覚的な要素に加えて、ブランドブックには、企業のポジショニングの説明や、テキストとビジュアルの両方で使用する声のトーンを明記する必要があります。

イラストなどのビジュアル要素

必要なビジュアル:分解図や切断図を含む3Dレンダリングを含む製品イメージ、インフォグラフィック、ウェブサイトのヒーローイメージ、スムーズなナビゲーションのためのビジュアルエレメント、レビュー用イラスト、ブログ記事(編集コンテンツを含む)を説明するための画像、カスタマイズ可能なオンラインの「すぐに試せる」製品レンダリング、ハウツービデオなど。

ブランド・アイデンティティとポジショニングが決まれば、ウェブサイトの作成や更新を進めることができます。現代のオーディエンスは情報に溢れているため、ウェブサイトをユーザーフレンドリーなものにするだけでなく、視覚的にも魅力的なものにすることが非常に重要です。

感情的な反応は、理性的な反応の3,000倍の速さで起こるという統計があります。したがって、オーディエンスの意思決定に影響を与えたいのであれば、ウェブサイト上で親近感のある、感情に訴える本物のイメージを使って、クライアントとのコミュニケーションに最善を尽くすべきなのです。

ブランドブックを作成する際には、まず印象的なウェブサイトのヒーローイメージを選び、デザイナーには製品の3Dレンダリングやカットアウェイビューを作成してもらうとよいでしょう。

また、Webサイトでは、スムーズでインタラクティブなナビゲーションを実現することが重要です。そのためには、矢印やツールチップ、ボタンなどの視覚的要素を活用することが有効です。

もしリソースに余裕があれば、ハウツービデオやオンラインですぐに試せる製品画像を作成するのも良い投資となるでしょう。これにより、視聴者の意思決定を促進し、より早くコンバージョンにつなげることができます。

メールマーケティング資料

必要なビジュアル:ヘッダー、コンテンツグリッド、ボタン、アイコンなどを含むメールテンプレート、メッセージを説明し、強化するためのビジュアル(製品画像など)。

小売業でよく使われるメールチェーンの種類を1つ以上選びましょう。それらは、登録、注文と配送の詳細、アップセルとパーソナライズされたオファー、季節のセール、ニュースレターなどです。

メールマーケティング資料の作成には、いくつかの方法があります。社内のデザイナーやフリーランスのデザイナーに一から作成してもらうこともできますし、ストックライブラリーを検索して、メールマーケティングチームがキャンペーンを行う際に簡単にカスタマイズできる様々なモックアップを見つけることもできます。

また、メールを説明するためのビジュアルの選択も重要です。適切な画像を使うことで、視聴者の感情を惹きつけ、今年の目標であるお客様との感情的なつながりの確立を達成することができます。

製品パッケージを強化するためのベクターやイラスト

必要なビジュアル:カスタム配送用の箱や製品のラッピングを含むパッケージデザイン、製品パックに加えるグリーティングカードなど。

もしあなたが、カスタム製品パッケージのデザインにリソースを投資すべきかどうかまだ迷っているなら、有名ブロガーのInstagramアカウントやYoutubeチャンネルをサーフィンしてみてください。近年、「開封儀式」が大きなトレンドになっていることに気づくでしょう。2,200万回再生された「Samsung Galaxy Fold Unboxing」の動画はその一例です。

開封儀式が人気の理由は、顧客との実質的な接点となるからです。美しさ、珍しさ、意外性を備えた製品パッケージは、オーディエンスにブランドとのユニークな体験を提供し、高い評価を得ます。パッケージが美しいと、潜在的な顧客を既存の顧客に変えたり、既存の顧客にブランドへの忠誠心を持たせたりすることができます。

そして最も重要なことは、ストックイメージを使って、ユニークな商品パッケージやギフトカードをデザインできることです。

さまざまなプラットフォームでの広告用ビジュアル

必要なビジュアル:Facebook、Instagram、YouTube、Snapchatなどのプラットフォーム別ビジュアル

現在、広告のフォーマットやビジュアルの選択は、キャンペーンを実施する予定のプラットフォームによって決まります。例えば、Facebookには多種多様なフォーマット(フィード広告、カルーセル広告、インストリーム動画広告、マーケットプレイス広告など)があり、Youtubeに用意されているものとは異なっています。

整理するために、FacebookとInstagramによる広告ガイドラインと、YouTubeの広告ガイドラインを確認しましょう。

もうひとつの便利なツールはCrelloです。Crelloはグラフィックデザインエディターで、5万以上のすぐに使えるテンプレートが用意されており、カスタマイズしてダウンロードし、ソーシャルメディアでの広告や投稿、その他の宣伝材料に使用することができます。

また、サードパーティのプラットフォームで製品を宣伝することもできます。これは、App StoreやGoogle Play Marketにある、ユーザーには無料で提供されているものの、制作者が広告を掲載することで収益を得ているアプリなどが考えられます。

この場合、人気のある画像フォーマットは、バナー、インタースティシャル、オファーウォール、ネイティブアドなどです。

ソーシャルメディアのためのコンテンツ

必要なビジュアル:ブランドのプロフィール用のカバー写真やプロフィール写真、ショッピング可能な製品の投稿、ストーリーズ、YouTube動画などのプラットフォーム固有のビジュアル、ユーザー生成コンテンツ、異なるプラットフォーム用のアンボクシングビデオなど。

ソーシャルメディア上のさまざまなフォーマットの広告に加えて、ソーシャルメディアでのプレゼンスをサポートするためのビジュアルコンテンツが必ず必要になります。

時間とお金を節約するために、顧客に商品の写真を撮ってもらい、ソーシャルメディアでタグ付けしてもらうホリデー・マーケティング・キャンペーンを行うことで得られるUGC(ユーザー生成コンテンツ)を選ぶこともできます。

その代わりに、より多くのコンテンツを生み出すことを目的として、お客様にブランドからのお得な情報や特典を提供することができます。

その後、このコンテンツを再利用して、ソーシャルメディアで共有したり、自社ウェブサイトのブログ記事や第三者のプラットフォームへのゲスト投稿に活用したりすることができます。

オフラインキャンペーン

必要なビジュアル:パンフレットや印刷物のイメージ、イベント用のブランドウォールデザイン、屋内外の広告イメージ、インテリアデザイン要素(ポップアップストアのケース)など。

昨年、世界が急速にデジタル化したにもかかわらず、オフラインでの広告やキャンペーンの実施は、一部の人にとってはまだ意味があります。これが意味するところは、たとえEコマースブランドであっても、広告、インテリアデザイン要素、または印刷された配布物など、顧客とのオフラインの接点を持つべきだということです。

ここでは、オフラインでのコミュニケーションに必要な画像の種類について詳しく見ていきましょう。例えば、パンフレットや印刷物、屋内外の広告などのデザインには、すぐに使えるモックアップや、人物が写っている写真やイラストなどが必要です。

そうすることで、時間を節約しつつ、ターゲットに親しみやすいコンセプトを伝えることができます。

さいごに

完璧な画像を選ぶのは時間のかかる大変な作業のように思えるかもしれませんが、長い目で見れば必ず利益になるということを常に念頭に置いておくべきでしょう。視覚的な学習者が多いこの世界では、関連性のある高品質なコンテンツに投資することは、有益な戦略となります。

感情を呼び起こすような親しみやすいイメージを目にすることで、顧客はより迅速に意思決定を行うことができ、製品やコミュニケーション方法を高く評価してくれる支持者のコミュニティを確立するチャンスを得ることができるのです。

参考:Here are 7 types of images every eCommerce brand needs

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時