jGrab

BLOG

越境ECの実証済みSNS(ソーシャルメディア)戦略3つの方策

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

自社ドメインの越境ECサイトは作っただけでは人は来ませんので、訪問してもらうための戦略を取らねばなりません。そのひとつとしてSEOやリスティング広告があります。しかし、11年前に既に検索エンジン経由でサイトに来る人と、SNS(ソーシャルメディア)経由でサイトに来る人が互角となっているので、SEOに力をいれても半分の人にはなんの効果もありません。また、海外の人はSNSに費やす時間が日本人の3倍以上ありますので、SNSに力を注がねば結果は出てこないと言えるでしょう。そしてSNSは人の情感を揺さぶるツールですから、アカウントさえ作って適当に1日1回つぶやいとけば人がわんさと集まってくるなどというムシのいい話はありえないのです。とても地道な活動が重要です(最近のSEOも同じです。楽して大きなリターンを得られるという誤解がどうも日本の事業者には蔓延しすぎています)。

今回は実証済みのeコマース向けSNS戦略3選を紹介します。


SNSをECに活用するための3つの実証済み戦略

多くの小売業者がオンライン化を進める中、Eコマース業界は高い競争力を持つようになりました。2022年には、世界のEコマース市場は5.4兆ドル規模になると見られています。2020年の米国の消費者がオンラインで支払った金額は8,611億2,000万ドルでした。また、Statistaによると、2021年末までにEコマースの売上の73%がモバイルで行われるとのことです。

最近の消費者は、SNSで推奨されるものをもとに購入を決定しています。約57%の消費者は、新製品や新サービスの情報を得るためにSNSでブランドをフォローしています。また、47%は企業の最新情報を得るためにフォローしています。

このように、SNSは E コマースマーケティングに不可欠な要素となっています。SNSを活用した効果的なEコマース戦略は、Eコマースビジネスのマーケティングに役立ちます。ターゲット層にリーチし、ブランドの認知度を高め、オンラインストアの売上を上げることができます。ここでは、そのために必要なことをご紹介します。

1.ソーシャルメディア広告の活用

SNSに対する世界の広告費は、2021年末までに1100億ドル以上になると見られています。また、マーケティング予算に占めるSNS上の広告の割合は、2023年までに倍増する見込みです。SNS広告は、年齢、性別、場所、収入、興味、言語などの次元でターゲットを絞ることができます。

Facebook
Facebook(フェイスブック)は、Eコマース広告キャンペーンの成功に重要な役割を果たしています。平均して、Facebookユーザーは毎月12の広告をクリックしています。FacebookのEコマース・マーケティング・キャンペーンに最適な広告タイプは、ダイナミック広告、コレクション広告、ビデオ広告、ドメイン広告、メッセンジャー広告、インスタント・エクスペリエンス広告、リード広告、カルーセル広告、オファー広告です。

Instagram
Instagram(インスタグラム)の広告は、オンラインビジネスが公開する有料の画像や動画の投稿です。インスタグラマーの約50%が、インスタグラムの広告を見て商品やブランドに興味を持っています。インスタグラムの広告には、写真広告、動画広告、カルーセル広告、コレクション広告、ストーリー広告、アドベンチャー広告など様々な種類があります。

Snapchat
Snapchat(スナップチャット、米国でNo.1のTiktokのようなもの)を使って広告を作ることもできます。Snapchatで有名な広告フォーマットは、スナップ広告、ストーリー広告、コレクション広告、またはコマーシャルです。

Pinterest
Pintarest(ピンタレスト)は近年ビジネスにとって価値のあるプラットフォームとして成長しています。プロモーションピンやPinterestショッピング広告を使って、潜在的な顧客と関わることができます。

YouTube
YouTube(ユーチューブ)には毎月約20億人のユーザーが訪れています。YouTube広告では、リーチを拡大し、高度なターゲティングで潜在顧客を見つけ、広告をカスタマイズすることができます。YouTube広告の主なフォーマットは、ディスプレイ広告、オーバーレイ広告、スキップ可能な動画広告、スキップ不可能な動画広告、バンパー広告、スポンサーカードです。

費用対効果の高いマーケティングを行うためには、広告費用に対するリターンを計算する必要があります。ROASを知ることで、主要な意思決定者は、より大きな視点で、広告キャンペーンの「効果」を測定することができます。

2.インフルエンサーとのパートナーシップ

Twitter社とAnnalect社の共同調査によると、約40%の消費者が、SNSプラットフォーム上でインフルエンサーが使用し、推奨しているのを見て、オンラインで商品を購入しています。

特定のニッチな分野で高い評価を得ているインフルエンサーのフォロワーを活用することで、ターゲット層にリーチし、ブランド認知度を向上させることができます。ここでは、インフルエンサーとのコラボレーションに利用できるアイデアをいくつかご紹介します。

・インフルエンサーに貴社の製品を試してもらい、その率直な意見をフォロワーと共有してもらう。
・インフルエンサーに貴社の製品を紹介してもらい、そのコンテンツに割引コードを入れてもらうことで、フォロワーが購入時に何パーセントかの割引を受けられるようにする。
・「#SassyShoeSunday」、「#BlackFriday」、「#TacoTuesday」など、インフルエンサーキャンペーン用のキャッチーなハッシュタグをつける。
・インフルエンサーを使ったコンテストやプレゼントキャンペーンを行う。友達のタグ付け、コンテンツの共有、投稿への「いいね!」など、フォロワーへの指示を明確にしておきましょう。
・自身のEコマースビジネスに関係のないインフルエンサーとのQ&Aセッションをソーシャルメディアで開催する。

このように、インフルエンサーと提携することで、有料広告よりもインフルエンサーによる推薦の方が信憑性が高く、視聴者を惹きつけることができるため、Eコマース事業に大きな効果をもたらすことができます。

また、競合他社の製品を宣伝しているインフルエンサーを探したり、ニッチな分野で人気のあるインフルエンサーをターゲットにしたりすることもできます。Followerwork、Upfluence、BuzzSumoなどの人気のインフルエンサーマーケティングツールは、マーケティング目標に応じてインフルエンサーを特定するのに役立ちます。

3.ソーシャルショッピングのためのオプションを提供

ソーシャルコマースは、Eコマース事業者がSNSのプラットフォーム上で商品を宣伝・販売するための新しい方法です。SNSプラットフォームから買い物をするためのオプションを提供することで、潜在的な顧客を獲得するための方法を生み出します。ここでは、ソーシャル・ショッピングで顧客を獲得するための革新的な方法をご紹介します。

・Facebookのビジネスページにショップタブを作成し、潜在的な顧客がFacebookから直接購入できるようにする。
・Facebookショップを作成して、FacebookとInstagramの両方で商品を紹介する。これにより、顧客は商品を閲覧し、注文することができます。お客様がアプリを離れることなく購入できるように、チェックアウトオプションを確実に有効にします。
・Facebookの新しい「ライブショッピング」機能を利用する。これにより、ブランドはリアルタイムで商品を紹介し、お客様の質問に答えることができます。
・Instagramのショッピング機能を利用して、Eコマース企業が投稿に表示されている商品をタグ付けできるようにする。また、Instagramのバイオセクションにショッパブルリンクを提供しましょう。
・Pinterestが最近追加した「Shop」タブを使って、ユーザーが在庫のある商品を検索・確認できるようにします。このタブは、Eコマースサイトのチェックアウトページに直接リンクしています。
・Pinterestで購入可能なピンを設定し、潜在顧客がPinterestから直接商品を購入できるようにします。
・Twitterのbuy nowボタンを利用すれば、特定の商品をツイートから直接販売することができます。
・WhatsAppでも、ユーザーがFacebook Shopsで商品をチェックし、チャットオプションで商品を購入できるようになります。ソーシャルショッピングプラットフォームを組み合わせて活用することで、商品のリーチを増やすことができます。

※これらの機能は日本からだとまだ難しい部分が多いです。

ブランドロイヤリティが重要

Eコマースを行う小売業者の目的は、できるだけ多くの商品を販売し、ロイヤルティの高い顧客基盤を作ることです。まだSNSをビジネスの成長に活用していないのであれば、SNSマーケティングのメリットを活用することから始めましょう。SNS広告、インフルエンサー・マーケティング、ソーシャル・ショッピングは、潜在的な購買層に破壊的でない方法でアプローチするためのトップ3の方法です。

参考:3 PROVEN STRATEGIES TO USE SOCIAL MEDIA FOR ECOMMERCE MARKETING


この3つのうち、最後のソーシャルショッピングは、まだ日本からだと機能的に不安定でうまく行かない部分が多いようですが、1と2は積極的に検討していいと思います。

越境ECのことなら何でもご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)を活用したECサイト構築、海外ECモール eBay(イーベイ)、Amazon(アマゾン)、Shopee(ショッピー)、Lazada(ラザダ)、淘宝網(タオバオ)、T-Mall、B2Bオンライン展示会のAlibaba.comなどの開店と運営、物流、倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

越境ECの集客・販促・マーケティングのご相談

お問い合わせ・ご相談

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECオンラインセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時