jGrab

BLOG

5兆ドルに迫る2021年のeコマース

ジェイグラブの横川です。

先週はコロナ前の2019年とコロナ真っ只中の2020年を比較したデータを紹介しましたので、今回は今年、2021年がどんな年になるかを予測したデータを紹介いたします。


2020年は小売業にとって厳しい年だったにもかかわらず、世界の小売eコマースの売上高は27.6%の成長率を記録し、売上高は4兆ドルを大きく超えたと予測されています。これは、世界のeコマースの成長率が16.5%に減速するとしていたeMarketer社の評価から大幅に上昇したことを示しており、消費者のeコマースへの移行が顕著に進んだことを示しています。

世界の実店舗小売総売上高が3.0%減少し、世界各地で景気後退の影響が出たにもかかわらず、2020年のeコマースはパンデミック前の予想を上回る業績を達成しました。

“Insider Intelligence の eMarketer 予測ライターの最新レポート「Global Ecommerce Update 2021」の著者でもあるイーサン・クレイマー=フラッドは「2020年は多くの指標が前倒しされ成長したが、実店舗での取引も比較的正常化した1年となっているため、引き続きeコマースは期待されつつも、2021年の成長率は少し減速するだろう」と述べています。

今年の世界的な成長率は14.3%と予測しており、2019年の20.2%、昨年の27.6%に比べれば比較的低い数字ですが、それでも6,110億ドルも高い状態です。

2018年の時点では、世界のeコマースの売上高はまだ3兆ドルを超えていませんでした。2020年には4兆ドルのラインが簡単に突破され、2022年には5兆ドル、2024年には6兆ドルが達成されると予測しています。2020年には、全小売売上の18.0%がeコマースを介して行われました。2024年にはその数字は21.8%に達すると見込まれています。

参考:Worldwide ecommerce will approach $5 trillion this year


いかがだったでしょうか。
成長率は少しにぶると予測されていますが、それは昨年が異常な成長をしたためで、それと比較したら下がるのは当たり前です。実際には2019年と比較すると依然として高いままで、取引高は昨年より上がると予測されています。つまり、ECはもはや生活標準になったということです。ここにテコ入れしないと企業の存続は難しいということですね。

越境ECの集客・販促・マーケティングなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。越境ECでお困りの方、集客・販促・マーケティングに関してはジェイグラブまでご相談ください。

越境ECの集客・販促・マーケティングのご相談

お問い合わせ

越境ECの集客・販促・マーケティングお役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時