CONTACT

BLOG

売れる自社サイトを作るコツはECモールとの併用にあり

こんにちは!ジェイグラブの山田彰彦です。

ECzine 浦澤 修さま(ライター・編集/株式会社オージャパン代表取締役)に取材いただきました インタビュー記事 が公開されました。

コロナ禍が越境ECにどのような影響を及ぼしているのか、海外での通販利用は増えているのか?日本から海外に配送できますか?失敗と成功されている方の違いはありますか?などお話しをさせていただきました。

現在の状況ですが、インバウンド激減から越境ECが再び世界各国で注目され、既存の越境ECショップの売上は相対的に良く、国際配送が追いつかない事業者もいるくらいなのですが、売上が伸びないショップ様もいらっしゃいます。

商品や価格の問題だけでなく、越境ECサイトに手を入れない、放置気味になされる事業者は、やはり厳しい状況です。成功事例でよく出てくる『自動販売機』のように毎日継続的に売れている事業者ですが、そこまで行き着くまでに大変な苦労と努力、期間の積み重ねをされています。

売れているサイトや商品を真似れば自分も成功できる…!実際にやってみると結果は一目瞭然、そこで事業が詰まってしまうケースも多々あります。成功されている事業者の真似をすることは悪いことではないのですが、簡単に達成できない深い理由があるわけです。

『売れる自社越境ECサイト』を作るコツは様々あるのですが、まず一番重要なのは集客です。どうやって本店の越境ECサイトに見込み客を連れてくるのか、SNS?リスティング広告?インフルエンサーマーケティング?どれも間違いではないのですが、まず最初に行っていただきたいのは、グローバルECモール(eBayなど)との併用販売です。これを意外にご存知ない方が多い。

私が勝手に言いまわっているのではなく、あのNIKEですら支店としてECモールに出店しているわけです。どんなに有名なブランドさんでも、高いテナント料を覚悟の上でリアルの百貨店に出店され、新たな出会いを求め新規顧客を開拓する、購入者としても信頼できる百貨店でしか購入しない方、何かあれば百貨店に文句を言えばなんとかしてくる、返品返金がスムーズであり、これは通販事業においても同じことなのです。

一度購入して安心されれば、フルセレクションを揃えた本店購入での確度も高まるとう流れです。越境ECは仮想ショップではあるのですが、リアル販売に近い考え方をもって運営すると比較的うまくいくのではないでしょうか。さらに詳しいことは取材記事をお読みいただき、一つでも越境EC運営の参考になれば幸いです。

ジェイグラブは、累計1,000社を超える支援件数と、20年以上の越境EC経験を誇る越境ECの専門家やコンサルタントが、お客さまの越境ECビジネスを「コンサルティング 」+「 越境ECサイト」の両軸で、売上アップのための開店・集客・運営支援をしっかり伴走サポートします。補助金利用もお任せください。

【取材記事】コロナ禍のインバウンド激減で越境ECが再注目!売れる自社サイトを作るコツはモールとの併用にあり

越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。越境ECでお困りの方は、ぜひジェイグラブまでご相談ください。

越境ECのご相談

お問い合わせ

越境ECお役立ち資料

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中

セミナー申し込み

お気軽にご相談ください。

03-5728-2095

平日10時~22時 土•日•祝日10時~20時