jGrab

BLOG

ヨーロッパはショッパーテイメントでウィンフルエンスする

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

いきなりルー大柴みたいな見出しですみません。しかもショッパーテイメントってなんやねんと思われたかと思います。

ちなみにウィンフルエンスはインフルエンスの書き間違いではなく、最近海外で生まれた造語です。もちろんWinとInfluenceをかけてます。

ヨーロッパでもライブ配信が受け始めてきているようです。しかし、中国やアジアとはすこし異なる側面も。そこで、本日はそうした面をクローズアップします。


ヨーロッパのECは、ショッパーテイメントとライブストリーミングで成長する

Shoppertainmnent、アジア発のエンターテイメントと電子商取引を組み合わせた仕組みは、ヨーロッパの消費者の目もキャッチしており、次の大きな波になる可能性があります。

Forrester と AliExpress による調査によると、英国、スペイン、フランス、ポーランドで調査した14,460 人の調査対象者中の 70% がこの新しい形に興味を表明したことがわかりました。

アジアでのShoppertainmentは、商品のデモンストレーション目的で写真や短いビデオで始まり、まもなくして顧客のエンゲージメントを高めるために、アプリ内ゲーム、ライブストリーミング、3Dショッピングなどのインタラクティブな要素がすぐに追加されました。

これらのテクノロジーやデジタル・イノベーションは、顧客に没入感を与え、パーソナライズされたショッピング体験を提供する上で非常に効果的です。

例えば、イケアなどのブランドは昨年、アリババの3Dショールーム技術を活用して、買い物客向けにイケアの店舗全体のバーチャルウォークスルーを作成しました。イブサンローランやエステローダーなどの化粧品ブランドは、今年の国際女性デーセールに向けて、ライブストリーミングを活用してTmallでベストセラー商品のプロモーションを行いました。

レポートでは、ヨーロッパにおける最近のショッパーテインメント、特にライブストリーミングの導入に焦点を当てています。これは、消費者がオンラインショッピングでよくある、信頼感、価格設定、空間的な即時性の欠如、商品の一人称視点などの問題点を解決するための実用的なソリューションだと考えているからだと述べています。

eコマースプラットフォーム上でのライブストリーミングは、ブランドとターゲットとなる消費者の間に文字通りの対話を生み出し、ホストがリアルタイムで質問に答えます。多くの場合、高いレベルのインタラクティブ性により、消費者の関心を即座に引きつけ、売上を上げることができます。

新型コロナパンデミックの間、ヨーロッパ市場ではショッパーテインメントとライブショッピングの価値が明らかになりました。

閉鎖中の店舗や道路が通行止めになる中、調査対象となった消費者の31%がオンラインでの購入が大幅に増加したと回答しています。

さらに、これらのオンラインショッピング利用者のほぼ半数が、パンデミック期間中も継続してショッパーテインメントコンテンツを消費していたと報告しており、インタラクティブでコンテンツを中心としたショッピング体験を取り入れようとする新たな行動の変化を強く示していると報告書は述べています。

「ヨーロッパの電子商取引ではショッパーテインメントのトレンドが台頭しており、企業は消費者に提示するコンテンツが関連性があり、信頼でき、娯楽性のあるものであれば、成功へ一歩先を行くことができるでしょう」と調査会社のアナリストは述べています。

例えば、中国では、ライブストリームのeコマースが最初に登場した国だが、ライブストリーミングは2023年までに1,000億人民元の市場になると予測されています。

中国や東南アジアの視聴者はミレニアル世代やGen-Zの若者が中心だが、ヨーロッパでのライブショッピングの主な牽引役は32歳から43歳までのより成熟した年齢層である。

さらに、ヨーロッパの消費者は、主要な商品情報やお買い得情報を得るために、10分未満のライブストリーミング動画を視聴することを好んでいます。ライブストリーミングを利用したショッピングで最も人気のあるカテゴリーには、電子機器、ファッション、化粧品などがあります。

「ヨーロッパでのビジネスチャンスを探る際には、各国の消費者に適切なメッセージを提供するために、各国の違いを調べることが重要です」

調査のもう一つの重要な発見は、ヨーロッパでの成功への道は一本道ではなく、市場の関心や傾向は各国で異なるということです。

例えば、イギリスの消費者はモバイルフレンドリーで信頼できて面白いコンテンツを重視し、フランスの消費者は簡潔でインフルエンサーに支持されているコンテンツを好んでいます。スペインの消費者は、お得な情報や実用的な情報を求め、ポーランドの消費者はホストや他の顧客との交流を最も重視しています。

参考:SHOPPERTAINMENT & LIVESTREAMING GAIN STEAM IN EUROPE’S E-COMMERCE


この記事の中にある、「消費者に適切なメッセージを提供するために、各国の違いを調べることが重要」という部分、しっかりゴールを決めて伝えたい相手を定めて、的確な情報を提供することが「ウィンフルエンス」であると定義づけられています。「提供する」は自身が発言者になるという意味だけでなく、KOLに提供するという意味も含まれています。

これらをしっかり行って、ウィンフルエンサ―になることが成功への道となりそうです。

越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。越境ECでお困りの方は、ぜひジェイグラブまでご相談ください。

越境ECのご相談

お問い合わせ

越境ECお役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時