jGrab

BLOG

ベトナム、EC収益に課税の方針

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

4月6日にベトナム政府がECに関する新たな税制を検討しているというニュースをお知らせしましたが、その骨子が決まったようですので、お知らせします。
参考:ベトナム、ECに関する税制のドラフトを作成中


ベトナム 電子商取引の収益に課税する方針

ベトナムでは、伝統的な小売業者とオンライン小売業者の間の公平性を高めるために、1億ドン(約50万円)以上の年間電子商取引収入の1.5%を課税する計画です。
新しい規制を盛り込んだ政令は8月1日に発効する予定ですが、当局は電子商取引プラットフォームに課税制度の準備のための時間を与えるかもしれないと述べています。

電子商取引プラットフォームは、加盟店、収入、銀行口座、商品の種類などに関する月次報告書を当局に提出する必要があります。

税務当局は以前、現行の課税制度は、他の諸経費を支払わなければならない従来の販売者にとっては不公平であり、一方でオンライン販売者はいくつかの税金を免れていると述べていました。

また、電子商取引プラットフォームを通じた販売者への課税は、禁制品や偽物の販売を防ぐのにも役立つだろうと述べています。

Vietnam e-Commerce and Digital Economy Agencyによると、ベトナムの電子商取引市場は昨年18%拡大して118億ドルとなり、東南アジアでは唯一、電子商取引の流行の中で2桁の成長を記録した国となりました。

参考:Vietnam gets set to tax e-commerce revenue

(2021年6月24日追記):この税金の納税者をどう規定するかという部分で、ベトナムとしてはマーケットプレイスに納税させるのは難しいだろうという見解を示しています。つまり、EC事業者に納税させようという考えを持っているということですね。欧米ではマーケットプレイスの場合はマーケットプレイスに納税させると法制化しましたが。


この骨子はベトナム国内の事業者に対してが中心になっており、日本から越境ECで販売する場合については不明です。
しかし、現在ベトナムで展開する多くの事業者様は、ベトナムに在庫を置き、そこでEC展開する方が多いので、その場合、この法律の影響を受ける可能性があります。詳細は現在ベトナム現地進出型でサポートしている事業者様に確認されるといいでしょう。

越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)を活用したECサイト構築、海外ECモール eBay(イーベイ)、Amazon(アマゾン)、Shopee(ショッピー)、Lazada(ラザダ)、淘宝網(タオバオ)、T-Mall、B2Bオンライン展示会のAlibaba.comなどの開店と運営、物流、倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

越境ECの相談(eBay、Amazon、Shopify、Magentoなど)

お問い合わせ・ご相談

越境ECお役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECオンラインセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時