jGrab

越境ECブログ

ツイッター、Shops機能のテスト開始!

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

昨年9月にツイッターがコマース事業の最終局面に入ったとお伝えしましたが(下記「関連記事」参照)、Shopsとい命名された機能として、現在βテストに入っているとロイターが報じています。まずは米国のiPhoneユーザーからとのことですが、ここから一気に広がるでしょう。特に日本はツイッターが一番使われているSNSですので、ツイッター社もそこを見逃すはずがありません。

さらに興味深いのが、中国に先行され、欧米では遅れを取っているライブコマース機能も本格的に実装するようで、この機能がうまく使われるようになれば、欧米でもインフルエンサーによるライブコマースが完全に主流になるかもしれません。

ツイッター、ECの成長を目指す「Shops」機能のテストを開始

ツイッターは、SNSで450億ドルの米国市場の一部を獲得するために、企業がプロフィール上で最大50の販売商品を紹介することを認める実験を行うと9日に発表した。

Metaが所有するFacebookとInstagramは、ソーシャルコマースのリーディングカンパニーとして、売り手が仮想店舗を立ち上げて商品を販売することを可能にしてきた。

先日紹介したツイッターShopsのモックアップの画面

ツイッターのShopsのベータテストは、米国内の一部のビジネスで実施され、ツイッターのiPhoneアプリを使用している人から見えるようになるとのことです。

テストパートナーの1つであるベライゾンは、9日にベライゾンのツイッターShopsでiPhoneケースとワイヤレス充電器を紹介しました。

ツイッターで商品を見た後、ユーザーは販売店のウェブサイトにリダイレクトされ、決済をすることができます。

この試みは、ツイッターが昨年からテストしている、販売店がツイッターのプロフィールのトップに最大5つの商品を紹介できる機能を発展させたものである。

さらにツイッターは、ライブストリーム・ショッピングの実験も行っており、販売店による商品紹介のライブビデオを見ながら、衣類やアクセサリーなどの商品を購入することができるようになります。

参考:Twitter begins testing ‘Shops’ feature to grow ecommerce

終わりに

下記の「関連記事」で過去にお知らせしましたように、日本人は極端にインフルエンサーを信用しないことがわかっていますが、世界はそこまでひどくありません。今後はライブコマースも本格的にできる社内人材を揃える必要があるのではないかと思います。


無料で越境ECのお役立ち資料もご案内しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

【無料】越境ECお役立ち資料ダウンロード

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

KEY WORDS

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時