jGrab

越境ECブログ

現代の商取引&越境ECにおいてSNSコンテンツが重要な理由

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

日本ってすげえ系のメディアに毒されてしまうと、日本のものはみんなが欲しがっている、日本のものならすぐに売れるという、とんでもない勘違いを引き起こし、数カ月後の自分はハーレムの真っ只中にいるという、漫画みたいな未来を描いてしまいます(とりあえずカウンセラーに会っときましょう)。

まず、商売はお金ではありません。「信用」です。日々使用している通貨さえも信用で成立しています。この信用が世界の人の間にあるかどうかを考えましょう。「日本製」という信用は先人の努力のおかげで確立されています。しかし、具体的な商品となると、また別です。

まず、自分自身や売りたい商品に信用が備わっていないというスタート地点にいるのだという自覚を持つことかが重要です。そうなれば、数カ月後のハーレムなんてほぼ100%ありえない事がわかるでしょう。

まず認知度を上げる事が重要です。でもお金がない。
さぁ、そこで松下幸之助の言葉を思い出しましょう。

「知恵を出せ。それが出来ない者は汗をかけ。それが出来ぬ者は去れ」

お金がなくてもできることはあるのです。それが、まさにSNSです。このSNSのコンテンツがいかに売上に影響するか、そういう時代です。


SNS現代の商取引においてコンテンツが重要な理由

リアルなショッピングモールに買い物に行ったときのことを思い出してください。実店舗に入り、通路から商品を選び、売り場でチェックアウトする。しかし、今は違います。消費者は、いつでもどこでも、よりカスタマイズされたショッピング体験を求めるようになったからです。そこで登場したのが、ソーシャルコマースです。

ソーシャルコマースとは?

アクセンチュアによると、ソーシャルコマースとは「ソーシャル体験とeコマース取引の統合を、単一のプラットフォームで実現し、購入までの経路を一本化すること」だそうです。TikTokの北米ソリューション担当のサンディ・ホーキンスは、ソーシャルコマースについて「ステロイドの口コミ」と表現しています。

ソーシャルコマースが他のeコマースと大きく異なるのは、小売業者やブランドから人々への根本的なパワーシフトであることです。ソーシャルコマースは、ソーシャルメディアを活用することで、信頼できる人からの商品やサービスを求めるようになり、より充実したショッピング体験を提供します。

ソーシャルコマースの爆発的拡大

ソーシャルコマースも例外ではありません。アクセンチュアは、ソーシャルコマースは2025年までに3倍近い1.2兆ドルに達し、eコマース支出全体の約17%を占めると推定しています。

米国では、ソーシャルコマースは2025年までに2倍以上の990億ドルに達し、家庭用装飾品、アパレル、家電製品などの業界に最大のビジネスチャンスがあると言われています。しかし、インスタグラムやTikTokのようなプラットフォームで、発見、エンゲージメント、購買を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。その秘密兵器が、コンテンツなのです。

なぜコンテンツがEコマースにとって重要なのか?

インスタショップでパーソナライズされたおすすめ商品を見るにせよ、スナップチャットでショッピング可能なショーに参加するにせよ、ユニークなコンテンツはブランドを際立たせます。それは、コンテンツがエンゲージメントとコンバージョンを促進するからです。しかし、それ以上に、消費者とつながり、価値ある情報を提供し、長期的な関係を築くことが重要なのです。

消費者は、フィード広告、ライブストリーミングフィード、インフルエンサーの投稿などを通じて商品を発見しています。そのため、ソーシャルコマースで収益を上げるには、ブランドは注目される必要があります。インタラクティブな画像であれ、TikTokでの流行のダンス動画であれ、説得力のあるビジュアルコンテンツが王道です。また、消費者は、ユーザー生成コンテンツ、ライブビデオ、レビューを紹介する詳細な製品情報を期待しています。最終的に、ソーシャルコマースは、適切な顧客に適切なオファーを適切なタイミングで提供することで、購買行動を加速させることができます。

ソーシャルコマースのメリットとは?

ソーシャルコマースは、企業があらゆる年齢層の消費者の注目を集めることができる、またとない機会を提供するものです。10歳以上の年齢層に対してブランド認知度を高めることができるのは驚異的です。このユニークな機会について考えるとき、ソーシャルコマースの利点をいくつか挙げてみましょう。

顧客とのエンゲージメントを高める。

ソーシャルコマースは、ブランドと潜在的な消費者の間に双方向のコミュニケーション・チャンネルを開きます。ユーザーは、ソーシャルメディア上のレビューや過去の顧客のコメントを読む可能性が高く、貴社の信頼性をさらに高め、十分な情報を得た上での意思決定を支援します。さらに言えば、インスタグラムのようなサイトは、シームレスなショッピング体験の構築を支援します。そのため、ユーザーは数回クリックするだけで、プラットフォームから移動することなく、インスピレーションから購入に至ることができるのです。

一貫したオーディエンス構築

一貫した視聴者の構築は、ソーシャルコマースの背後にある第一の目標です。インスタグラム、TikTok、その他のソーシャルネットワークには、毎日新しいユーザーが参加しています。例えば、2021年には、1分間に400人のユーザーがフェイスブックに登録していると推定されています。適切な手法でユーザーとつながることで、ユーザーのブランドへの共鳴を促します。その結果、彼らは御社の製品を勧め、最終的に購入に至る可能性が高くなります。

購入の可能性が高くなる

人々がより頻繁にソーシャルメディアを使用することで、彼らはより多くの時間をショッピングに費やしています。スプラウト・ソーシャルの調査によると、71%の消費者が過去1年間にかつてよりもソーシャルメディアを利用し、34%がブランド、製品、サービスについて知るためにその時間を使っていることを認めています。つまり、ソーシャルコマースは認知度を高めるだけでなく、ユーザーが購入する可能性を高めるのです。調査対象者の80%は、ブランドへの親近感からソーシャル上で商品を購入する可能性が高いと回答しています。さらに、ソーシャルメディアに費やした時間と、ブランドへの親近感に基づく購入の可能性には、正の相関関係があるというデータもあります。

さいごに

ソーシャルメディアの利用率が上昇する中、消費者が商品やサービスをリサーチするためにツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのサイトを利用するのは当然のことです。販売の未来はソーシャルであるため、ソーシャルメディアを介して製品をより効率的に販売するための価値あるツールを持つコンテンツパートナーが必要でしょう。inriver PIMのようなソリューションは、購買者がどこにいても、その購買者にリーチし、すべてのチャネルで魅力的で一貫した顧客体験を提供するのに役立ちます。オムニチャネル・コマースとはソーシャルも意味します。

参考:Social Commerce: Why Content Matters in Modern Commerce


さいごに

12年前にWEBサイトの訪問者割合で検索エンジン経由とSNS経由が五分五分になり、コロナ禍で世界の2人に1人以上がもうSNSユーザーになっています。「SNSは苦手だ」とか、「SNSは興味ない」など、SNSに及び腰な発言をする方が日本には割とおりますが(プライベートはべつにいいんですが)、これをやらないのなら、松下幸之助の言葉をもじるなら、脱水症状寸前まで何かやらないとそれなりの結果にしかならないと思います。

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

KEY WORDS

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時