jGrab

BLOG

中国「独身の日」に向けて、こんな売り方してたら要注意

こんにちは。 ジェイグラブの横川です。

いよいよ今週、11月11日の独身の日(シングルズ・デー、ダブル・イレブン)がやってきます。今年もこの日だけでいくら売ったというニュースだけが報道されるのでしょう(実際はそんな簡単ではないのですが)。さて、そんな中国ECですが、中国当局が直前になって、強く警告してきたことがありましたので、お知らせします。

日本では、自力で中国ECを展開できている企業は少なく、大半はどこかの中国ECに強い企業の力を借りて展開していることでしょう。しかし、その頼った相手が問題に巻き込まれれば、今後が難しくなるかもしれませんので、「結果的にルール違反になっていた」ということにならないように注意しておきましょう。

中国当局、偽装割引に警告

中国の市場監視当局は土曜日、11月11日に開催される年に一度のショッピングフェスティバル「独身の日」において、偽装割引につながる価格掲載をしないようEコマース企業に要請しました。

国家市場規制総局は、ウェブサイトに掲載された声明の中で、祭りの数日前に価格を上げておき(あるいはわざと高い価格で出品し)ながら、当日になって価格を下げ、これを魅力的な割引として宣伝するような行為を戒めています。

また、1年前に北京が開始した独禁法キャンペーンの枠組みの中で、ライバル企業が運営するプラットフォーム上の商品を排除したり、アクセスを制限したりするような不公正な競争行為を厳しく禁止しています。

おわりに

「中国人は日本製なら買う」など、そこまで中国も単純ではありません。実際はそんな簡単なエリアではないと思います(一面的な情報だけで満足してるとそうした罠に落ちます)。

今年は、この記事のように中国ECは年々、中国政府の締め付けによって以前より自由度が少なくなってきていますし、非常に厳しい法律も制定されてきています(参照:「[調査中] 中国個人情報保護法は要注意?中国越境ECは難しくなる?」)。

今年は新しい法律も効力を持ってから2週間なので、何事もなく終わるかもしれませんが、今後は世界情勢などをみながらやらないと難しくなるかもしれません。

部分参照:China warns e-commerce companies against making false offers on Singles Day


無料で越境ECのお役立ち資料もご案内しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。
【無料】越境EC資料ダウンロード

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時