jGrab

越境ECブログ

越境ECのSEO、やっていいことダメなこと(前半)

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

このブログでは「SEOがもたらす効果は訪問者を増やすことであり、購入者を増やすことではない」と書いてきました。こうした書き方をするとSEOを否定しているかのように感じてしまう方もいるかと思いますが、「知ってもらう」という基礎的な第一歩を踏み出すにはやはりSEOは必要です。

そこで、今回は、越境ECのSEOでやっていいこと・やっちゃいけないことをそれぞれ10個ずつ挙げている記事を紹介します。

オリジナルの記事は一気にまとめて書いていますが、このブログではやるべきことと避けるべきことを前後半に分けて紹介します。


EC商品ページのSEO対策。やるべきこと

ブランド構築は長期的な取り組みが必要です。ここでは、ECサイトのSEO戦略を成功させるために必要な10のステップと避けるべき10のステップを紹介します。

Eコマースは、2021年から2025年にかけて約11兆ドルの成長が予測され、小売業のパイをさらに大きくすることが期待されています。

このパイの一角を狙うEコマースサイトはますます増えており、検索戦略で成果を上げることは非常に重要です。

さらに、広告宣伝費が法外な額に達しているにもかかわらず、しばしば成果が上がらないという事実もあり、賢明なSEO対策はこれまで以上に緊急性を帯びています。ここでは、SEO対策を成功させるための10のステップと10の避けるべきステップを紹介します。

Eコマースの商品ページSEOの10の注意点

1.キーワード戦略の微調整
キーワード調査は、商品ページ最適化の基礎となるものです。

キーワード調査を行う際は、常にユーザーが検索している製品に特化したトピックを使用しましょう。ボリュームにこだわらない。その代わりに、関連性とコンバージョンにつながるキーワードを考えましょう。

有料検索のような他のチャネルからのデータがある場合は、キーワードやトピックの調査に使用し、クリック率(CTR)の高い広告コピーをメタディスクリプションに組み込みます。

製品ページには取引の意図があるため、ランディングページは購入の準備ができている検索者に最適化されていることを確認します。

2.タイトルとメタディスクリプションの最適化
商品ページの最適化において、タイトルタグとメタディスクリプションは非常に重要です。

以下のような詳細を記載するようにしましょう。

  • 製品のブランド(自社ブランドを含む)
  • 製品の名称
  • モデル番号
  • その他の重要な情報(例:寸法)

3.構造化データで商品ページをマークアップする
正しい構造化データ型を持つことは、リッチスニペット(検索後の結果ページで表示されるWebページの説明文)にブランドを表示するのに役立ちます。

すべての製品ページには、製品スキーマとレビュースキーマが必要であり、これによって以下のことが可能になります。

  • より多くのインプレッションとクリックを促進する。
  • CTRを向上させ、売上を増加させることができます。

4.わかりやすく親切なFAQを追加する
ユーザーのニーズを満たす高品質なコンテンツは、SERPs(検索エンジンの検索結果を表示するページ)で上位に表示されるための鍵です。

ユーザーがコンテンツを有用と感じなければ、直帰率は高くなり、顧客は貴社から購入しないことを決定するかもしれません。

ほとんどのカテゴリーページと製品ページは、最適化されたコンテンツが少なく、FAQ構造化データでマークアップされたFAQセクションを持ちません。その代わり、ユーザー生成コンテンツ(UGC)に頼る傾向がありますが、これは間違いです。

ある製品について質問があり、チャットボットと話したり、カスタマーサービスに電話したりしたくないとします。

もし当該ブランドが、ユーザーがよく尋ねる質問に対する回答を掲載したFAQセクションを構築していれば、私は探している情報を簡単に見つけることができますし、他のお客様も同じように見つけることができます。

それがひいては、そのブランドがより多くの製品を販売することにつながるのです。

5.常にユニークな商品説明とメタ説明文を書く
すべての製品に同じ製品説明を使用するのは大きな機会損失です。

各アイテムは、ブランドやノンブランドのキーワードでランク付けすることができ、したがって、SEOを最大限に活用するためにユニークな説明を含める必要があります。

消費者に役立つ有意義な情報を提供し、リスティングをクリックするよう促すことで、より多くのトラフィックと売上を促進します。

6.リアルな声とカスタマーレビューを共有する
カスタマーレビューのある商品ページでは、レビューのない商品ページよりも52.2%もコンバージョン率が向上しています。

貴社の製品を試用した顧客からの本物の声は、貴社から購入するかどうかを判断しようとする市場内の消費者に大きな影響を与えます。

そのため、顧客に自社製品の体験談や問題解決に役立ったことを伝えてもらうことは、非常に重要です。

しかし、それ以外にも利点があります。

特に、慎重に吟味された有名人や著名なインフルエンサーからの推薦があれば、信頼感の醸成につながります。

また、Googleが求める新鮮でユニークなコンテンツにもなります。ただ、レビュースキーマでマークアップすることを忘れないでください。

7.ランディングページをテストして最適なものを見つける
Google Optimizeのようなツールは、商品ページ内のわずかなバリエーションを直感的にテストする方法を提供し、理想的な構成を把握するために絶対に行う必要があります。

例えば、行動喚起の場所を変えることで、より多くのコンバージョンを獲得できる可能性があります。

ページレイアウトをテストすることで、どのように販売をサポートするのがベストなのかを考えてみてください。

8.高画質ビデオと画像の使用
オンラインショッピングの欠点の一つは、検討している製品に実際に触れたり試したりすることができないことです。

高品質の画像や動画は、エンドユーザーが安心して購入するために必要な情報を提供することで、そのギャップを埋めることができます。

9.ページのロード時間の短縮
製品ページは、モバイル向けに最適化されている必要があります。より多くの消費者が、この方法でオンライン検索を行うようになっています。

高速に読み込まれるウェブページは、ターゲットとするユーザーにコンテンツをより早く届け、より良いユーザー体験を提供することができます。

その結果、売上、収益、セッションあたりのページ数が増加します。さらに、競合他社に差をつけることもできます。また、直帰率も下がります。

10.製品ページに技術的な問題がないかチェックする
製品ページは、以下のようなSEOの頭痛の種になることがあります。

  • 重複したコンテンツ
  • 予算の無駄
  • リンクエクイティが分割される

このような問題を避けるには、ページをチェックして、技術的な要素とコンテンツの要素のうち、最適化が必要なものがあれば、それを確認する必要があります。

注意すべき問題点は以下の通りです。

  • タイトルタグやメタディスクリプションが重複している。
  • ページの読み込み時間が遅い
  • リンク切れ
  • コンテンツが薄い
  • 404ページ
  • 302リダイレクト
  • 構造化データの欠落。

参考:SEO For Ecommerce Product Pages: 20 Do’s & Don’ts


さいごに

今回は前半の心がけるべき10のことを紹介しました。オリジナルの記事では続けてやってはいけない10のことも書いているのですが、長くなるので分割します。続きは水曜にアップいたします。

なお、弊社では、弊社のクライアントさんだけが閲覧できるサポートページがあり、ここにはSEOのプロがもっと詳細な記事を挙げています。

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

MOST READ

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~20時
※営業時間外はお問い合わせからご連絡ください。