CONTACT

BLOG

【速報】日本郵便EMS、6月1日から米国向け再開!ただし・・・

こんにちは。ジェイグラブです。

昨日、日本郵便からリリースがありましたので、早速お知らせいたします。
日本郵便のプレスリリースはこちら
料金表はこちら

新型コロナウイルスが世界的な感染拡大局面に入って以来、日本郵便の国際郵便は一時期完全麻痺状態になりました。それから少しずつ復活してはきましたが、越境ECで一番買い手のつきやすいアメリカやオーストラリアなどへ荷物を送ることが1年近くできませんでした。

しかし、6月1日からはアメリカ行きEMSやオーストラリア行きEMSも再開します!
(4/25追記:プレスリリースとは異なる状況も以下のサイトで確認できます https://www.post.japanpost.jp/int/2021fee_change/ems.html

しかし、条件があります。なんと特別追加料金の導入です。
つまり、EMSは復活するけど、特別追加料金を支払った場合に限り、送りますということです。
その肝心な特別追加料金ですが、これも昨日公表されています。経験的に900gくらいまでの料金なら我慢してくれる買い手もいるかな?という感じですが、それ以上の重さになると割高感は否めません(それでも一般レートで国際クーリエを使うよりは安いですが)。

リリースではこのように書かれています(日本郵便のプレスリリースはこちら

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 衣川 和秀)は、2021 年 6 月 1 日(火)から、EMS 特別追加料金を導入します。特別追加料金の詳細は別紙をご覧ください。
また、現在、お取り扱いを停止しています米国宛て EMS につきましては、多くのお客さまから早期再開のご要望をいただいており、関係の向きとも折衝を重ねた結果、同日から、本追加料金を適用することで、再開できる見込みとなりました。

 

特別追加料金を設定する理由は以下です。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響による航空輸送量の減少に伴い、輸送コストが高騰しているため、2021 年 6 月 1 日(火)から当分の間、一部の地帯において、当該コストの割増分に相当する EMS 特別追加料金を導入します。

当分の間ということですから、もとに戻る可能性もあるということですね。実際の料金表はこちらになります。
日本郵便で送れない間は、ECMSがEMS並の価格でアメリカに送れますよという記事を書いていましたが、今回の特別追加料金を入れたEMSは、ECMSとほとんど変わりません(やり方次第では依然ECMSのほうが安いパターンもあります。ECMSでアメリカに送る方法はこちらです。)

越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。越境ECでお困りの方は、ぜひジェイグラブまでご相談ください。

越境ECのご相談

お問い合わせ

越境ECお役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

お気軽にご相談ください。

03-5728-2095

平日10時~22時 土•日•祝日10時~20時