jGrab

越境ECブログ

SNSを利用したEC事情@ベトナムー4ーSNSでの購入習慣

こんにちは。ジェイグラブ・スペイン特派員の渡部です。

前回は、Facebookを利用したベトナムの消費者の購入経路ついてお話ししました。

今回も引き続き「Facebook Commerce Vertical Report 2022」(※1)から、商品カテゴリごとに消費者の購入習慣を見ていきます。

本稿ではFacebookに主眼を置いていますが、他のSNSを利用したマーケティングをする上でも参考になると思います。

※1:「Facebook Commerce Vertical Report 2022 (link)」

II. ベトナムでのSNSショッピング

2. Facebookによる、カテゴリ別の購入習慣まとめ

(1)CPG乳製品
牛乳やヨーグルトなどの乳製品の購入決定は、ほとんどがオフラインで行われます。
オンラインチャネルは、販売後の消費者の関与を維持する上で大きな影響を与え、特にFacebookは、消費者の購入後に乳製品情報を追跡するトップチャネルです。 
これらを購入する際のコンテンツに対する消費者の好みは様々で、栄養価、ブランドの評判、価格、プロモーションなど複数の情報に引き付けられます。これらの要因の中で、消費者は衝動的に購入する時にプロモーションの影響をより受けますが、品質関連の影響により計画的に購入されることがよくあります。

(2)CPG調合乳・粉乳
子供への粉ミルクの使用は重要であるため、ほとんどの消費者は製品を購入する前に信頼できるオフラインソースで調査を行っており、乳製品専門店が最も人気のある購入チャネルですが、Facebookも信頼できる情報源として際立っています。
最も魅力的な情報は、品質に関する情報(栄養価など)です。消費者の購入決定は、消費者が「品質」をどのように定義するか、それが子供の発達、免疫、栄養価、製品の産地、ブランドの評判などに役立つかどうかに大きく影響されます。

(3)CPGパーソナルケア
eコマースプラットフォームとスーパーマーケットは、パーソナルケア製品を購入する最も人気のあるチャネルです。Facebookは消費者の購入決定に大きく貢献しており、消費者の46%がFacebookで情報を見た後、eコマースプラットフォームでパーソナルケア製品を購入しています。
品質関連の情報(例:レビュー、製品の機能、原料や生産地)、価格、およびプロモーションは、ほとんどの消費者にとって最も魅力的なコンテンツです。

(4)CPG ホームケア
調査対象の消費者の約半数が、製品を購入する際にFacebookを使用しています。特に消費者の55%は、Facebookの影響によってeコマースプラットフォームで購入することがよくあります。
価格、プロモーション情報と有効性は、消費者の購入過程で考慮される最も人気のあるコンテンツです。

(5)CPGスキンケア
Facebookは購入前後に使用される最も人気のある情報源であり、eコマースプラットフォームは頼りになる購入チャネルです。特に、消費者の59%がFacebookで情報を見た後にeコマースプラットフォームで購入します。
製品の有効性は、購入時に考慮される最大の要素で、消費者の61%以上が製品によるアレルギーの消失とともに肌の状態の改善を期待しています。消費者の衝動買いは(1)の乳製品と同様、プロモーションの影響を最も受け、計画的購入は治療後の回復や保湿などの特定のニーズのために行われます。

(6)テックデバイス
ハイテク機器のような高価な製品の場合、購入前に注意深く調べてオフラインで購入することは、ほとんどの消費者にとって一般的です。Facebookは、消費者の購入過程で使用される最も人気のある情報源の1つです。
消費者はハイテク機器の購入に慎重で、購入過程では、機能、価格、効率など、複数の要素が考慮されます。購入後、最も重視されるのは保証情報です。

(7)家電
電器店(72%)が主要な購入チャネルですが、オンラインチャネルも消費者の信頼を築き、購入者に変える上で重要な役割を果たしています。具体的には、Facebookの販売への影響は、購入過程全体、特に間接販売と購入後の段階で顕著に表れています。
消費者は、製品や保証について初めて知った時、価格、耐久性、購入後の注文ステータスの更新など、様々なコンテンツにも高い関心を示しています。特に、価格、プロモーション情報は、購入決定時の最大の理由の1つです。

(8)CPG食品
食品の購入もオフラインで行われることが多いですが、Facebookは購入の意思決定プロセスに不可欠な要素となっています。
食品業界では製品が多様なため、食品の安全性や品質に関連するコンテンツ、フレーバーから価格設定、プロモーション情報まで複数の要因が考慮されます。ただし、検討しながら購入する消費者の動機は、特定のニーズによって異なります。

(9)CPGソフトドリンク
調査対象の消費者の76%は通常、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入しています。他のオンラインチャネルと比較して、Facebookは消費者の購入プロセスで使用される一般的な情報源です。
フレーバー、製品の品質保証(ブランドの評判、健康上の利点、栄養情報など)、および価格設定、プロモーション情報は、消費者が最も気にかけている上位のコンテンツです。

(10)CPGアルコール飲料
アルコール飲料業界では、消費者の購入過程でFacebookの人気が見られ、消費者の42%から60%が情報源としてFacebookを使用しています。
購入する際は、味、価格、プロモーション、および製品の品質に関する情報が最も重視されます。

(11)金融サービス
Facebookは、金融サービスへの登録を決定する顧客の情報源として人気があります。さらに、購入後の段階では、サービスプロバイダーからの直接の情報(電子メールなど)がより好まれます。
利便性要因と金銭的利益(例:プロモーション、割引、手数料)は、顧客が最も関心を持っているコンテンツです。このコンテンツに対する好みも、サービスや顧客のニーズによって異なります。

次回は、ベトナムの物流と倉庫事情についてまとめます。

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

MOST READ

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~20時
※営業時間外はお問い合わせからご連絡ください。