jGrab

越境ECブログ

ロシアのECモール「オゾン(Ozon)」株の暴落/越境EC

ウクライナ情勢が怪しくなってきたことで、昨日、円相場の動きをみてすぐに対応できる準備はしておきましょうという記事をアップしました(参照:【万が一】価格変更をいつでもできる準備を)。

日本もロシアへの制裁として輸出制限などを発表しておりますが、いまのところ軍事転用可能なものや高度なハイテク産業の物品のみとなっていますので、通常の商品は問題なく送る事はできるのですが(日本郵便では配送できません)、今後の情勢によっては、ロシアに出品できても売上金が受け取れなくなる可能性がでてきました。

それは、SWIFTからのロシアの排除が取り沙汰されているからです。SWIFTとは国際銀行間の送金や決済に利用される安全なネットワークのことなのですが、このSWIFTコードを持つ海外の銀行口座がないとロシアからの売上金を受け取ることができないからです。いまはまだ大丈夫ですが、このSWIFTからのロシア排除が実行されれば、当面ロシアへのECは難しくなってきます。

ロシアのECマーケットプレス、Ozon株が暴落

何が起こったか
ロシアのeコマース企業で2020年の新規株式公開(IPO)を目指すOzon Holdings の投資家は、地政学的リスクを認識しています。

ロシアのプーチン大統領がウクライナの2つの地域を独立国家として承認すると宣言し、その「独立」を強制するために戦車の装甲部隊を送り込んでから24時間足らずで、投資家はOzonの株を売り抜け、昨日時点で6.4%の下げ幅を記録した。

どうなるか
プーチン大統領に老後の資金を預けている投資家にとって、ロシアと密接な関係にある企業には制裁の雨が降り注ぎ、事態はさらに悪化する可能性があります。

すでに、国連安全保障理事会のメンバーがロシアの行動を非難し、イギリス、アメリカ、EUがロシアに対する新たな経済制裁を発表している。バイデン米大統領は火曜日、その経済制裁はアメリカの対応の「第一段階」に過ぎないと特徴づけ、さらに多くの経済制裁が控えていることを示唆した。

これからどうするか
この制裁には、ロシアとその企業を国際的な銀行システムであるSWIFTから切り離すことも含まれる可能性があり、Ozon(キプロスに本社があるが、100%ロシアで事業を行っている)のような企業は特に大きなダメージを受ける可能性があります。

さらに、米国に上場しているロシア企業であるOzonは、米国政府が米国取引所からロシア株の上場廃止を命じた場合、特に大きなリスクにさらされる可能性がある。これは、中国の人権や知的財産などの侵害を罰するために試行され、一定の成功を収めている制裁である。

Ozonの株価は公開価格からすでに37%下落しており、IPOとしては破たんしているように見える。ロシアの大統領のおかげで、Ozonの株主にとっては、さらに悪い状況になりそうだ。

参照:Why Russian E-Commerce Stock Ozon Just Crashed

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

KEY WORDS

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時