jGrab

越境ECブログ

イーベイ(eBay)の「素敵やん」な話

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

普段気にも留めないようなものが大化けしたりするのが越境ECやイーベイ(eBay)の醍醐味だったりしますが、今回は「素敵やん」な話がありました。

イーベイで買った商品、売り手は会ったことのない父親だった

イーベイ(eBay)が家族を結びつけるとは、誰が想像しただろうか?

ECプラットフォームがきっかけで、これまで一度も会ったことのない行方不明の妹と再会することができた男性の話です。

今回の話のすべての始まりは、ロス・コルクホーンという人物がパンデミック前にイーベイでサッカーのプログラムを買ったのがすべての始まりでした。彼が購入した相手は、会ったこともない父親だったことが判明したのです。

コルクホーンは、ハーツ対リヴァプールのプログラムとチームシートをSNSでシェアしました。

「父方の祖母について知っている数少ない事実のひとつが、リバプール出身ということだったので、私はずっとリバプールに親近感を持っていました。」とツイッターで書いた。

その商品を購入した後、返金を受け、出品者からメッセージを受け取り、その人が自分の父親であることを明かした。その時以来、コルクホーンは今まで知らなかった家族のことを知るために時間を費やしはじめた。

そしてそれがきっかけで、妹のエリンと”初の”再会を果たす。

「パンデミックが始まる直前、知らないうちに、会ったこともない父からイーベイで何かを買っていたんだ。父は(自分のツイッターを見て、売った相手が息子とわかり)払い戻したんだ。」彼は話の説明をするツイッター(Twitter)のスレッドを開始した。

「それから2年後、私は一緒に育っていない家族を知るための旅に出ました。そして今夜、妹のエリンに初めて会ったんだ 」と、2人の写真とともに付け加えた。

「僕たちは笑い、泣き、語りあった。まるで生まれてからずっとお互いを知っていたかのような感覚でした。とても緊張したけど、とても美しく、人生を肯定してくれるような体験だった」と語っている。

また、「僕らは人生や経験について話したが、驚くほど似ていた」とも明かした。2人はともにスコットランドに住んでいて、Indy100の無料ニュースレターを購読していた。「エリンはグラスゴー美術学校で学んだが、僕はエジンバラ美術大学に通った」など。「不安はまだあるけど、まだ会っていない家族に会うのがとても楽しみだ」と付け加えた。

この体験から、彼は伝えたい貴重な教訓があるという。

「もし、一度も会ったことのない家族がいるとしたら、それはとても辛いことです。このツイートが慰めになり、次のステップに進むきっかけになればと思います」と語っている。

コメント欄には、彼の無垢な姿を世界に発信したことへの感謝の言葉が寄せられており、また、同じように家族との再会を果たした経験があるという人もいました。

参考:Man unknowingly buys item off eBay from his dad who he has never met

さいごに

せっかくの素敵な話の後に水を差すように話を変えてしまいますが、越境ECでは良くも悪くも「思いもよらない」出来事が起こります。

日本人の多くは、悪いことだけを想像し、悲観的になるのは非常に得意ですが、その逆も同じ数だけあります。

日本人には想像も及ばない使い方で大ヒットする商品もあります(そのへんはセミナーで話しています)。現地進出することを考えれば、かなり安価にスタートできるのです(失敗したって現地進出ほどの痛手ではない)。

正念場の2022年、コロナ終息を見据える2022年、すぐスタートを切り、もたもたしているライバル、目の上のたんこぶ的な企業を蹴落としてしまいましょう(このくらいの考えを持たねば、シビアな世界で生き残れません)。逆にもたもたしていたら、失敗が一歩一歩あなたに早足で近づいてくるのが越境ECの世界です。

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

KEY WORDS

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時