CONTACT

BLOG

eBay(イーベイ)、200万人の南米セラーに世界への参入を促す

こんにちは。 ジェイグラブの横川です。

eBay(イーベイ)がEC新興エリアの事業者に世界市場への参入を促し、歓迎しています。日本は国内市場は充実していてEC新興国ではありませんが、越境となってくると新興エリアと変わりません。ますます世界への参入を促されることになるでしょう。今回はそういった一環として南米の企業のeBay参入の障壁を低くしたというニュースです。


eBay、ラテンアメリカのセラー200万人にプラットフォームを開放

eBayは、ラテンアメリカのEコマースサービスと提携し、同地域の商品やサービスの販売を効率化します。

eBayは、コロンビア、ペルー、メキシコで事業を展開しているStoreON社と提携。StoreON社は、コロンビア、ペルー、メキシコで事業を展開しており、StoreON社のサービスを利用することで、英語でのコミュニケーション、国際的な物流、外貨の取り扱い、商品の国有化などの管理が不要になります。

eBayによると、プラットフォーム上のラテンアメリカのセラー数は、2020年の間に2019年と比較して35%以上増加しており、これは、この地域でのビジネスが、多くのバイヤーにリーチする越境ECの手段として見出したということになります。

StoreONのCEOであるBernardo Vanegasは、「eBayとの新たな提携を発表できることを大変誇りに思います。これにより、ラテンアメリカの少なくとも200万社の企業が、世界中に商品を輸出できるようになります。特に、30年以上にわたってEコマースの最先端を走ってきた米国への輸出は、販売者に大きな利益をもたらします」と述べています。

南米市場のみに頼らず、グローバルな売上を達成することは、より大きな成長の可能性をもたらします。1億8,700万人のバイヤーを擁するイーベイは、特にこのような重要な時期に、ビジネスを拡大し、世界経済の一部になるための信頼できるプラットフォームを提供しています。」とイーベイのグローバル新興市場担当GMのイリヤ・クレトフは語った。

参考:eBay opens platform to 2 million Latin American sellers


南米からの参入が増えるということは、カテゴリーによってはライバルが増えるということでもあり、その点ではあまり嬉しい話ではありません。
しかし、逆に言うと、eBayの認知度が今以上に南米に浸透することで、日本の商品を南米の人が目にする機会も増えるということで、戦略次第では売上を上げるチャンスにもなります。

eBay(イーベイ)越境ECのことなら何でもご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)を活用したECサイト構築、海外ECモール eBay(イーベイ)、Amazon(アマゾン)、Shopee(ショッピー)、Lazada(ラザダ)、淘宝網(タオバオ)、T-Mall、B2Bオンライン展示会のAlibaba.comなどの開店と運営、物流、倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

eBay(イーベイ)・越境ECのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

eBay(イーベイ)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

eBay(イーベイ)セミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

CATEGORIES

ARCHIVE

お気軽にご相談ください。

03-5728-2095

平日10時~22時 土•日•祝日10時~20時