jGrab

越境ECブログ

アジア・eコマース・アウォード2021のノミネート発表される

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

先週、4回目を迎えるアジアeコマースアウォードの最終選考が発表されました。東南アジアを中心とするイベントですので、日本企業は基本的にこの地域に進出している企業に限られます。果たして今回はどの企業がノミネートされているのでしょうか。

アジアeコマースアワード最終選考リスト

アジアeコマースアウォードは、東南アジア、南アジア、オーストラリア、ニュージーランド地域におけるオンラインショプ、代理店等のeコマース活動の優秀性を評価し、表彰するもので今回で4年目を迎えました。

今年は新たに3つのカテゴリーを追加し、合計37のカテゴリーにエントリーすることができます。参加者は、金、銀、銅のトロフィーを目指して競い合い、全カテゴリーの上位入賞者に贈られる「eコマース・エージェンシー、ブランド、マーケットプレイス/eリテーラー・オブ・ザ・イヤー2021」のタイトルをそれぞれ獲得するチャンスがあります。

この賞は、32人のクライアントサイドのマーケターによって審査されました。審査員の一人は、次のように述べています。「マーケティング・キャンペーンに関わる思考過程と計画は、常に人々が想像する以上に複雑です。デジタルとeコマースのコミュニティとして集まり、優れたパフォーマンスを表彰することは、とてもエキサイティングなことです。」

さて、最終選考に残ったのは?ファイナリストの全リストはこちらでご確認ください。

ベストB2B EC部門ー日本ペイント株式会社

B2BのEC部門で日本ペイント株式会社がノミネートされています。理由はリノベ市場への転換が評価されたとのことです。同社はベストホーム&オフィス家具部門でもノミネートされています。

ベストECエレクトロニクス部門ーキャノンシンガポールとパナソニック・マレーシア

エレクトロニクス部門のECでは、キャノンストアを運営しているキャノン・シンガポールが選出されています。
パナソニックはVRを使ったショールーム構築で評価されています。なお、パナソニックはベストECイノベーション部門でもノミネートされています。

ベストスーパーマーケット/ハイパーマーケット部門―イオン

ECマーケットプレイス化への評価がされたようです。イオンはアジアでも広く展開していますので、どこのイオンかはこの記事からだけではわかりませんでした。

ベストB2Bキャンペーン部門―JCBタイランド

B2B向けのキャンペーンの仕方については、タイのJCBが最終選考に残っています。モバイルを駆使したキャンペーン部門でもノミネートされています。

参照:Asia eCommerce Awards 2021 shortlist announced

さいごに

日本でも有名な企業がノミネートされていました。
全部で37部門ありますが、日系企業は7部門5社がノミネート。2冠の可能性があるのが、日本ペイントとパナソニックとJCBです。

いまのところB2B部門でしか日系企業の名前はありませんが、このイベントにはもちろんB2C部門もあります。こうしたところにB2Cでノミネートされる日系企業が出てくるといいですね!


無料で越境ECのお役立ち資料もご案内しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。
【無料】越境EC資料ダウンロード

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

KEY WORDS

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時