CONTACT

BLOG

越境ECで注意する運用上のチェックポイント(言語)

皆さまこんにちは!越境ECコンサルタントの早川です。

越境ECに取り組むにあたり絶対に避けて通ることができないのが言語となります。言語の面でどんな点に注意すれば良いのでしょうか。以下のポイントがあります。

どの国や地域をターゲットにするか

まずは、一般論で話を進めますと、多くの事業者様が英語で越境ECサイトを構築したり、AmazonやeBayなどのプラットフォームで商品を販売して世界中に販路を拡大していくことと思いますが、より想定しているターゲットに近づきたいという場合は、その地域や国で話されている言語でサイトを構築するのがベストとなります。

自分が販売する商品は主にどの地域や国でニーズがあるのかを分析してみましょう。また、その地域で話されている言語もチェックすることが必要です。

コストや運用方法を考慮する

ECサイトを多言語化した場合、当然ながらコストや労力が増えます。コストに見合うだけの成果をもたらすことができるでしょうか。また、ECサイトを構築した後、顧客からの問い合わせへの対応、サイトの修正、SNSの運用などなど、サイトの運用、メンテナンスなど行うスタッフを確保できるでしょうか。こういった要素も必ず考慮する必要があります。

まずは英語でテスト

詳細なターゲットは運営しながら絞っていくという方法もあります。その場合は、まずは英語で越境ECに取り組むことになると思います。商品の販売実績を積み、顧客からの問い合わせに対応していくにつれて、ニーズがある特定の地域などが把握でき、自ずとどの言語で運営すべきかも分かってくる事でしょう。

その後、ECサイトの対応言語を追加して、決済方法には新たな通貨をチョイスするという運営しながらブラッシュアップしていくやり方もお勧めです。

累計1,000社を超える支援件数と、20年以上の越境EC経験を誇るジェイグラブの越境ECコンサルタントが、お客様の越境ECビジネスを「コンサルティング 」+「 越境ECサイト」の両軸でしっかり伴走サポートします。詳しくお知りになりたい方は、お問い合わせからのご相談、または越境EC無料セミナーにご参加ください。越境ECコンサルタントが1社30分間の無料コンサルティング&アドバイスをさせていただきます。

越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。越境ECでお困りの方は、ぜひジェイグラブまでご相談ください。

越境ECのご相談

お問い合わせ

越境EC資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー(無料)

セミナー申し込み

お気軽にご相談ください。

03-5728-2095

平日10時~22時 土•日•祝日10時~20時