jGrab

越境ECブログ

eBay(イーベイ)の固定価格販売とオークションの長所・短所

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

古くからイーベイ(eBay)の存在を知っていた人は「イーベイ=オークションサイト」と記憶している人も多いと思います。イーベイの簡単な歴史はここをご一読ください(参考:ハッピーバースデイeBay!あらためてeBayとは?

しかし、現在のイーベイは9割近く定価販売(固定販売)です。
また、イーベイのライバルである、アマゾンや中国のECモールなどを見渡しても、オークションをやっているECモールはありません。

では、なぜ、たった1割程度なのにオークションをイーベイは残しているのでしょうか?それには当然メリットがあるからです。やり方次第で大化けさせることもできますし、SNSなどでバズらせることもできます。


イーベイのオークションとBuy It Now(定価販売)。どちらの販売戦略がベストか?

イーベイは、すでに成熟しているため、かつてのようにオンライン市場を強力に支配しているわけではありませんが、新品や中古品を販売する場所としては、今でも素晴らしい存在です。イーベイに何かを出品しようと考えているのであれば、オークション形式かBuy It Now(定価販売)形式か、という大きな疑問があります。

これらイーベイの販売戦略のうち、どれがベストなのでしょうか?ご想像の通り、その答えは単純ではなく、アイテムの希少性、どれだけ早く売りたいか、どれだけ多くの人に出品を見てもらいたいか、といった様々な要因に左右されます。ここでは、オークションとBuy It Nowのどちらを選ぶか、考えてみましょう。

商品を欲しがっている人がどれだけいるか

自分の商品の需要がどの程度あるのか、しっかり見極めましょう。価値あるものを所有しているかもしれませんが、実際にそれを買いたいと思う人は何人いるでしょうか?もし、購入希望者が少なければ、その人たちは出品をすぐには見つけないかもしれませんし、イーベイを利用しない人たちであれば、一生見ることができないかもしれません。

オークションは最長で10日間開催されます。その間に数人しか出品を見なければ、どんなに希少価値の高い商品でも、入札が少なくなり、最高値で売れる可能性は低くなります。希望のBuy It Now価格を設定し、出品期間を長くした方が得策かもしれません。

一方、需要が高く、供給が少ない場合は、オークションを選択します。市場に価格を委ねることができるので、予想をはるかに超える価格になるかもしれません。商品を手に入れようとする人はとても熱心なので、入札合戦が起こり、入札者は最後の1秒までお互いに競り合い続けるでしょう。イーベイで大儲けという話はたいていオークション形式です。

どのくらい早く売りたいか?

もし、製品を早く売ることに興味があり、そこからどれだけのお金を稼ぐかにあまり関心がないのであれば、オークションを検討してみてください。オークションは、フィードバックスコアが10以上あれば、最短で1日で運営できます(それ以外は3日)。

Buy It Nowとして出品すれば、24時間以内に商品を手に入れることができますが、すぐに終了するオークションは、買い手に火をつけることになります。もちろん、出品日数が少なければ少ないほど、目に触れる人は少なくなります。1日限りのオークションで99セントで落札されるかもしれないので、そのリスクは認識しておきましょう。

オークションとBuy It Nowのどちらを選んでも、買い手は出品終了後4日以内に支払わなければなりません。

どのくらい売るのか?

同じ商品が複数ある場合は、定価での販売も検討しましょう。イーベイの大量販売機能を活用できるからです。価格を選択し、数量を入力すると、在庫がなくなるまで出品が行われます。

この方法では、数量に関係なく、1つの出品を管理すればよいのです。つまり、複数の出品を手探りで行うのではなく、数ステップで素早く商品の詳細や価格を変更することができます。

デメリットは、すべての在庫を同時に販売することはできないので、まとめて発送する必要があることです。これを避けたい場合は、同時に期限が切れるように設定された複数のオークション出品が望ましいかもしれません。

買い手からのオファーを受け付けるか?

イーベイにはBest Offerという機能があり、オークションとBuy It Nowの両方の出品で有効にすることができます(値引き交渉)。Best Offerでは、潜在的な買い手が、すぐに購入してもよいという価格を提示することができます。このオファーを受け入れるか、拒否するかなどができます。

Buy It Nowでは、誰かが製品を購入するまで(つまり、出品が終了するまで)、Best Offer機能は有効です。オークションでは、誰かが最初の入札をするまで有効です。そのため、オークションが長期間入札されない場合を除き、Buy It Nowでは、オークションよりもオファーを受ける可能性が高くなります。

売り手としては、オファーを受け付ける態勢にすることで、その商品を早く売ることができ、オークションで売るよりも高い値段で売れる可能性があるという利点があります。ただ、詐欺師がオファーする場合、イーベイ外で取引することを希望するケースが多いため、取引がうまくいかなかった場合に保護されませんので注意が必要です。

他の売り手はどうしているのか?

どのような出品形態にするか迷ったら、他の出品者が行っていること、また過去に行っていたことを調べてみましょう。これを行うには、アイテムを検索し、左側のフィルタで、購入形式(Buying format)を見てください。これにより、オークションとBuy It Nowのどちらが多いか、またオファーを受け入れる人が多いかがわかります。

過去のパフォーマンスを見るには、[表示のみ(Show only)]フィルターのカテゴリーから[販売済みアイテム(Sold items)]を選択します。上部にある「最高価格(Highest price)」でフィルターをかけることができます。過去の販売を研究することは、eBayでより多くを販売するための素晴らしい方法です。

多くの中小企業や大規模な小売業者は、製品を販売するための多くの支店の一つとしてイーベイを使用しているため、一般的に、現在ではBuy It Nowの出品がオークションの数を大きく上回っていることがわかります。しかし、オークションがより大きな成功につながると思えば、それを目指してください。

参考:eBay Auction vs. Buy It Now: Which Selling Strategy Is Best?


おわりに

ワケの分からないもの、日本では過小評価されているものなどが一夜にして3万%も値上がりしたり、それによってタダでSNSでバズって世界中で話題になったり、なかなか狙ってできるものではありませんが、うまくハマればものすごく効率的です。

そうでなくても客寄せパンダとしてオークションを利用するという手はあります。売上を早く上げることができます。もちろん、オークションでは売上は早く立てられても赤字だったということはありえます。

しかし、「損して得取れ」という考えもできます。その時のオークションでは赤字でも、それによって御社のことを知らしめることに成功していれば、長い目で見たときには黒字でしょう。

Writer admin

SEARCH

CATEGORIES

KEY WORDS

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時