jGrab

BLOG

本気で中国をお考えの方はしっかり準備を

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

中国のECというと、インフルエンサーがライブストリーミングで商品を紹介し、その間にバンバン物が飛ぶように売れていくという、日本で言えば深夜のBSのTV通販みたいな売り方が主流です。

そして中国といえば、11月11日の独身の日(Wイレブン)が、1年で最も売上の上がる日として有名ですね。この日のニュースは日本のマスメディアでも毎年取り上げる風物詩になりました。

中国では、各社の自社サイトから買う人は少なく、ほとんどがECモール(天猫(T-mall)、亰東(ジンドン)など)で買い物します。したがって、中国を本気で考える場合、ECモール進出をしないと売上は上がりません。
なお、このECモールですが、設計思想が欧米や日本のそれとはだいぶ違います。

欧米や日本のECモール(Amazon(アマゾン)、eBay(イーベイ)、楽天など)は、各事業者に商売するための場所を貸しているだけで、そこで成功するのも失敗するのも、それは各事業者の経営センスの問題ですよというスタンスです。

一方中国のECモールは、いわばバカでかい掲示板のようなもので、そこに各社の商品チラシを貼り付けさせて、気に入ったものを消費者に選ばせるというスタイルです。したがって、数あるチラシの中から自社商品をいかに目立つ場所に貼るか、目立つようにするかが肝心ですし、チラシの情報を補完する解説者(インフルエンサー)が必要になります。インフルエンサーは大きな掲示板の前で実演販売する販売員のようなものです。そこで、腕のいい販売員を雇えるかどうかが命運を握ります。

そのため、中国ECはお金がかかると言われるわけです。
チラシを目立つ場所に張り替えるというのは、WEB上で目立つように広告費を払うという行為であり、月に100~200万円程かかります。また、インフルエンサーも腕のある、人気インフルエンサーともなると2000万円は当たり前です。そこまででなくても500万円はインフルエンサー代だけで考えておかないと本気とはみなされないでしょう。

そして、独身の日まではまだ3ヶ月ほどありますが、すでに中国では11月11日に向けて、今からインフルエンサー争奪戦が始まっています。まだ夏だからとのんびりしていると、11月の勝負には今の時点で負けてしまっているのです。

本気で中国を考えている人は、気持ちを引き締めて行きましょう。

中国越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。越境ECでお困りの方は、ぜひジェイグラブまでご相談ください。

中国越境ECのご相談

お問い合わせ

中国越境ECお役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時