jGrab

BLOG

2021年年末商戦メールマーケティングに絶好のタイミング

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

年末商戦に向けてそろそろ準備ををこのところしつこく申し上げていますが、今年もまだコロナ禍にあるため、物流などは所々で麻痺しています。

つまり、思い通りに届けられないということです。しかし、そんなことは一般の消費者は気にかけてくれないので、諸々の事情を考えて、とにかく早め早めに手を打つのが重要です。

2021年ホリデーシーズンのメールマーケティングには絶好の嵐

今年のホリデーシーズンは、労働力不足、消費者の需要の高まり、サプライチェーンの混乱などが小売業者に大きな影響を与える可能性があります。

これらの動きに加えて、アップル社の新しいiOS 15のプライバシーに関する変更もあり、メールマーケティング担当者は大嵐の中で不安に苛まれています。

2021年のホリデーシーズンのメール

早めに始める。 ホリデーシーズンのEメールマーケティングは早期準備の重要です。2021年は、遅延の可能性があるため、特に重要です。コロナ前のメールキャンペーンの日程を確認し、少なくとも1週間は早く開始しましょう。

例えば、2019年のブラックフライデーは11月29日でした。1週間前(11月22日)にプロモーションを開始した場合、今年は2週間前(11月12日)に開始しましょう。

さらに、12月25日までに確実に届けるための締め切り日を買い物客に伝えます。メールやその他のマーケティング活動に加え、商品詳細ページにもその日付を記載します。ホリデーシーズンの「ファイナルオーダー」の日付は、コンバージョンを促進します。

配送がボトルネックにならないようにしましょう。ブラックフライデーとサイバーマンデー(今年は11月26日と29日)は、通常、ホリデーシーズンのメールマーケティングにとって最もボリュームのある日です。

すべての小売業者が消費者の受信箱を奪い合っているかのようです。残念なことに、メールサーバの帯域が低下し、ソフトバウンスやメッセージの遅延・未達が多く発生します。

キャンペーンを早期に展開するだけでなく、以下のような戦術も検討してみてください。

  • 送信前の処理を軽減するために、シンプルなレイアウトにする。
  • ファイルサイズを小さくするために、大きな画像やアニメーションGIFを避ける。
  • ドメインやIPの評価を頻繁に確認する。
  • ドメインやIPの評価に悪影響を与える可能性のある新しい送信パターンを避ける。例えば、サンクスギビングの直前に非アクティブな加入者に大規模な再起動キャンペーンを展開すると、スパムの苦情に拍車がかかり、結果的にスコアが低下する可能性があります。
  • ソーシャルキャンペーンやディスプレイキャンペーンとの連動。メールは、ソーシャルメディア、ディスプレイ広告、さらにはダイレクトメールなど、他のマーケティングチャネルのパフォーマンスを向上させることができます。
  • Eメールでギフトガイドを提供する。消費者は、実際に見てみないと何を買えばいいのかわからないことが多いものです。メールの本文にギフトガイドを表示することで、受信者は少なくとも最初はクリックせずに買い物ができます。ギフトガイドには、ギフトのアイデアと、やはり最終注文日のお知らせを掲載することができます。
  • ロイヤリティと報酬を重視する。リピーターは、成功しているeコマース企業の活力の源です。その多くは、しっかりとした報酬やロイヤルティプログラムに依存しています(割引、値引き等々)。

参考:A Perfect Storm for 2021 Holiday Email Marketing


無料で越境ECのお役立ち資料もご案内しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

【無料】越境ECお役立ち資料ダウンロード

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時