jGrab

越境ECブログ

世界eコマース七不思議。2022年を考える

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

早くも師走です。今年はあっという間でした。

この時期になると、海外では来年のEC予測をする記事が増えてきます(しかもほとんどが当たらない)。

しかし、今回は2021年のデータを元にした2022年予測をオランダの決済関係専門誌のPAYPERSが記事にしていましたので紹介します。

eコマースの7つの驚異:2022年に注目すべき市場

Eコマースが急進しており、2020年には、世界のオンライン小売市場は約3割成長しました。そして、その成長は今後も続くと予測され、最近のある調査では、2025年までの成長率が3割超えと予測しています。

しかし、あらゆる場所に一度に進出できる余裕のあるビジネスというのは難しいので、どの市場が最も速く成長しているかを知ることは重要です。PPROの独自調査によると、2022年に注目すべきeコマース市場は7つあります。

ブラジル

400億米ドル規模のeコマース市場を有するブラジルは、世界のeコマース市場の中でもトップ10に入る規模を誇ります。ブラジルのオンライン小売市場の規模は、年22%という驚異的な成長を遂げています。わずか4年の間に、ブラジルの市場規模は2倍になると予想されています。新規参入者にとって非常に重要なのは、ブラジルのオンラインショッピング利用者の71%がすでに越境EC経験者(主に買い手として)であることです。

メキシコ

今後 4 年間で、すでに 330 億米ドル以上の規模を誇るメキシコの e コマース市場は 2 倍になると予想されています。メキシコのオンラインショッピング利用者の半数弱はすでに越境ECを利用しており、国外の加盟店で合計96億米ドルを消費しています。また、メキシコではデジタル技術の普及率が高く、メキシコ人の約70%がスマートフォンを所有し、インターネットに接続しています。

コロンビア

コロンビアの e コマース市場は現在 100 億米ドル規模ですが、わずか 4 年で 170 億米ドル規模にまで成長すると予想されています。一人当たりのオンライン消費額は、現在から2025年までの間に60%以上増加すると予想されています。コロンビアは、ここ数年、ラテンアメリカへのベンチャー企業の投資が急増しており、その恩恵を受けているだけでなく、コロンビア政府の取り組みも、コロンビアのデジタルエコシステムにおける競争力強化とイノベーションへの道を開いています。

オランダ

オランダの e コマース市場は、現在 350 億米ドル規模ですが、わずか 4 年以内に 500 億米ドル規模になると予測されています。オンラインショッピング利用者の54%が越境ECで購入しており、体験や掘り出し物が適切であれば、オランダ以外の国や馴染みのない商人から購入する意思があることを示しています。2020年の間に、オランダのオンライン消費者が購入する平均回数は27%増加しました。

ベルギー

現在、ベルギーのeコマース市場は130億米ドルと小規模ですが、50%という驚異的な成長を遂げています。また、ベルギーのデジタルショッピング利用者の72%が越境ECで購入しています。つまり、何百万人もの人々がオンラインで買い物をしているということです。彼らは、体験やオファーが価値あるものであれば、より多くの支出をしたり、見知らぬブランドや商人を試したりすることを厭いません。ベルギーのインターネット普及率は91%、金融機関の普及率は99%で、ベルギーは参加するための障壁が最も少ない、接続性の高い市場です。

ポーランド

年60%以上という驚異的な成長率を誇るポーランドのeコマース市場は、2025年には470億米ドルの規模になると予想されています。成人人口のほぼ100%がオンラインを利用しています。EUの一部であるポーランドでは、ヨーロッパのほぼどこからでも簡単に市場に参入することができます。また、人口の約90%が銀行口座を持っています。現在、ポーランドのオンラインショッピング利用者の5分の1弱が越境ECで購入している。

インドネシア

ここまでは主にラテンアメリカとヨーロッパの市場に焦点を当ててきましたが、インドネシアについても触れないわけにはいきません。インドネシアの E コマース売上は、今後 4 年間で 240 億米ドルから 540 億米ドルへと倍増すると予想されています。現在、越境ECで買い物をする人は比較的少なく、インドネシア国外で購入されるeコマースは全体の4分の1に過ぎませんが、この市場には豊富なチャンスがあると広く考えられています。

では、これらの市場で企業が成功する可能性を最大限に高めるには、どうすればよいのでしょうか?

ローカライズが重要です。特に、支払い方法のローカライズが重要です。

PPROの調査によると、消費者が知っていて信頼できる支払い方法を提供できないと、カート放棄率が80%にも達することがわかっています。このような市場で成功するためには、売り手は、技術面、法律面、その他あらゆる面で支援できるパートナーが必要であり、また、成長率がまだ高いうちにそれを実現する必要があります。

参考:The 7 wonders of ecommerce: the markets to watch in 2022

さいごに

欧米、中国、東南アジアなど、日本から始める際のメジャー地域でさえ苦労しているのに、南米とか東欧とか北欧とか難しいよという声が聞こえてきそうですが、私はそんな事ないと思っています。

イーベイを使えば、ここにリストされた国アプローチすることはそんなに難しいことではありません。

また、決済もよく使われるものと言うことであれば、ペイメントゲートウェイと呼ばれる仕組みを導入すれば当面は対応可能なはずで、メジャーどころで言えば、ストライプ、ペイパルあたりです。

越境ECでの成功のコツは物怖じしないで、まずはやってみる精神の持ち主です。


無料で越境ECのお役立ち資料もご案内しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。
【無料】越境EC資料ダウンロード

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

KEY WORDS

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時