jGrab

越境ECブログ

消費者の15%が時間節約のためにサブスクで購入

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

オンラインで商品を購入する理由としては、移動することなく、遠い地域の商品が買えるとか、時間に関係なく注文できるということが最大のメリットですが、それ以外に通常の時間では買い物に行っている暇がないというのも増えてきました。確かに自分もオンラインで買うか、急ぎのときは深夜まで開いてるド◯キで買うと行ったパターンが多いです。

とくにデジタルネイティブと言える、海外の人はその傾向が強いようです。


消費者の15%が買い物に費やす時間をコントロールするためにオンラインで購入

オンライン小売の定期購入は、消費者の買い物方法に革命をもたらし、個人の嗜好やニーズに特化した利便性とパーソナライズされた体験を提供している。

このような買い物習慣の変化は、オンライン販売業者にとって、「リプレニッシュ・エコノミー(補充経済)」で詳述されているように、小売定期購入の提供で革新することにより、消費者の期待の進化を利用する機会を提供しています: PYMNTSインテリジェンスがsticky.ioと共同で作成した調査「補充経済:家庭向けサプライの深堀り」で詳述されている。

同レポートによると、リテールサブスクリプションの増加は、店舗での買い物の減少につながっている。小売定期購入者の約42%は、現在の定期購入が原因で実店舗での買い物の頻度が減っており、オンライン小売業者が柔軟で魅力的なオンライン定期購入体験を創造することの重要性を強調している。

このシフトの最前線にいるのはミレニアル世代で、彼らの10人に4人が、買い物のほとんどまたはすべてを定期購入に頼っています。この世代は定期購入の導入をリードしており、ミレニアル世代の定期購入者の39%は、定期購入でほとんど、またはすべてを購入している。このような背景から、小売企業が定期購入サービスを設計する際には、ミレニアル世代の嗜好と期待に応えることが極めて重要である。

また、この調査では、定期購読者の維持におけるサービス品質の重要性も強調されている。否定的な体験や質の低いサービスは、せっかくのロイヤルカスタマーを遠ざけてしまう可能性がある。例えば、定期購入や自動リフィルを利用している定期購入者の17%が、気に入らない商品の返金ができない場合、定期購入をキャンセルすると回答している。

柔軟性とコントロールは、顧客を惹きつけ、維持するための重要な要素である。調査によると、小売の定期購入業者のかなりの割合(74%)が、現在の加入者が自由にプランを変更できるようにすることで、この傾向を活用している。この戦略的な動きは、個々の嗜好を満たす可能性を高めるだけでなく、永続的なロイヤリティを育み、長期にわたって顧客基盤を強固なものにしている。

さらなるデータ分析によると、自由意思でオンライン上の消費者の間では、タイミングをコントロールできることが、オンラインショッピングを好む理由のトップとして浮上しており、15%の消費者が挙げている。これは、店舗で買い物をする人の5%を大きく上回っている。さらに、自由意志でオンラインショッピングを利用する人の10%と12%が、主な動機として、それぞれコスト管理と迅速なショッピング体験を強調している。

結論として、オンライン小売のサブスクリプションの台頭は、消費者の買い物習慣を再構築した。そして、このような進化する小売業界において定期購入者を引き付け、維持するためには、オンラインショップはサービスの質を優先し、柔軟性を提供し、消費者の好みのタイミングに対応する必要がある。そうすることで、サブスクリプションが提供する利便性とニーズに合わせた体験を活用することができる。

参考:15% of Consumers Buy Online to Control Time Spent Shopping


おわりに

このデータは主に海外のミレニアル世代を対象にしています。日本の国民の平均年齢は50歳弱なので、オジサン・オバサン発想では海外に売れません。気持ちは若返らせましょう。

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

MOST READ

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~20時
※営業時間外はお問い合わせからご連絡ください。