CONTACT

BLOG

米年末商戦。実店舗は減収、ECは堅調に成長。

こんにちわ!ジェイグラブの山田です。

米国での年末商戦がスタートし、実店舗販売は減収、ECは増収傾向であるとのデータが報じられました。

リテールネクストによると、年末商戦最初の2日間(22、23日)で比較可能な実店舗への客足は前年と比べて、5~9%落ち込んだという。別の調査会社ショッパートラックのデータでも、客足は1%減った。一方のネット通販市場は急拡大している。

アドビ・アナリティクスによると、ネット通販の売上高は22日の感謝祭当日に前年比28%増の37億ドル(約4200億円)、23日のブラックフライデーには24%増の62億ドルに達した。多くの通販サイトで値引き率が最大になる26日の「サイバーマンデー」の売り上げは、前年比2割多い79億ドルに到達した。

ネット通販の売上高は急増

とのことで、米国内での消費が、実店舗からECサイトでの購入に徐々にシフトしつつある状況が伺えます。

世界のEC市場は成長期であり、越境ECも大きなビジネスチャンスの波が来ている今ですが、ちょっと上手くいった成功事例を真似ているようでは越境ECは成功できません。

どうすると越境ECで失敗してしまうのか、儲からない越境ECになってしまう落とし穴など、越境ECの失敗事例を専門家が徹底的に分析した「失敗しないためのマル秘テクニックと情報」を伝授しています。

それだけでなく、越境ECショップが大失敗した10の要因を、累計1,000社以上支援した経済産業省認定情報処理支援機関の越境ECコンサルタントが、各回3社限定でコッソリ無料で公開しています。

参考)「米年末商戦序盤 実店舗は減収、ネット軸に全体は堅調」

お気軽にご相談ください。

03-5728-2095

平日10時~22時 土•日•祝日10時~20時