jGrab

BLOG

越境EC ワンポイントアドバイス その3.決済編

皆様こんにちは!
越境ECコンサルタントの早川です。
ECサイトでの販売を行うにあたり、サイト上でお客様が商品を購入し、決済する方法を事前に設定しておく必要があります。といっても、具体的に何をする必要があるのか分からない方もいらっしゃることでしょう。このブログでは、決済方法に関する考え方や海外との違いに関して説明します。

日本と海外の違い

日本では、クレジットカードに加えて銀行振込、コンビニ支払い、代引きなどがよく使われていますが、海外ではECサイト上で決済する場合、現金のやり取りは通常ありません。クレジットカードや以下で取り上げるようなオンラインでの決済が一般的です。日本と海外では決済方法が全く異なりますので、この点をおさえておきましょう。

決済方法

主な決済方法としては、クレジットカード、PayPal、Apple Pay、Google Payなどが広く使われています。他にも特定の国や地域でよく使われている決済方法もあります。実際に決済された売上金が入金されるタームなどもチェックしておきましょう。

なぜ決済について考える必要があるのか

お客様に好まれる決済方法も国によって大きく異なってきます。そのため、ターゲットする国や地域で使用される決済方法を調査・分析することは欠かせません。お勧めはターゲットとする国や地域で展開している競合サイトをリサーチし、どんな決済方法が採用されているかを確認することです。
ターゲットする国や地域で使用される決済方法を使うかどうかは、商品の成約率に直接影響するため、決済方法の選定は非常に重要です。

越境ECなら、私たちにご相談ください。

ジェイグラブは、越境ECの成功に必要なすべてのサービスをワンストップ・伴走型で提供しています。越境ECでお困りの方は、ぜひジェイグラブまでご相談ください。

越境ECのご相談

お問い合わせ

越境ECお役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECセミナー開催中(無料)

セミナー申し込み

Writer 早川 豪

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時