こんにちは。 ジェイグラブの許です。

本日は2019年の台湾ECのこの一年の振り返りとこの一年で見えた最新事情を紹介したいと思います。

台湾ECの傾向01:スマホで決済する比率が80%


台湾ECはスマホでの注文が主流です。台湾にターゲットするならスマホ画面に対応できるレスポンシブデザイン仕様にすることをおすすめします。
ブランドの公式サイトの場合でも、必ずしもアプリを作成するのではなく、モバイル対応のレスポンシブデザインで構築すれば十分です。アプリができればそれに越したことはありませんが、アプリを作成してEC取引を行うには、Shopeeのなどのようなモールのチャネルディーラーではありませんので、かなりのハイレベルな知識が必要になり、実際の展開は難しいと思います。

台湾ECの傾向02:コンビニ受取が主流

現在、台湾EC物流の特徴はコンビニで商品を受け取るサービスの利用者が50%以上になっています。ECショップを運営するにはコンビニロジスティクスを利用することをおすすめします。但し、コンビニで受取と支払いを行うサービスの利用はお勧めしません。なぜなら、商品受け取りを購入者が忘れてしまい、コンビニ取り置き期間を過ぎると、店側の返品料負担で戻って来てしまうため返品料負担リスクが高いからです。

台湾ECの傾向03:HTMLで1ページで商品紹介する

HTMLで商品紹介ページを1ページ作り、そこに広告をかけると、その効果がてきめんに現れる傾向にあります。つまりペライチで高コンバージョン率というわけです。そしてその1ページの中に必ずカートボタンを付けるので、すぐに購入つながります。特に主力商品を高回転で重点的に紹介し販売したい場合にお勧めの方法です。

台湾ECの傾向04:eコマースコミュニティのKOL活用(インフルエンサー広告)が主流

台湾を含め、アジアではインフルエンサーによる情報告知が効果的です。特にSNSを利用する場合は、以下のインフルエンサーを利用するのがいいでしょう。

・グループのママのまとめ買いコミュニティー
・ブロガー
・youtuber
・芸能人のSNS

すべてが実績を達成するために以上の人の影響力を獲得する手段であることに気付くことができます。ぜひ影響力のあるインフルエンサーを活用してみてください。

当社では、越境ECでの販売における経験豊富なスタッフが売り上げを上げるための情報を提供することが可能です。詳細はお問い合わせからのご相談、または越境EC無料セミナーにご参加ください。越境ECコンサルタントが1社30分間の無料コンサルティング&アドバイスをさせていただきます。

お問い合わせ・資料ダウンロード・セミナー

越境ECを検討されている方、すでに越境ECを行っているがうまくいっていない方、越境ECサイト・ECカートの選択に悩んでいる方、eBay、AmazonやShopeeなどの海外ECモールでの出店・販売に興味のある方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

ご相談・お問合わせ >

越境ECセミナーを無料で開催しています。ご都合の良い日時にご参加ください。

越境ECセミナー >

メニューを閉じる