自社サイトとECモール両展開の効用

自社サイトとECモール両展開の効用

ジェイグラブではMagentoで作成した自社ECサイトとAmazonやeBayなどに代表される海外のECモールとの
両方で展開する手法を推薦しています。なぜなら、実際にEC分野の先進地域である欧米ではポピュラーなや
り方だからです。今回は私自身が買い手として取った行動をお話いたします。

 

先日、私はスマホをAppleのiPhoneからGoogleのPixelに買い替えました。
そこで、新しいスマホ用のスマホケースを買おうとネットで探していましたら、おしゃれなデザインのケース
を発見しました。それはアメリカのAmazonで見つけたものでした。

ご覧の通り、商品代金39.99米ドルに、Amazonが用意している配送プログラムによる送料とImport Fee Deposit(※)
を合わせた51米ドルとなりました。家に届くまでに最長2週間先までかかると見積もられている。
※Import Fee Depositとは、通関でかかる輸入税、関税、その他の手数料が事前に見積られて計算されているAmazon
独特のシステムからはじき出された金額です。

すぐさまポチって購入しました。

が、しかし、翌日売り手から連絡がありました。
「Amazonの倉庫から発送したが、パッケージが破損し、商品も壊れたので、いまパッケージはAmazonの倉庫に
戻っている。そこで、返品・返金手続きをして欲しい。お金は返す。そして買い直して欲しい」

在庫があるんなら新しいのを送れよと思いたくなりますが、そこは素直に応じ、返品・返金手続きをします。

ただ、ここでAmazonから素直に買い直すのはやめて、一呼吸置いて、Amazonに記載されている情報の断片を利用
し、Googleで検索してみました。

すると、あるじゃないですか、売り手の自社サイトが!

早速見に行きます。Amazonへもリンクが張ってあり、確認すると、確かに自分が見ていた商品ページに飛びます。
そこで、あのAmazonでみた商品と同じ売り手だと確信するに至り、この自社サイトから購入を決めました。

自社サイトだと、商品単価は39.99米ドルと変わりませんが、送料無料となっています(しかもFedExの速い便で送
ると説明文にはありました)。あれ?こっちだと10ドル以上安く買える。しかも2~3日後に家に届く。

そりゃあ、こっちで買いますよね。

普段、皆様に自社サイトとECモールのハイブリッドを売り手目線からオススメしてきましたが、こうして買い手の
立場になってみても、選択肢が用意されていることのありがたさを感じました。

 

まとめ
・消費者が最初に商品を見つけるのはECモールの可能性が高い
→海外ECモールに出品しておくほうが良い。自社サイトだけでは信用していいか迷う。そうしたとき、モールが
あると、自社サイトも信用できるという判断材料になる。
※Paypalによると、母国語の通じない国のサイトからの購入は躊躇するが、モールに出てれば買うと答えた人の
割合は高いという調査データがあります。・客を育ててファンを醸成したり、独自のサービスをするには自社サイトのほうが良い
→顧客データを保有できる、モールの手数料を回避できる、モールより安くしたり、ラインナップを増やしたり、
ワンランク上のものを置いたりして人をひきつけることができる

欧米で多く採用され、ジェイグラブも推薦する手段である、自社サイト+海外ECモールの組み合わせは、売り手・
買い手双方にとってメリットの多い手法であると改めて言えるでしょう。

 


海外向けインターネット販売(越境EC)を検討されている方、
またはすでに開店済みで越境EC事業がうまくいかない方、
越境ECやeBay販売に興味のある方はお気軽にご相談、 お問い合わせください。
資料ダウンロードもご利用ください。

 

ご相談・お問合わせ : https://www.j-grab.co.jp/contact/

越境EC資料無料ダウンロード : https://www.j-grab.co.jp/download/

越境EC無料セミナー : https://www.j-grab.co.jp/seminar/

メニューを閉じる