jGrab

BLOG

2020年にECで最も成長した国TOP10

こんにちは。ジェイグラブの横川です。

個人的な意見ですが、越境ECって少し株や先物取引などに似ているなと思うときがあります。みんながこぞって始めているものの影で誰も注目していない分野に投資し、それが大化けするのを期待したり。ブームに乗るだけ、ミーハーなだけという人は、その恩恵に預かれてもブームが去れば下降線。EC(IT全般に言えるかもしれません)は、株と同じでいかにうまく情報と付き合うかだと思います。そもそもITの「I」は情報(Information)の「I」ですからね。

今回は、eMarketerが発表した、コロナ禍の2020年にECが最も成長した国トップ10というのがありましたので紹介します。この情報から何を感じるかは皆さん次第です。

2020年に最も早くeコマースが成長した国は以下

アルゼンチンでは、昨年の小売eコマース売上高が2倍以上に増加しました。これは、多くの買い物客がオンラインでの購入に移行したためです。また、カナダとシンガポールでは70%以上の伸びを記録し、世界平均の25.7%を大幅に上回る結果となりました。

16ページに及ぶレポートは現在精読中ですが、その一端を例に挙げると
・ブラジルはデジタルリテールバンキング市場へと変貌した
・コロンビアでは、デジタルによる食料品の販売が促進された
・メキシコのアクセサリーブランドがAmazon USに進出した
・アルゼンチンでは家電ジャンルが3倍の成長を遂げた

などが書かれています。

参考:Here are the countries with the fastest ecommerce growth in 2020


このグラフを見ていると、東南アジアの大手ECモールであるShopee(ショッピー)が南米にオープンしたりしているのはさすがだなと思います。今すぐではなくとも、今後の成長がすごく期待できるエリアですからね(参考:盛り上がり始める中南米EC市場)。

また、いつかブログに書こうと思って、ネタはストックしてあるんですが、最近海外のEC関連ニュースサイトではロシアの成長について言及しているものも多く、このグラフが示している通りの結果となっています。

そして、アジアです。
このグラフを見ると、シンガポールとタイが急成長していたようですね。まだ伸びる可能性が高いでしょう。いまでもうなされたかのように”かの国”のことしか視野にない人を見かけますが、そこに没頭しているだけでは、あまり良くないような気がします。

越境ECのことなら何でもご相談ください。

ジェイグラブはShopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)を活用したECサイト構築、海外ECモール eBay(イーベイ)、Amazon(アマゾン)、Shopee(ショッピー)、Lazada(ラザダ)、淘宝網(タオバオ)、T-Mall、B2Bオンライン展示会のAlibaba.comなどの開店と運営、物流、倉庫、国際決済、越境EC貿易など、越境ECコンサルタントがパートナーとなってワンストップで伴走支援します。詳しくはお問い合わせからご相談ください。

越境ECや補助金に関する資料をご案内しています。

お問い合わせ・ご相談

Shopify(ショッピファイ)、Magento(マジェント)お役立ち資料(無料)

資料ダウンロード

越境ECオンラインセミナー開催中(無料)

セミナー開催中一覧を見る

Writer 横川 広幸

横川 広幸 取締役 越境ECコンサルタント eBayJAPAN創業時に法人営業、マーケティングに従事。eBayに連携した越境ECサイト “Tokyotrad” で日本の仏具を世界86カ国に販売。自らの越境EC成功体験を越境ECアドバイザーとして日本全国でセミナー講演や個別相談を行う。

SEARCH

CATEGORIES

ARCHIVE

CONTACT

越境ECに関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5728-2095

平日10時~22時 土・日・祝日10時~20時