シンガポールの発想転換戦略について

こんにちは。越境ECアドバイザーの許です。

海外進出には「ブランディング」、「物流」及び「ローカライズ戦略」が重要だと言われます。ただし大手企業ほどローカライズの難しい商品や企画が多く、費用がかかります。そこで、本日はシンガポールを例に、ローカル目線から商品展開する発想を考えてみましょうという提案です。

シンガポールの厳しすぎる法律

さて、シンガポールではガムをかむことが禁止されていることをご存知だという方もいると思います?

世界でもこのような法律がある国は大変珍しいのですが、シンガポールのこの珍しいルールを逆手に取ったローカライズ戦略をヒントに、ビジネスチャンスは発想次第で見えてくるのだという紹介したいと思います。

それではシンガポールに住む人々は、ガムの代わりに何を食べているのでしょうか?

みなさんも想像されたかと思いますが、飴やグミなど、ガムに似た味や性質を持つ食べ物がに人気があります。噛むという感覚を楽しむことが目的なのでしょう。

上記のようなアイテムとは別に、意外な商品がガム代わりとまではいかないまでも、人気が出ています。おわかりでしょうか。

ガムの代用のお菓子

それは、日本でおなじみのイカの燻製(おつまみ)やスルメのようなものです。これらを噛んでガムの代用としている人も多いとのことです。シンガポールの有名お菓子メーカー「Ken Ken Food Manufacturing Pte Ltd」から出したスルメ商品「Pon – Pon」などはまさに代表的な商品です。


「Pon – Pon」のパッケージのキャッチコピーには「Chewing gum of the Orientals(東洋のガム)」と書いてあります。

こうした実例から、シンガポールではガムの代わりになりそうな日本の商品をたくさん提案できるのではないかと考えております。

例えば:スルメイカ関連お菓子、こんにゃく、グミ、せんべい、柿の種、ハイチュウ、きなこ餅、たらチーズなどなど。

ぜひ海外展開の際には、ターゲット国の現地にいるつもりで、現地の事情に合わせた発想をしてみるように意識してみたら良いのではないか?と思います。

お問い合わせ・資料ダウンロード・セミナー

越境ECを検討されている方、すでに越境ECを行っているがうまくいっていない方、越境ECサイト・ECカートの選択に悩んでいる方、eBay、AmazonやShopeeなどの海外ECモールでの出店・販売に興味のある方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

ご相談・お問合わせ >

越境ECについてまとめた資料を無料で提供していますので、ぜひご活用ください。

資料ダウンロード >

越境ECセミナーを無料で開催しています。ご都合の良い日時にご参加ください。

越境ECセミナー >

メニューを閉じる