お待ちください...
越境ECMagento (マジェント) 構築 よくある質問 FAQ | ジェイグラブ
Magentoとは? 機能 導入事例 料金 オプション 集客と販促 よくある質問
Magentoに関するFAQ
越境ECの大本命で世界シェアNo.1の Magento (マジェント)に関するよくある質問 ( FAQ)をご用意しています。越境ECでなぜMAGENTOを選択するのか、構築後の運用、サーバーなどインフラ構築、導入可能な決済の種類、他CMSとの連携、他社Magentoからの乗り換え・移管についてなど、詳しくお答えしています。こちらにない質問はお問合せフォーム、または無料相談をご利用ください。
j-Grab Magento iPhone image
よくある ご質問
越境EC機能としてまず一番重要なのが、多言語対応(60以上)と多通貨対応(60以上)に対応し越境EC専用に作られたものどうかです。日本のECカートやASP、パッケージでは言語の追加や、国際決済導入に莫大な費用と期間が掛かるだけでなく、海外向けに内部がローカライズできずSEO対策や各国向けに最適化がほとんどできず結果として海外で売れていません。マジェントはその点、搭載されている機能も数億円レベルのECサイト同様の機能が搭載されており、ブランドやショップ毎に構築も可能です。さらにECサイトのレイアウト、決済方法、送料、配送、キャンペーン、クーポン、ポイントなどもきめ細かく国別に設定ができるので、世界で最も多く利用されているのです。低価格で短納期で構築が完了し即座に越境EC事業、海外進出のできる世界最強のECプラットフォームなのです。
当社では様々な運用支援をおこなっております。サーバーに関しては、顧客情報や出品商品データーのバックアップ、サーバー&セキュリティ監視、Magentoセキュリティパッチ対応などをリーズナブルな価格で運用支援していますのでこちらのページをご参照ください。お客様がすでにお持ちの環境に初期構築する場合、Magentoが動作するサーバー環境をご用意ください。次にサポートプランですが、初めて越境ECを導入、運用される方、Magentoの利用方法、軽微なテキスト変更、海外モールのルールや利用方法、関税、対象国の越境EC事情、国際物流などについて越境ECコンサルタントやエンジニアがグループチャットでサポートいたします。詳しくはオプションのページをごらんください。
Magentoに限らず自社でECを運用する場合には、ある程度のリテラシーは必要になります。Magento納品後に、出品や受発注ができるようになるまで Magentoエキスパート が当社独自のMagento操作マニュアルを使って導入研修をおこなっていますのでご安心ください。またどうしてもECサイトを運用するのが不安、人手が不足している、アウトソースをご希望の場合にはご相談ください。追加機能の導入、エクステンションや機能追加、アップデートなどについては特殊な知識と経験が必要ですので、ご不明な点がございましたらご質問、ご相談ください。ご要望に応じたセミナーや導入支援もご用意しています。
PayPalの導入費用はMagento構築費用に含まれていますが、その他の国内外の決済会社用エクステンション導入と接続について現在確認できている決済手段として、GMOペイメントゲートウェイ、GMOイプシロン、ベリトランス、ソニーペイメントサービス、ソフトバンクペイメントサービスとなります。Alipay、WechatPayなど海外の決済もエクステンションを調査・改良して導入いたしますのでお問合せください。
Magentoは、公開されているエクステンションをインストールすることによって多彩な機能を追加することができます。 一例としてeBay、Amazonへの出品と在庫連携、代金引き換え機能、定期販売、予約販売システム、クーポンシステム、ポイントシステム、ブログ、FacebookやTwitterなどのSNS連携、セールスフォースなどへの注文ステータス連携機能や在庫管理、顧客管理まであらゆる機能が世界中に数万以上あり、必要な機能を一から開発する必要が無く時間とコストを節約することが可能です。追加できない機能はほとんどMagentoではございませんので詳しくはお問合せください。
DrupalをCMSのプラットフォームとしてMagentoをEC機能として構築する手法がございます。またMagento自体をプラットフォームとしてDrupalの一部の機能を連携させるなどいろいろな手法が考えられます。Drupalは、CMSアワードで2年連続優勝しており、導入実績として海外ではNASA、ホワイトハウス、OxfordやStanford大学、JOHNSON & JOHNSON、HIS、毎日新聞社、バニラエアーなど、政府機関から中小〜大手企業まで多数の実績と非常に高い評価を得ています。コンテンツ管理、会員管理、Magentoと連携したEC機能、決済、キーワード検索など高度な多言語化機能も標準装備され、ポータルサイトの構築としても非常に適したCMS世界中から幅広い支持を得ています。
過去の事例からほとんどの場合対応が可能ですが一部のバージョンによって困難な場合もございます。Webやメールサーバーの移管から現状のMagentoとデータベースなどの把握、既存の業者様とも連携して、速やかに安全に対応いたします。詳しくは『無料相談・お問い合わせ』からお気軽にご相談ください。
Magento構築にエクステンションを複数組みあわせて見積依頼すると、2,000万円を超えてしまったと当社のクライアントからよく話を伺いますが、構築専門会社は構築で利益を出すビジネスモデルのため一度に支払う金額が大きくなりがちです。当社は単なる越境EC構築専門の会社ではなく、越境ECの事業やビジネスのサポートをすることを中心としたプランをご用意しており、オンラインストアを構築した後から、越境ECのプロ達が『サポートプラン』により徹底支援しています。海外通販の基礎から応用、対象国を増やすための販路拡大施策、貿易実務、国際物流や関税問題、ショールームストア、言語追加や決済追加、海外SNS販促など、ワンストップで越境EC事業が成功するまで徹底して伴奏するビジネスモデルのため初期費用を極限まで低くしています。※構築のみのプランもございますのでご相談ください。
Magentoのコミュニティー版において、選択されるデザイン・テンプレート、サーバー構成などのマッチングにより解決することは可能ですが、数万点規模になる場合には過去事例からエンタープライズ版を推奨しております。大量商品でも安定動作をさせた経験が豊富にございますのでご相談ください。
販促費用を極力かけない独自の手法をアドバイスしています。特に越境ECサイト構築したての時期からの海外リスティング広告に効果はほとんどの場合ありません。そのため当社では、MagentoからeBayまたはAmazonに在庫・出品連携する独自の手法にしていただくケースが多く、数々のクライアント様が成功されています。また、海外EC販促の王道である『Faceook販促』についても、日本好き外国人女性200万人が集う当社公式の日本最大級Facebook口コミネットワーク『Kitty Craze』を、当社スタッフの『レイ・レディシオ』がインフルエンサーとなり、200万人のファンにお客様の越境ECサイトや商品を紹介、直接語りかけます。13歳から30歳までの女性が96%のF1層にリーチでき、インバウンド対策にも絶大な効果で口コミによる商品信頼度とブランド力の向上、SNSに親和性の高い短編アニメーション制作からLIVE配信まで行なっております。詳しくは『Facebook集客ページ』をご参照ください。
納得のいくまで何度でもご相談、ご質問を越境ECコンサルタントが承ります。東京本社、関西支社がありますが、越境ECのよろず相談、イベント、越境EC講師などでも全国飛び回っておりますので地方でも訪問いたします。また東京と大阪では、毎日1社限定の無料相談会も行なっておりますのでこちらからお申し込みください。 お急ぎの場合にはお電話でも結構です。この他に国が支援している JETRO新輸出大国コンソーシアム、中小機構国際化支援&販路開拓アドバイス、中小企業庁ミラサポ専門家、補助金などのご案内もいたします。
具体的に宮城県の2つの事業者の越境EC事業の支援を実施しています。『3.11』の震災から6年がたち、多くの事業者が助けをまだ必要としています。時の流れとともに被災地を想う機会が減りつつある、これも現実ですが、私たち独自の支援策として、国が支援する越境ECが対象となる補助金や助成金の無料導入支援から、補助金が採択されない場合には、構築金額の一定金額の免除と販売手数料1年間(54万円相当)を無償にしておりますので、詳しくは『お問い合わせ』からご相談ください。
無料でご利用いただけるデモ環境をご用意しています。フロント画面、管理画面を実際に体験いただけます。出品したり、カテゴリを作成したり、CMS機能を触ってみてください。無償提供していますので『お問い合わせ』からデモ環境についてと記載の上ご連絡ください。1営業日以内にIDとパスワードをメールで発行いたします。
エクステンション開発は、Magentoエクステンションの開発を得意とするパートナー開発会社に依頼する形で承ります。またエクステンション以外に、Magento標準機能で補えない機能、自社システムとの連携など、込み入った連携機能などの構築や開発も承っておりますので『お問い合わせ』からお気軽にご相談ください。
現在のところ、Magentoの2系本体にバグが多数あり対応できるエクステンションが少ないため、1系最終安定版の当社独自仕様のMagento導入を推奨していますが、2系での構築も可能ですのでご相談ください。またコミュニティー版を多くご利用いただいておりますが、エンタープライズ版での構築も行ないますので『お問い合わせ』からお気軽にご相談ください。
海外ではMagentoとShopifyの二強と言われておりよく比較されます。Magentoは歴史が古く以前から人気があるのですが、最近Shopifyが台頭しMagentoの最大のライバルと言われるようになりました。Magentoは2007年から開発が開始され歴史が古く以前から世界中で人気があり世界で最も利用者の多いECプラットフォームです。販売好調なトップサイト15%がMagentoを利用、Shopifyは6%で、Googleトレンドでも検索総数はShopifyより多いという結果です。Magentoは国内企業では無印商品、JTB、ミキモトパール、海外ではナイキ、ロゼッタストーン、オリンパス、ギラデリチョコなど成功している企業が並びます。Shopifyは、NBAのLAレイカーズ、テスラモーターズなど数社に限られます。またMagentoはPHP、ShopifyはLiquidのため、Magentの方がエンジニアを悩ませません。Magentoはオープンソースですが、Shopifyはクローズドです。この違いは「何が実現可能か」を示すために選択する際大変な重要なキーとなります。「オープンソース」はソースコードを無料で入手して自由にカスタマイズ、改良ができますが、クローズドはソースコードが非公開のため修正や変更が一切できません。つまりMagentoは自由にカスタマイズをすることができますが、Shopifyはできることが限定されます。運用費用について、Shopifyは最大299ドル(3.2万円)に加えて独自決算のみ利用すれば費用はかかりませんが、世界190カ国で利用できMagentoの標準決済であるPayPalを導入した場合、他社決済機能となり売上に対して2%以上の手数料を徴収されます。そのためShopifyで支払方法を各国に合わせて複数導入した場合に取引費用だけで莫大な金額となります。拡張性ですがMagentoには有料、無料を含めて10,000以上のアドオン機能があり、性能においてもShopify に比べてかなりの優位性があります。一方でShopifyのアドオンは100程度です。Magentoの拡張機能を利用すればほぼどんな機能でも実現することが可能であり、細かな要望も叶えることができます。次にデザインですがMagento、Shopifyどちらも多くのデザイン・テーマが用意されており、多くはレスポンシブ・デザイン(スマホやタブレットなどに合わせて画像サイズが自動で変化)のため、モバイル・フレンドリーのオンラインストアですが、Shopifyは色やフォントの変更は可能ですがそれ以外カスタマイズすることができません。一方Magentoはどんな変更も可能です。最後に売れるために重要なSEOですが「SEOにより優位なプラットフォームはどれか」というランキングにおいてMagentoがトップ、続いてShopifyとWoo-Commerceが同じ結果です。数品程度の商品数で売上も大きく見込まずコンパクトな営業・販売する場合にはShopifyが適しているでしょう。もし拡張性やカスタマイズ、将来性、無限の可能性を求めているのであれば、Magentoのほうが良いといえます。オンラインストアの目的、予算、そしてどれだけ専門知識があるかによって異なりますので、まずはどんな越境ECサイトにしたいかを一緒に考えていくことが重要であると認識しています。
 
Magentoとは? 機能 導入事例 料金 オプション 集客と販促 よくある質問

無料相談・お問い合わせはこちら