こんにちは!ジェイグラブ越境ECコンサルタントの横川です。

日経新聞の記事にもなっていましたが、訪日外国人客が都市部ではなく、実は地方における存在感がとても高まっているという記事です。なぜだかご存知でしょうか。

地方での訪日客の消費額は18年に1兆円を超え、15年と比べても58%増です。同時にスポーツや自然、農漁村を体験するような体感型の「コト消費」がけん引役になっているのです。

「コト消費」への関心の高まりは特別な体験や人とのふれあいを重視しており、あえて辛い体験をしたりしています。美味しいものを食べるのではなく、激辛ラーメンとか、日本一酸っぱい焼きそばを食べるとかです。

特に地方では道を聞いても、おすすめのお店を聞いても、外国語で教えてもらえないので、よけいに人とのふれあいを求めています。

海外のインフルエンサーもたくさん日本に来てくれていますが、いまは都市部で購入できたり、体験できるものをSNSに掲載しても、飽きられていて、ファンは増えないし求められていないのです。

そのため地方に行って、それも日本人も行かないようなローカルな場所に行って、その地域でしか購入できない、体験できないようなことをしたり、ヒット商品を探して紹介する流れになっているのです。

これからはインバウンド対応から同時に、「コト消費」の後の『旅あと』施策として、自国に帰ってからも越境ECサイトでリピート購入したり、連絡を取り合ったり、友人にシェアしてもらったりなどが重要であり、持続可能性を重視した施策の必要性が急務になってきています。

お問い合わせ・資料ダウンロード・セミナー

越境ECを検討されている方、すでに越境ECを行っているがうまくいっていない方、越境ECサイト・ECカートの選択に悩んでいる方、eBay、AmazonやShopeeなどの海外ECモールでの出店・販売に興味のある方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

ご相談・お問合わせ >

越境ECについてまとめた資料を無料で提供していますので、ぜひご活用ください。

資料ダウンロード >

越境ECセミナーを無料で開催しています。ご都合の良い日時にご参加ください。

越境ECセミナー >

メニューを閉じる